テニス ストローク

フットワーク

前に走ってボールを処理するときは、その後のポジションを考えよう

浅いボールを処理して、さぁ次!

と思ったら・・・簡単に抜かれてしまう、失点してしまう。

こういう人って、シングルスの試合でも結構相手の良いようにやられてしまいがち。

ダブルスなら、雁行陣の後衛の選手にも、浅いボールの処理が苦手な人は多いですよね。

意識したいのは、次のポジショニング、です。

 

前に走ってボールを処理するときは、その後のポジションを考えよう

 

1.「どう返球するか」で頭がいっぱい・・・じゃないですか?

これでは、ちょっと厳しい。

確かに、浅いボールを追いかけながら、もう「どうしよう・・・とにかく打つか!」という感じの人、いますよね。

試合に出る、チャレンジしていくみなさんなら、これではやられてしまう。

打つボールの精度、にばかり意識が強過ぎるのは問題です。

だって、ラリーは続いていくんですよ。

相手が打ち返して来る、訳ですから。

しっかり自分のコートを守れるポジション、に立っていないとまずいですよね。

 

2.基本はフォアハンドで処理、でもバックハンドも必要

浅いボール、出来るだけフォアハンドでカバーしたいところ。

でも、バランスを考えてバックハンドでも処理、が必要なケースもあるでしょう。

例えば右利きの方が、コート前方のかなり左側のボールを処理するとき・・・は、バックハンドで処理したい。

フォアハンドで回り込むなら、もう決めにいく位の覚悟、が必要ですね。

だって、自分のポジションがコートの外側、になる訳ですから。

自分が打った後、相手のチャンスになってしまうと試合では危険。

自分のポジションのバランスを保つ、為にバックハンド、での処理も磨いておきましょう。

 

3.自分のポジションで、プレッシャーをかけられるように

浅いボールを処理する、ときに意識したいこと。

それは、アナタのショットと同時に、ポジションでプレッシャーをかけるということ。

打ったボールでエースにならなくても、自分のその後のポジションでプレッシャーをかけてミスを誘う。

これも、テニスで大事なポジショングの妙、ですからね。

打った後、相手が触る前までが勝負。

しっかり、自分がどういう位置に動けるのか、考えながら前に走ること。

自分のショットは、その後のポジショニングまで加えて1セット、でショットなのですから。

 

4.だからスライス、が使えるんです

自分が打った後に、ポジション調整。

ここで有効になるのがスライス、ですね。

滞空時間が長いし、コントロールが良く計算出来るショット。

浅いボールをスライスで処理出来ない人は、試合で厳しいと思います、実際。

スライスが使えれば、自分のショットにポジショニングでのプレッシャー、が効いてきますからね。

ぜひ、普段の練習から意識してスライス、使ってみて下さい。

 

ポジショニングで、ポイントを取る。

特に、後ろからの打ち合いから前、に動いた時にテニスでは多いケースですよね。

前に出ると、結構ポジションぐちゃぐちゃの方多いじゃないですか。

鴨にされない為に、しっかり試合で使えるように練習しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス 客観視

    フットワーク

    「テニスの試合で、手抜きは悪いこと?」自分の体力をコントロールするには意識改革が必要です

    テニスは常に一生懸命、全力を尽くすスポーツ。もちろんそれは大前…

  3. テニス ストローク

    フットワーク

    回り込みフォアハンドに必要な、クロスオーバーステップを使っていこう!

    ストロークでの、フォアハンドの回り込み。試合で強い選手は、この…

  4. テニス ボレー

    フットワーク

    速く動けば余裕が出来る、のがテニスのフットワーク

    テニスの試合、強い選手のフットワークは何が違うのか。これって、…

  5. テニス リターン

    フットワーク

    構え直しは、ゴリ押しで

    打った後の構え直し。私は、ここにテニスの実力差って大きく出ると…

  6. テニス ボレー

    フットワーク

    ネットギリギリに落ちそうなボール、「バウンド後のボールの軌道」を考えてポジショニングを

    テニスの試合、高い軌道のボールがネット際に落ちること。1試合の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「2人で同時にボールを追ってしまう」形になったときには・・・・…
  2. テニス スライス

    ストローク

    スライスのストロークが上手く打てない人は、「ラケットを頭の位置よりしっかり上げて…
  3. テニス 陸上

    練習メニュー

    テニスにおいて部活や練習、試合を「消化している」ような感覚に陥ってはいないか?
  4. テニス メモ

    戦術

    諦めて終わるのと、諦めないで終わる試合の違いについて
  5. テニス リターン

    ストローク

    クロスからダウンザラインへのストロークの展開は、「ライジングショットでシンプル」…
PAGE TOP