テニス ストローク

フットワーク

〇〇が出来るようになれれば、テニスは各段に上のレベルにいける

目次

相手の打つコースに先回り、カウンターショット・・・。

皆さん、こういうのが得意な選手って嫌、じゃないですか?

「でも自分は、足が遅いから・・・」なんてことは、全く関係無いこと。

そもそも、テニスというスポーツをもっと客観的に見ていく必要があるでしょう。

 

〇〇が出来るようになれれば、テニスは各段に上のレベルにいける

 


 

1.どこかで、テニスは「相手が打ってから自分が動く」競技だと思ってない?

もしもアナタが50mを5秒台で走る足、を持っていても、テニスでは厳しい。

ボールより速く動ける選手なんて、この世には存在しません。

でも、テニスコートは残酷なくらい広い・・・のに、アナタ自身、「相手が打つのを、待ってる」自分がいることに気付きませんか?

テニスでは、フライングという反則は無い。

相手が打つ前に動いても、反則は取られない。

当たり前ですが、この意識改革から全ては始まります。

 

2.「失敗しても良い」と思えるかどうか

予測して先回り、の場面は色々あると思います。

相手が攻撃しようとして、どうしようもないピンチで山を張る、という場面もありますよね。

ここで大事なのは、思い切って山を張って動く、ということなんです。

「外れたらどうしよう」と思っていると、いつまで経っても動けないから攻撃する相手も楽。

サッカーのPK、のキーパーのような動きがテニスでも必要なときはあります。

プロ選手の試合を観ていても、結構山を張って動く選手、いますよね。

別にこれは、プロ選手だから出来るフットワークでも技術でもない。

相手が打つ前に動いたって良い。

なぜならテニスのショットは、打つ直前に変更出来る・・・とは限らないからです。

 

3.選手によって、「コース変更が可能なタイミング」は異なる

例えば、ストロークが得意な錦織選手は、すごくギリギリまで待てる。

回り込んだフォアハンドなんて、しっかり肩が入って本当にコースが読めない。

でも、この「コースを決定出来るタイミング」は人によって異なる。

意外と、私たちの周りや学生の皆さんの中には、早く決めてその後は変更出来ない、とう方も多いと思いますよ。

だったら、相手が打つ前に動いても良い。

変更は出来ない、と思って動いてみたら、意外とバッチリ読みが当たるかも知れない。

相手のチャンス、でこういう守備が出来るようになると、テニスは本当に試合に強くなると思います!

 

相手の打球に先回り、必要なのは足の速さじゃない。

洞察力と決断力、ですね。

それからしっかり、予測が当たったら自分から反撃する、攻撃する意識も大事です。

現代風のカウンターパンチャー、一緒に目指してみませんか?

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス フットワーク

    フットワーク

    実戦的なスプリットステップは、「スタンス広めで沈み込む」のが基本です

    何となく、出来ているようで出来ていない・・・のがスプリットステップ。…

  2. テニス ミス
  3. テニス リターン

    フットワーク

    追い付いているつもりが、全然追い付いていない

    ストロークのレベル、皆さんは対戦相手のどこを観て判断していますか?…

  4. テニス メンタル
  5. テニス 予測

    フットワーク

    ビッグサーバー、ビッグフォアハンド相手には、低い態勢が不可欠

    当たり前ですが、なかなか出来ないこと。テニスの基本は、試合での…

  6. テニス ポジショニング

    フットワーク

    鋭いフットワークの出足を支える、「走る方向と逆の足のキック」の基本を覚えよう

    フットワークは最初の反応が勝負。途中いくら速く走れても、最初の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合とはボールを打ち合うものではなく、主張と主張をぶつけ合うもの
  2. 戦術

    コートのどこからでも、ボールをコントロール出来る?
  3. メンタル

    テニスの試合、「自分が苦しいときは、相手も苦しい」のだから、乗り越えた選手が勝つ…
  4. 戦術

    人が見向きもしないこと、にチャンスは転がっている
  5. ロブ

    女子ダブルスで有効なのは、触らせる低いトップスピンロブ
PAGE TOP