シングルス

シングルスの試合では、「ダウンザラインからネットへの迫力」こそ大事

シングルスの試合での、戦術が欲しい。

そう考えているみなさんは、まずこの型から実践していきましょう。

意識したいのは、ポジショニングと迫力。

ネットプレーの技量?

そんなものは、やりながら身に付けていけば良いんです。

 

シングルスの試合では、「ダウンザラインからネットへの迫力」こそ大事

 


 

1.ネットに出て初めて、戦術と言える

シングルスの試合、戦うのはアナタ一人。

たくさんの戦術、作戦が欲しいですよね。

でも、みなさんベースライン近くから、どこに打つのか。

後ろから打っていく、相手を振り回していくこと、だけにこだわってはいませんか?

ネットに出ていない状態では、戦術も狭くなる。

まず、アナタ自身が考えるべきは、ネットに出ること。

シングルスで、その勇気があれば道は拓けます。

 

2.ネットに出る迫力、が欲しい

シンプルに、これでいきましょう。

ダウンザラインからネットに出る、これだけです。

試合前から、決めておきましょう、この作戦を入れていくんだと。

フォアハンドでも、バックハンドでも良い。

自分がシングルスのサイドライン近くで打つ機会で、少しでも前に踏み込めるなら・・・ダウンザライン!

に打ってそこからネットに出る、真っすぐ出る。

この迫力、がシングルスの試合では大事です。

ネットプレーの技術の前に、まずは決断力、しっかりしたダッシュ力が必要なんです。

 

3.決めておけば、迷うことは無い

しっかりダウンザラインに打って、前に出る。

これを決めておけば、ネットプレーは半分決まったようなもの。

自分から出る、その出足の迫力に相手は押されるんです。

試合に出ている選手なら、分かるはず。

決めて挑んでくる相手、は強いし、プレッシャーを感じる。

ましてや、ネットに出る側ですから、余計に相手は引いてしまいます。

シングルスの戦術、要所でこのプレーを入れていくだけで良い。

中学生時代の私でも出来た作戦ですので、きっとみなさんでも出来るはず。

シングルスの試合で前に出ない、というのはもったいないですよ。

 

4.パッシングショットは、クロスへ打たせよう

前に出た時に、あえてクロスは空けておく。

ここに打たせてみる、という感覚で良いでしょう。

また、相手の状況に寄ってはロブが来る可能性も高いですね。

ロブを警戒しつつ、クロスに打たせる。

パッシングショットは、恐れてはいけない。

シングルスの試合、自分一人ですから焦りも出ます。

ですが、打たせて良いんです。

真っ向勝負、挑んでいきましょうよ。

 

シングルスの試合で、迫力を持ってネットに出る。

これは、練習から意識して下さい。

きっと、アナタ自身「怖さ」があるはず。

抜かれたらどうしよう・・・という迷い。

これを払しょくするには、アナタ自身の意志が肝心。

戦術でしっかり戦うには、前に出ることが一番でしょう。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    シングルス

    対戦相手がテニスのギアを上げてきたときに、実践出来る効果的な対策4つ

    対戦相手が、急にペースを上げてくる。試合の終盤には、きっとそう…

  2. テニス 錦織圭

    シングルス

    「全米オープン 錦織選手の敗退」に考える、シングルスでのシード選手との戦い方

    全米オープンでの錦織選手の初戦敗退。ショッキングなニュースが日…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で使いたい、フォアハンドの切り返しクロスショットのコツとは?

    シングルスの試合で、武器が欲しい。そんな方には、最近のプロ選手…

  4. シングルス

    シングルスの試合、相手がスライスの構えになったら実行したい5つの秘策

    シングルスの試合の、基本戦術。まずは皆さん、相手のバックハンド…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドストロークの基本、テイクバックの状態の形を確認しよう
  2. テニス 試合

    練習メニュー

    こだわりを捨てて、「上手い人をどんどん真似る」ことが出来れば、上達は早い
  3. テニス 客観視

    スマッシュ

    なぜ私は深い位置からのスマッシュ、にこだわり続けるのか?の理由について
  4. テニス 人脈

    その他

    「テニスの人脈作り」よりも、「アナタとテニスがしたい」と言われるようになって下さ…
  5. テニス 粘り

    その他

    テニス部で「なるべくボールを長持ちさせたい」なら意識したい5つのこと
PAGE TOP