テニス メンタル

フットワーク

サーブを打つ前の静寂、「キュ、キュ、キュ、キュ!」

ハードコートの試合で、レベルが高い試合になると・・・。

この音が、静かなコートにコダマして来る。

私は、この音がすごく好きです。

でも、慣れていないと・・・ちょっと気になったりするかも知れませんね。

見習うべきは、それくらい「サーブを打つ前に動き」が入るのがダブルス、ということです。

 

サーブを打つ前の静寂、「キュ、キュ、キュ、キュ!」

 


 

1.相手がトスアップしてから、がヨーイドン!

みなさんは、試合の時にどうでしょうか。

相手のサーブ、の場面で、トスアップ後に足を鳴らすような音が聞こえるかどうか。

ハードコートで試合の時には、この「キュ、キュ、キュ、キュ!」という音、が聞こえるくらいが良い。

それくらい、激しくお互いにけん制し合って、動いている証ですからね。

サーブを打つ選手も、これを気にしていたらキリが無い。

気になるということは、まだそういうレベルに慣れていないということです。

トスアップしたと同時に、ヨーイドン!

お互いに、ポジションを変えたり、激しい揺さぶりがスタート、ですからね。

 

2.サーブのトスアップの後に、何が出来る?

さて、みなさんはどうでしょうか?

相手のサーブのトスアップ、の後にどんな動きが入れられるのか。

リターンの選手なら、前に入ったりフォアハンドで回り込んだり、出来ますよね。

相手はもう、こっちを見ていない訳ですから。

打つコースを読んで、攻撃していく姿勢を取る。

リターン側の前衛は、どうでしょう。

相手がサーブ&ボレーなら、ファーストボレーを狙うようなポジション、前に入るのも有効ですよね。

ストレートにアタックするなら、相手前衛の方を向いてケアする。

とにかく、この「トスアップしてから、サーブを打つ間」には、たくさんやるべきこと、があるんです。

 

3.動いている方が、リズムが取りやすい

これって、実際に試合では大きな意味があります。

止まっている状態からだと、なかなか人の身体って動けない、動き出せない。

ちょっとした反応で、素早い動きが出来ないじゃないですか。

それが、ちょっとした動き、を入れている状態からラリーに入ると、反射的に良い動きが出来る。

身体もリラックスして、良い反応が出来る。

みなさんも、ぜひ試して欲しいんです。

相手がトスアップ、したら足を鳴らすようにして、動いていく、何かを仕掛ける。

相手もそれを警戒して、プレッシャーに感じてくれるでしょうからね。

 

4.一番動きたいのは、サーブ側の前衛!

でしょう!まさに。

味方がトスアップしたのを感じたら、フェイントを入れたり、ジグザグ動く。

前に入って、リターンの選手に自分の存在をアピールする。

この動きを入れるからこそ、音が鳴るんですよね。

逆に言えば、鳴らないようならまだまだ、ステップが甘いということ。

しっかり音を鳴らす、くらいコートを足でつかんでフェイントを入れる。

音、ですら、テニスでは良いプレッシャーになるんですよね。

 

これはぜひ、プロの試合で感じて欲しい。

本当に、良い音、が鳴ってますからね。

ハードコートでは、この音の中でプレーすること、に慣れないと難しい。

相手が動いている・・・ことで、サーブの集中力を乱しているうちは、まだまだです。

試合に勝てるように、音、にも慣れていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    カウンターテニスの基本は、下がることじゃなくて要所で「前に入る」ことで強くなれる

    テニスをしていて、皆さんが「やり辛い・・・」と感じる相手、どんなタイプ…

  2. テニス リターン

    フットワーク

    「まず準備!」テニスに必要な素早い横向きの意識を身に付ける為に

    テニスはスウィングスポーツである。道具を使って、スウィングして…

  3. フットワーク

    他人の真似が出来る人は、100人に1人

    「上手くなりたいなら、盗むこと」これが大事です、テニスでも。…

  4. テニス 走力

    フットワーク

    相手に攻撃されそうなときには、「とにかくスタンスを広くする」だけで守備力が上がります!

    サッカーのゴールキーパー、野球の内野手・・・に共通するのは、「高い守備…

  5. テニス 環境

    フットワーク

    テニスというスポーツでは、「フライングスタート」は反則ではありません

    テニスは戦略のスポーツ、読みのスポーツだと言われます。その理由…

  6. テニス ポーチ

    フットワーク

    相手へのフェイントが効きやすいタイミング、を考えてみよう

    テニスでは、自分が打ったら次は相手。つまり、自分が2回連続でボール…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    【満員御礼】都市対抗優勝ペア 佐藤・高橋に挑戦!企画 8/15(日) 20:00…
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    一番テニスをやりたい時期に、出来ないという試練が人を強くする
  3. テニス 知識

    テニス知識

    「テニスをよく知っている」選手になる為に、何が必要?
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、「お互い合わせてつなぐボレー戦」になったとき足が止まる…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    結果が出ない時期こそ、アナタ自身の財産になる
PAGE TOP