リターン

  1. リターンを前に入って打つ、本当の理由

    最近改めて感じること。リターンってみなさん、どんなポジションで打ってますか?私はベースラインとサービスラインの間くらい、を基本にしています。…

  2. ノーアドバンテージリターンで、危所に遊ぶ

    ダブルスの試合で、ノーアドバンテージ形式の試合。最近では、もうこの形式が普通ですよね。40-40になったら、リターン側がサイドを選ぶ。…

  3. リターンのストレートアタック、アウトはOK

    ダブルスの試合で、最初のポイント。以前にも書きましたが、私は120%ストレートへ打ちます。その時に、意識していることがこれ、です。まず…

  4. 相手の前衛の、どこを見極めるのか?

    ダブルスの試合で、相手の前衛をチェックする。これ、意外と盲点だと思います。どこのペアでも、前衛は同じような感じだと決めつけてはいませんか?…

  5. 精度の高いストレートリターン、のコツは?

    ダブルスの試合で、勝ち上がりたいなら必要な技術。リターンでストレートに展開する、その精度もすごく大事になります。強打で抜いていく、という発想だ…

  6. セカンドサーブにプレッシャーをかける方法5つ

    試合の中で、相手にプレッシャーをかける。これは勝ちたいなら、絶対にやらないといけない、避けて通れない部分ですよね。特に有効なのは、相手のセカン…

  7. ブレイク意欲、を相手に見せつけよう

    テニスの試合は、どこかで相手のサーブをブレイクしないと勝てない。上のレベルになれば、本当に1ブレイクが試合の勝敗を左右しますよね。これに対して…

  8. 相手のサーブを予測する、ことに貪欲になろう

    もっともっと、貪欲になって欲しいポイント。それは、みなさんの洞察力です。読み、と言えば分かりやすいですが、まずは相手のサーブを読むということ。…

  9. 速いけどリターンしやすいサーブ、遅いけどしにくいサーブ

    みなさんも、試合で経験無いですか?速度はあるけど、リターンは難しくないサーブ。その逆もまたしかり、です。リターンをしていて、何をアナタ…

  10. 相手の深いサーブを返す、5つの基本

    試合の中で、相手のサーブが深い。こういう時に、どう打開策を見出していくのか、はアナタ自身の大きな課題でしょう。ナイスサーブ、と諦めることも大事…

  1. その他

    自分探しは、発信から
  2. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合での決定打に!「フォアハンドのダウンザラインショット」を磨く練習…
  3. テニス 練習

    戦術

    自分の形を作るとは、戻れる型を作るということ
  4. テニス コントロール

    戦術

    テニスのナイスショットは、全て組み合わせでしか完成しない
  5. メンタル

    「無意識のうちにテニスをやらされている」人は、いつまでたっても強くはなれません
PAGE TOP