テニス ストローク

サーブ

フォルトを正しく分析出来れば、試合中でも修正出来る

試合の中で、サーブが入らないと・・・みなさんどうですか。

もう、試合する気すら起きない、パワーが出ないですよね。

だからこそ、修正しましょう。

正しく自分のフォルトを分析する、ことで試合中でも対応出来る。

行き当たりばったりのサーブでは、大会を勝ち進むことは出来ない。

正しく、見極める。

これは、意識次第で誰でも出来ることです。

 

フォルトを正しく分析出来れば、試合中でも修正出来る

 

1.自分のサーブを「調子」だけで判断しない

曖昧で、抽象的ですよね。

「調子」という言葉。

もちろん、感覚として感じることは大事ですが、じゃあ調子が悪いときにはどうするんだと。

サーブのフォルト、を直していけるのは自分だけ、です。

そのまま直さないで、試合を終えてしまう人が8割じゃないでしょうか。

まずは、自分のフォルトを正しく読む。

しっかり把握する姿勢から、全ては始まります。

 

2.左右、前後、どちらがずれているのか?

まずは自分が打ったサーブの軌道、落下地点を確認する。

左右、前後、をどの程度修正しないといけないのかを把握する。

「フォルト!」とコールされたら、もう用済み?ですか?

それではあまりに、アナタ自身のサーブがかわいそう。

もっと、次へ活かしていかないと。

前後左右、修正すれば必ずサーブは入るようになります。

まず見極めるのは、「ネットの上、どこを通過しているのか?」です。

 

3.軌道を調整して、全てを変えていく

サーブの軌道調整、まずは「ネットの上、どこを通すのか?」で確認する。

もしサーブが短いようなら、もっと高いところを通す。

長いようなら、少し低いところを通す。

左右のずれも、ネットの上に目標を作って修正しましょう。

サーブの構えから、まず相手を見る。

その後は、ネットの白い部分、狙いをその白い部分の上2メートル、にしっかり定める。

ここを目でしっかり見て、打っていきましょう。

相手コートばかり見ていても、軌道の修正は難しい。

出来るだけ自分の近い場所、にポイントを置くと上手く打てるはずです。

 

4.影響を受けている「風」を、しっかり読む

ここが、アウトドアコートだとポイントですね。

自分が影響を受けている、風をしっかり把握する。

風でどんな変化をしているのか、それはいつも通りに打っているときから感じる「差」で判断出来るはずです。

風下ならかなり大きく、フォルトするくらいで打って良い。

風上なら、風に乗せるような感じで少し低め、の軌道で良い。

まずは風向きを、正確に自分で読めるようにしましょう。

どちらから吹いて来ていて、その風向きに変化は無いのか。

当たり前のことですが、これも大事なフォルト分析の一環です。

 

5.サーブは病人、と同じと心得よう

どんな処方箋が効くのか、病は何なのか。

自分でしっかり、探っていきましょう。

必ず答えは出ます、その為に、アナタ自身色々な薬を忍ばせておかないといけない。

試合が始まってみて、緊張感の中で打つサーブがアナタのサーブですからね。

ちょっとした病、にかかるのは折り込み済。

正確に、その病気と原因を把握する。

その姿勢さえあれば、きっと試合中に元気を取り戻してくれるでしょう。

 

サーブを打たないで、試合を進めることは出来ません。

シングルスでもダブルスでも、どんどん自分の番が回って来る。

フォルトを「失敗」と捉えずに、処方箋を出すための検査だと考えましょう。

診察して、検査して、直していけば良い。

試合中に直せれば、大丈夫!

ぜひ、サーブのフォルトに関する意識を変えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. サーブ

    「サーブの安定感は前足から」身体の開きを抑えて土台を残す意識が、試合で使えるサーブの大前提

    サーブの打ち方は人それぞれですが、良いサーブを打てる人に共通しているの…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    ダブって「ペアに申し訳ない」だけは、無しで

    ほとんどの人が、経験している感情だと思います。ダブルスの試合…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    今年こそ「サーブ改革元年」、試合に勝てるサーブの考え方とは?

    皆さんに、提案があります。今年こそ、「サーブ改革元年」に一緒に…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    気付いてますか?「ファーストサーブが入らない」だけで、ダブルスの前衛は萎えていくことに

    「最近、どうもダブルスペアと上手くいかない」「ポーチに全然、出…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサーブの「伸びていく力」を把握する簡単な方法とは?

    自分のサーブ、どれくらい相手に伸びていっているのか。入ったコー…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    サーブの調子が試合序盤に上がらない人は、「長めのフォルトから短く調整していく癖」を付けよう

    試合の序盤のサービスゲーム、どんなところに気を付けていますか?…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのストロークで、「相手のスライスショットを踏み込んで、クローズドスタンスで…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「フォアハンドのハイボレーでコースを隠す」ことが出来れば、チャンスを確実に決めら…
  3. ダブルス

    前衛に必要な、「感じる力」
  4. テニス セルフジャッジ

    その他

    テニスの試合中に、「熱中症かも知れない・・・」と気付くべきシグナルは、必ず知って…
  5. テニス ストローク

    ボレー

    ローボレーが苦手な人が身に付けたい、「掴んで放すスライスボレー」のコツ4つ
PAGE TOP