テニス メンタル

その他

テニスの試合の現場で必要な「修正力」について考えてみると、普段の練習から意識が変わります

テニスの実力、一つ一つのショットは決して目を引くものが無くても、勝ち進んでいく選手。

粘り強く試合を進めることができるメンタルの背景には、その選手ならではの「修正力」があるように思います。

華やかな技術の裏に、こういった細かい我慢の技術がどんなスポーツにも潜んでいる。

テニスの試合で必要な修正力と、その活用方法について、考えてみませんか?

 

テニスの試合の現場で必要な「修正力」について考えてみると、普段の練習から意識が変わります

 


 

■「リセットできる場所」を自分の中で作って試合に臨む

テニスの試合は、アナタが思っている以上にテンポ良く進んでいく。

特に負けている試合ほど、そう感じながら試合をして気付いたときには試合終了・・・となっていること、ありませんか?

例えばコートの後方、少し壁に近い場所を「リセット場所」にして、ポイント間に一度その場所で止まり考える。

そしてポジションに入る、というルーティーンを入れるだけでも、アナタにとって良いリセットになるかも知れません。

「次の作戦が決まっていないのに、済し崩し的にポイントが始まる」というのだけは、避けるようにしましょう。

 

■自分の調子を測るパロメーターを、しっかり意識しておく

アナタ自身、調子の良し悪しを見極めるのに、意識しているポイントはありますか?

例えば、「サーブがネットしているとき」、「ドロップショットに頼ってしまうとき」、「リターンで身体が突っ込んでいるとき」など、感じながらプレーする機会も多いはず。

そのときに、どんな修正が出来るかが、試合の結果を大きく左右するのです。

いくつか方法はありますが、「速い準備」を意識することで改善できることが多い。

その為には、例えば相手が打った瞬間に「フォア!」「バック!」など声に出すような対策、修正も有りかも知れません。

「意識するだけ」では、実際には何も変わらないことが多いので、具体的な「行動による修正」が出来るように、準備しておくことが大切です。

 

■自分のテニスを貫くことは、勝利よりも優先すべきこと?

「しっかりストロークで打ち勝ってこそ、自分のテニス」と考える人は多い。

特に学生の皆さんはストロークに自信のある方が多く、ここで打ち合って負ければそれも仕方ない・・・と考えている方が多いように思います。

本当に、それで良いんですか?

格上のシード選手相手に、まともに打ち合って勝てるのであれば、アナタ自身にシードが付いて大会に出場しているはず。

細かい修正を繰り返しながら、試行錯誤しながら、10回のうち1~2回あるかないかの勝利を拾うことこそ、アナタがやるべきことのはず。

自分のテニスにこだわりを持つことは大切ですが、それ以上に細かい修正をしてポイントをもぎ取り勝利を拾う、ことを再度意識してみることをお勧めします。

歓喜と反省は、試合の終わった後にすることにしましょう。

 

修正力に必要なのは、「具体的な行動プラン」です。

試合中に「まずいな・・・」と気付いてから、どういう修正を行うかは、具体的な行動に落とし込んでおくことで威力を発揮します。

私の場合は、相手が打つ瞬間に小さい声で「準備!」とつぶやくようにしていました。

どんなに速く準備しようと意識しても、意識だけでは変えられない場面がほとんど。

試合の中でアナタを修正して助けてくれる秘策、一緒に準備してみませんか?

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. その他

    テニスの試合の現場では、「残像を残さない」ようにしないと絶対にはまってしまう

    試合でミスが続くとき。それって、やっぱり何かを引きずっていると…

  2. テニス メンタル

    その他

    私から、「試合に出ているテニスの上級者の方」にお願いしたいことについて

    今月は山中湖、白子のでの大会を観戦する機会があり、私なりに感じることが…

  3. テニス 不安

    その他

    テニスの部活やサークルの中で、「周りが自分に合わせてくれる」ことをどこかで期待してはいないか?

    皆さんは今、自分が所属している部活やサークル、に不満はありますか?…

  4. その他

    「男は分析して満足」な生き物だから、テニスで落とし穴にはまりやすい

    どこでも、何でも、分析したがる人。私はすごく、才能があると思い…

  5. テニス 客観視

    その他

    試合があるコートの周囲を確認しておくと、「横からのボールイン」にも冷静に対応出来ます

    試合があるテニスコート、アナタはどんな環境が多いですか?そのほ…

  6. テニス シングルス

    その他

    他人と比べられたくない、という人はテニスに向いていない

    「人と比べられないで、自分らしくありたい」すごく大事なことです…

特集記事

  1. サーブ

    試合で遅いサーブ、が有効な場面とは?
  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    「ネット際で押し込むスマッシュには、フォアボレーの要素も・・・」練習しておかない…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で「並行陣から引き出したチャンスボール」を、どう後衛から攻めるか?…
  4. テニス 仲良し

    メンタル

    仲良しテニスを卒業しましょう
  5. テニス 気付き

    戦術

    テニスの試合でも、8割の人は「トラブルが起きてから」しか対応を始めない
PAGE TOP