サーブ

セカンドサーブは、打ち上げる感覚で

セカンドサーブが安定しない人。

こういう方は、まず軌道がおかしい。

おかしい、と言いますか、セカンドサーブ向けの軌道じゃないんですよね。

直線的で、入るか入らないか、見ている方もドキドキ。

本人も、ドキドキ。

そういうサーブを変えていくには、軌道改革が必要です。

 

セカンドサーブは、打ち上げる感覚で

1.セカンドサーブ、の軌道とは?

山なりで、打ち上げる感覚。

打点からボールが出ていくと、すぐに打点よりも上に飛び出る感覚です。

私はこれを、色々な言葉で説明してきたんですが・・・いまだに、なかなか良い言葉が生み出せません。

遠くにボールをほおり投げるような感覚。

野球でピッチャーが、キャッチャーに向かってカーブを投げるような軌道。

上に打ち上げる、とう感覚が大事です。

 

2.深さを出せば、テニスは攻撃出来ない。

でも、リターンが怖い・・・と、思いますよね。

打ちあげるようなサーブを打ったら、リターンで叩かれるんじゃないかと。

でも、それは杞憂です。

心配しなくて大丈夫。

軌道が高いサーブは深さが出ますし、バウンド後もそこまで失速しない。

ですから、相手はそんなに強いリターン、打てないんです。

直線的でも浅いサーブ、の方が試合では危険ですよ。

 

3.打ち上げて、回転と重力に頼る

私は、サーブの時に2つの味方がいると思っています。

回転と、重力。

この2つが、山なりで打ち上げた軌道もコートの中、サービスエリアの中にボールを収めてくれる。

だから、しっかり打ちあげて良いんです。

打ち上げても、回転がかかっていれば変化して入る。

その変化を、助けてくれるのが重力。

この2つをもっと信頼して、山なりに打ち上げてみましょう。

きっと、深くて安定したサーブ、が打てると思いますよ。

 

4.ネットしなければ、絶対に大丈夫

セカンドサーブ、オーバーフォルトは気にしない。

実際に試合でも、ネットさえしなければ、サービスゲームのリズムは崩れない。

打ち上げるようなサーブ、セカンドサーブにしておけば、ネットはしないですから。

直線的なセカンドサーブは、とにかく危険。

ダブルフォルトが始まり出したら、もう修正出来ない。

結局、その日の調子次第、のテニスしか出来ないんです。

 

上に打ち上げて、山なりの軌道。

これが、セカンドサーブの軌道です。

プロ選手の試合でも、横から見るとすごく分かります。

ネットの高いところ、を通過してますからね。

ぜひ、自分の軌道を変えるんだ、と。

その強い意識を持って、練習していきましょう。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブは軸足でコントロール」することでテニスの試合で安定感が生まれます

    サーブのコース、どこを狙うのが好き?デュースサイド(右サイド)…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つ時に、「大きく胸を張って反る動き」は本当に必要か考えてみた

    私が最初にテニスをテニススクールで習ったときに、サーブはこう教わりまし…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    狙った場所にサーブを打って入れる、のに必要なシンプルなコツ4つ

    サーブを打っていく上で、自分の狙ったコースに打てない人は、試合で厳しい…

  4. サーブ

    サーブ&ボレー用のサーブ、に必要な5つのコツ

    サーブ&ボレーに、必要なサーブって何か。これを考えたときに、…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合のサービスゲーム、「0-40からキープに繋げるために」必要な準備と心構えとは?

    試合の流れを大きく変えるのは、0-40からのキープのような我慢でゲーム…

  6. サーブ

    ボディに食い込むスライスサーブ、を覚えよう

    渋いけど、試合で使えるサーブ。私は結構、このサーブを使います…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 読書

    戦術

    テニスの常識を疑えば、試合に強くなる
  2. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前から緊張する人は、「踵(かかと)」からゆっくり入るとリラックス出来…
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    4人全員がネットについた4アップの状態では、「シンプルにセンター狙い」を徹底して…
  4. ダブルス

    もしもテニスに「3人制のトリプル」という種目があったら‥と考えてみる
  5. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で相手にボールを渡す、ときの4つの基本マナー
PAGE TOP