テニス ストローク

フットワーク

前に走ってボールを処理するときは、その後のポジションを考えよう

浅いボールを処理して、さぁ次!

と思ったら・・・簡単に抜かれてしまう、失点してしまう。

こういう人って、シングルスの試合でも結構相手の良いようにやられてしまいがち。

ダブルスなら、雁行陣の後衛の選手にも、浅いボールの処理が苦手な人は多いですよね。

意識したいのは、次のポジショニング、です。

 

前に走ってボールを処理するときは、その後のポジションを考えよう

 

1.「どう返球するか」で頭がいっぱい・・・じゃないですか?

これでは、ちょっと厳しい。

確かに、浅いボールを追いかけながら、もう「どうしよう・・・とにかく打つか!」という感じの人、いますよね。

試合に出る、チャレンジしていくみなさんなら、これではやられてしまう。

打つボールの精度、にばかり意識が強過ぎるのは問題です。

だって、ラリーは続いていくんですよ。

相手が打ち返して来る、訳ですから。

しっかり自分のコートを守れるポジション、に立っていないとまずいですよね。

 

2.基本はフォアハンドで処理、でもバックハンドも必要

浅いボール、出来るだけフォアハンドでカバーしたいところ。

でも、バランスを考えてバックハンドでも処理、が必要なケースもあるでしょう。

例えば右利きの方が、コート前方のかなり左側のボールを処理するとき・・・は、バックハンドで処理したい。

フォアハンドで回り込むなら、もう決めにいく位の覚悟、が必要ですね。

だって、自分のポジションがコートの外側、になる訳ですから。

自分が打った後、相手のチャンスになってしまうと試合では危険。

自分のポジションのバランスを保つ、為にバックハンド、での処理も磨いておきましょう。

 

3.自分のポジションで、プレッシャーをかけられるように

浅いボールを処理する、ときに意識したいこと。

それは、アナタのショットと同時に、ポジションでプレッシャーをかけるということ。

打ったボールでエースにならなくても、自分のその後のポジションでプレッシャーをかけてミスを誘う。

これも、テニスで大事なポジショングの妙、ですからね。

打った後、相手が触る前までが勝負。

しっかり、自分がどういう位置に動けるのか、考えながら前に走ること。

自分のショットは、その後のポジショニングまで加えて1セット、でショットなのですから。

 

4.だからスライス、が使えるんです

自分が打った後に、ポジション調整。

ここで有効になるのがスライス、ですね。

滞空時間が長いし、コントロールが良く計算出来るショット。

浅いボールをスライスで処理出来ない人は、試合で厳しいと思います、実際。

スライスが使えれば、自分のショットにポジショニングでのプレッシャー、が効いてきますからね。

ぜひ、普段の練習から意識してスライス、使ってみて下さい。

 

ポジショニングで、ポイントを取る。

特に、後ろからの打ち合いから前、に動いた時にテニスでは多いケースですよね。

前に出ると、結構ポジションぐちゃぐちゃの方多いじゃないですか。

鴨にされない為に、しっかり試合で使えるように練習しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合のプレーのほとんどは、「反応」でしかないという事実

    テニスの試合、フットワークが鋭い人って・・・反応が鋭い?いや、…

  2. テニス 言葉

    フットワーク

    テニスの試合で流れを変える、「超攻撃的守備」を実現させる為の4つの発想

    「攻撃は最大の防御なり」という言葉、ありますよね。ですが実際に…

  3. テニス 守備

    フットワーク

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでも、「コート全体」を守る必要はありません

    ダブルスでもシングルスでも、テニスの試合でボールが飛んで来る場所は限ら…

  4. テニス ストローク

    フットワーク

    「片足スプリットステップはテニスプレイヤーなら誰でも使える!」試合での反応を良くする5つの理由

    漫画「ベイビーステップ」でも紹介され、最新のテニス業界の技術の一つ「片…

  5. フットワーク

    浅いと思ったら深い、深いと思ったら浅い

    テニスについて、よく知っている。試合で強い人は、この前後の動き…

  6. フットワーク

    身体の向きだけで、相手を翻弄出来るのが強いテニス選手

    ボールも打たずに、相手にプレッシャーをかけて得点する。これが出…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークのラリー戦、基本は「フォアハンドのグリップ」でしっかり構えよう
  2. テニス リターン

    フットワーク

    テニスの動きで、「頭が前に突っ込んで態勢が崩れる人」は、つま先より前に膝が出ない…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでも、「ロブが抜けたら迷わず前」に出て、…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインのストロークを武器にするなら、コンパクトに振り切るイメージで
  5. フットワーク

    「ナイス反応!」にはポイントがある!テニスの試合で必要な反応における大原則
PAGE TOP