テニス ストローク

サーブ

フォルトを正しく分析出来れば、試合中でも修正出来る

試合の中で、サーブが入らないと・・・みなさんどうですか。

もう、試合する気すら起きない、パワーが出ないですよね。

だからこそ、修正しましょう。

正しく自分のフォルトを分析する、ことで試合中でも対応出来る。

行き当たりばったりのサーブでは、大会を勝ち進むことは出来ない。

正しく、見極める。

これは、意識次第で誰でも出来ることです。

 

フォルトを正しく分析出来れば、試合中でも修正出来る

 

1.自分のサーブを「調子」だけで判断しない

曖昧で、抽象的ですよね。

「調子」という言葉。

もちろん、感覚として感じることは大事ですが、じゃあ調子が悪いときにはどうするんだと。

サーブのフォルト、を直していけるのは自分だけ、です。

そのまま直さないで、試合を終えてしまう人が8割じゃないでしょうか。

まずは、自分のフォルトを正しく読む。

しっかり把握する姿勢から、全ては始まります。

 

2.左右、前後、どちらがずれているのか?

まずは自分が打ったサーブの軌道、落下地点を確認する。

左右、前後、をどの程度修正しないといけないのかを把握する。

「フォルト!」とコールされたら、もう用済み?ですか?

それではあまりに、アナタ自身のサーブがかわいそう。

もっと、次へ活かしていかないと。

前後左右、修正すれば必ずサーブは入るようになります。

まず見極めるのは、「ネットの上、どこを通過しているのか?」です。

 

3.軌道を調整して、全てを変えていく

サーブの軌道調整、まずは「ネットの上、どこを通すのか?」で確認する。

もしサーブが短いようなら、もっと高いところを通す。

長いようなら、少し低いところを通す。

左右のずれも、ネットの上に目標を作って修正しましょう。

サーブの構えから、まず相手を見る。

その後は、ネットの白い部分、狙いをその白い部分の上2メートル、にしっかり定める。

ここを目でしっかり見て、打っていきましょう。

相手コートばかり見ていても、軌道の修正は難しい。

出来るだけ自分の近い場所、にポイントを置くと上手く打てるはずです。

 

4.影響を受けている「風」を、しっかり読む

ここが、アウトドアコートだとポイントですね。

自分が影響を受けている、風をしっかり把握する。

風でどんな変化をしているのか、それはいつも通りに打っているときから感じる「差」で判断出来るはずです。

風下ならかなり大きく、フォルトするくらいで打って良い。

風上なら、風に乗せるような感じで少し低め、の軌道で良い。

まずは風向きを、正確に自分で読めるようにしましょう。

どちらから吹いて来ていて、その風向きに変化は無いのか。

当たり前のことですが、これも大事なフォルト分析の一環です。

 

5.サーブは病人、と同じと心得よう

どんな処方箋が効くのか、病は何なのか。

自分でしっかり、探っていきましょう。

必ず答えは出ます、その為に、アナタ自身色々な薬を忍ばせておかないといけない。

試合が始まってみて、緊張感の中で打つサーブがアナタのサーブですからね。

ちょっとした病、にかかるのは折り込み済。

正確に、その病気と原因を把握する。

その姿勢さえあれば、きっと試合中に元気を取り戻してくれるでしょう。

 

サーブを打たないで、試合を進めることは出来ません。

シングルスでもダブルスでも、どんどん自分の番が回って来る。

フォルトを「失敗」と捉えずに、処方箋を出すための検査だと考えましょう。

診察して、検査して、直していけば良い。

試合中に直せれば、大丈夫!

ぜひ、サーブのフォルトに関する意識を変えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブは軸足でコントロール」することでテニスの試合で安定感が生まれます

    サーブのコース、どこを狙うのが好き?デュースサイド(右サイド)…

  2. サーブ

    「野球のピッチング練習」を見て感じた、テニスのサーブ練習にも必要な声掛けについて

    この前ふと、プロ野球のピッチャーの投球練習を観ていて気付いたことが。…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「速いサーブが打てる?」でもそれ、試合の緊張した場面で打てるかどうかが問題です

    日本全国、特に男子高校生が集まれば始まるイベントがあります。そ…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    「前足主役でサーブを強化!」テニスの試合で必要な身体の開きを抑えるコツ

    サーブの打点って分かってる?それが分かってないと、どこにトスを…

  5. テニス ストローク

    サーブ

    強いリターナーにこそ、こちらは2人で向かっていこう

    ダブルスの試合、強力なリターンを持つ相手との対戦は避けられないでしょう…

  6. テニス ダブルス

    サーブ

    「なぜアノ人は上達が早いのか?」テニス初心者でもサーブの上達が早い人の特徴5つ

    テニスの試合はサーブから始まる。分かっちゃいるけどあの緊張感、…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これくらい、分かっているだろう」ということは、大抵分かってはいない
  2. テニス スマッシュ

    ストローク

    スライスのストロークを覚えると、自然に身につく5つの技
  3. テニス知識

    寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. テニス ミス

    練習メニュー

    素振りでテニスが上達する選手には、「ある共通点がある」ことはあまり知られていない…
  5. サーブ

    サーブ&ボレー用のサーブ、に必要な5つのコツ
PAGE TOP