テニス アディダス

テニス知識

アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッコイイ

以前に書かせて頂きましたが、私は足の甲が広い典型的な日本人ぽい足型。

だから正直、昔からナイキやアディダスのような靴は「先っぽが痛い・・・」と思いながらも、頑張って普段のスニーカーは履いて過ごす毎日。

でもテニスは難しいから、アディダスのシューズはカッコイイけど履き辛いなと思ってました。

そんなとき、先月のテニスの大会で私のパートナーが履いてきたシューズが・・・コレ。

いやもう、オシャレ過ぎてビックリしました。

 

アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッコイイ

 

1.左右非対称の印象的なデザイン!

アディダスのテニスシューズ、と言えばアディバリケード。

以前は錦織選手も愛用してましたし、日本でも根強いファンが多いですよね。

元々、左右への揺さぶりにはめっぽう強いのが特徴で、フットワークを武器にする選手に愛用者が多いのも納得。

特に今回は、「ただでさえカッコイイ、アディバリケード」のシューズが、左右非対称のデザインが最高にカッコイイ。

それが、「バリケード JAPAN」のモデルです。

 

テニス アディダス

出典:amazon

 

2.機能性も充分な、競技者仕様のオムニクレー用シューズ

私も少しだけ、今回パートナーにお願いして履かせてもらったんですが・・・。

「いや、アディダスって、こんなに履きやすかったっけ?」っていうのが、第一印象です。

調べてみると足先が3E仕様になっていて、日本人の足型を考慮したモデルになっているみたいです。

それでいて、元々の伝統としてある「左右へのブレの抑制」に関してはさすがの一言。

機能性も充分で、しかもカッコイイ。

これは、大人の草トープレイヤーにもピッタリですね。

 

テニス アディダス

出典:amazon

 

ソール部分も、非常にバランス良く設計されていると思います。

砂の多いオムニコートでも、しっかり止まりつつも滑るプレーも妨げない。

 

テニス アディダス

出典:amazon

 

3.衝撃吸収に非常に優れたadiPRENE+を採用

でも、どこかアディダスのシューズって「硬い」ようなイメージがありました。

私の中で・・・なんですが。

だから、衝撃吸収性の部分でどうなのかというのが、最後の不安点。

でも、これも衝撃吸収に非常に優れたadiPRENE+を採用することで、ジャンプ、ステップ、全てにおいてすごく頼もしく感じました。

T-PRESSを読んで頂いている皆さんならご理解頂けると思いますが、私自身、コートを走り回り、フェイントで相手を揺さぶり、細かいポジショニングでプレッシャーをかけていくスタイル。

だから、ボールを打っていなくても凄く細かく動くのが特徴・・・ですから、衝撃吸収力が乏しいと、すぐに膝や腰にガタが来る。

もちろんトレーニングも重要なんですが、テニスシューズの機能性も大事。

改めて、今回のこのシューズの完成度は高いなと、感じました。

 

ポイントであしらわれている日の丸も、スタイリッシュ。

最近デ杯を見続けていたせいか、履くだけで日本チームの一員みたいな気持ちになってしまいますね。

テニス アディダス

出典:amazon

 

周りと一味違うテニスシューズ。

でもデザイン自体がシンプルなので、気付いた人が「おっ・・・!」と思ってくれる。

そんなちょっとしたオシャレを楽しみたい方に、オススメです。

 

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス知識

    雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

    テニスの練習にとって、天敵の一つが雨。これからの季節、悩ましい…

  2. 練習

    テニス知識

    「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

    試合と練習で、テニスで一番違うもの。たくさんありますが、まず大…

  3. テニス知識

    高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

    冬場の時期、トレーニングに汗を流すテニスプレイヤーのみなさんも多いと思…

  4. テニス 書籍

    テニス知識

    テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

    私は、現役のテニスコーチでも教師でもありません。ですので、直接…

  5. 筋トレ

    テニス知識

    体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?

    学生時代は筋トレやってたけど、最近はめっきり・・・。でもジムに…

  6. テニス知識

    「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

    先週まで暑かったかと思ったら、今週は雨も多く肌寒い天気が続きますよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    アナタ自身が真剣にテニスを続けていれば、「たまに辞めたいと思う」のは自然なことで…
  2. テニス ストローク

    リターン

    試合前のサーブ練習こそ、本番のリターン練習である
  3. テニス 戦術

    ストローク

    テニスでは打つ前から力を入れると、ラケット自体が動かなくなる
  4. サーブ

    サーブを打つ前、ボールはラケットのどこに当てる?
  5. テニス 走力

    フットワーク

    相手に攻撃されそうなときには、「とにかくスタンスを広くする」だけで守備力が上がり…
PAGE TOP