テニス ストローク

フットワーク

自分のポジショニングが、どう相手にプレッシャーを与えているのか?について

フットワークが良い人って、どんなイメージですか?

足が速い人?本当にそうですか?

私は、ただ足が速いだけなら、それは良いフットワークとは言えないと思います。

特に、自分が打つときじゃない、「相手が打つとき」にどう動けるのか。

実は、これが大事じゃないかと思うんですよね。

相手が打つ時のフットワークとは、つまりはポジショニング、です。

 

自分のポジショニングが、どう相手にプレッシャーを与えているのか?について

 

1.自分が打つときのフットワーク、ばかり必死じゃない?

みなさんからのお悩み、を拝見していると、こういう声が多いです。

「足が遅くて、ボールが追えない」

「ストロークのフットワークに、自信が無い」

確かに、自分が打つときのフットワーク、足の運び方や作り方、は大事ですよ。

でもテニスの試合では自分が打つ機会、とほぼ同じ機会が相手にもある。

相手が打つときのフットワークって、結構適当じゃないですか?

スプリットステップはするけど・・・くらいでしょうか。

もっと踏み込んで、考えてみませんか?

 

2.相手が打つときに、自分のポジションを意識しよう

試合に強い選手は、これでまず相手にプレッシャーをかけます。

しっかり、相手に「気にしてもらう」感じですね。

自分がどこに立てば、どういう影響を与えるのか、プレッシャーに感じてくれるのか。

このことを考えて、相手が打つ瞬間もしっかり動く。

一番典型的な例は、前に出ていくこと、ですかね。

前に出れば、それを見た相手はロブを打ったりパッシングショットを打ったり、何かしらの対応が求められます。

これは、アナタ自身が前に出たから起こる、相手の変化です。

前に出る、以外でもきっとたくさんあると思いますよ。

自分が動いて、相手が対応してくる。

その対応を結果的に厳しいもの、難しいものにして、ミスを誘う。

これこそ、フットワークの良い選手の基本戦術、でしょう。

 

3.得意なコースを空けて誘うのも、一つのフットワーク

私はダブルスの前衛のときに、結構コレを使います。

ストレートを空けて、相手に打たせる。

そこでミスしてくれれば良いし、もしナイスショットでもそこを空けて待っているので、何とか触れる。

相手が打つ前にあえて空けて、誘ってみる。

こういう細かいフットワークは、相手にいかに「影響を与えるか」が大事。

もしアナタの動きが中途半端だと、相手は気にもしてくれない。

そうなると、厳しいんですよね。

 

4.強い相手ほど、相手を見る癖が付いている

こういう作戦は、何度も書いてきましたが・・・「強い相手」ほど、効きます。

なぜなら、強い相手、試合慣れしている選手ほど、相手=アナタ自身の動きを見ているからです。

すごく、気になる。

だから、実践する価値があるんですよ。

その為には、まず自分がどういう影響を与えているのか、どんなポジショニングが効果的なのか。

これをしっかり考えて、トライしてみる。

自分の中で、トライ&エラーを繰り返していくこと、が大事です。

 

ポジショニングで相手にプレッシャーをかけること、が出来ると試合は楽しい。

場所を少し変えるだけで、結構印象変わりますよ。

アナタ自身も、打つ時にそうだと思います。

今度は、やり返す番ですかね。

ぜひ、自分でどんどん動いて、研究してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス サーブ

    フットワーク

    打つコースを2つ用意しながら、ボールを追いかけるのが試合の基本

    試合で走りながら、自分が打つコースを考える。これが、ちゃんと出…

  2. テニス ボレー

    フットワーク

    相手が足元のボールを処理するときは、「ボールに触られる前」までの動きで全ては決まる

    相手の足元に、上手くボールを打てたとき。みなさんはどんな感じで…

  3. テニス ダブルス

    フットワーク

    最初にアウトだと思っても、「結果的に入っても取れる」フットワークを癖付けよう

    セルフジャッジ、の試合でよくある光景。そして、試合に勝てない人…

  4. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスは、「動いているボールに対して合わせていく競技」という認識を、改めて持とう!

    色々なスポーツがある中で、テニスの難しさは何か?それは、「動い…

  5. テニス ボレー
  6. テニス シングルス

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. ストローク

    「ネット際にドロップショット」をテニスの試合で打つ為に必要な一番大きな要素は?
  2. テニス ボレー

    ストローク

    深いボレーに対して、ベースライン上で打ち返すにはまず「ネットくらいの目線、低い態…
  3. ストローク

    「スライス中毒に要注意!」テニスの試合で陥りやすいストロークの落とし穴
  4. ストローク

    「ビビった時は・・・」テニスの試合で緊張する場面のストロークで意識することとは?…
  5. ストローク

    「フォアハンドストロークに悩み始めたら、一人前」だからこそ、身体全体を使った打ち…
PAGE TOP