テニス メンタル

その他

テニスの試合の現場で必要な「修正力」について考えてみると、普段の練習から意識が変わります

テニスの実力、一つ一つのショットは決して目を引くものが無くても、勝ち進んでいく選手。

粘り強く試合を進めることができるメンタルの背景には、その選手ならではの「修正力」があるように思います。

華やかな技術の裏に、こういった細かい我慢の技術がどんなスポーツにも潜んでいる。

テニスの試合で必要な修正力と、その活用方法について、考えてみませんか?

 

テニスの試合の現場で必要な「修正力」について考えてみると、普段の練習から意識が変わります

 


 

■「リセットできる場所」を自分の中で作って試合に臨む

テニスの試合は、アナタが思っている以上にテンポ良く進んでいく。

特に負けている試合ほど、そう感じながら試合をして気付いたときには試合終了・・・となっていること、ありませんか?

例えばコートの後方、少し壁に近い場所を「リセット場所」にして、ポイント間に一度その場所で止まり考える。

そしてポジションに入る、というルーティーンを入れるだけでも、アナタにとって良いリセットになるかも知れません。

「次の作戦が決まっていないのに、済し崩し的にポイントが始まる」というのだけは、避けるようにしましょう。

 

■自分の調子を測るパロメーターを、しっかり意識しておく

アナタ自身、調子の良し悪しを見極めるのに、意識しているポイントはありますか?

例えば、「サーブがネットしているとき」、「ドロップショットに頼ってしまうとき」、「リターンで身体が突っ込んでいるとき」など、感じながらプレーする機会も多いはず。

そのときに、どんな修正が出来るかが、試合の結果を大きく左右するのです。

いくつか方法はありますが、「速い準備」を意識することで改善できることが多い。

その為には、例えば相手が打った瞬間に「フォア!」「バック!」など声に出すような対策、修正も有りかも知れません。

「意識するだけ」では、実際には何も変わらないことが多いので、具体的な「行動による修正」が出来るように、準備しておくことが大切です。

 

■自分のテニスを貫くことは、勝利よりも優先すべきこと?

「しっかりストロークで打ち勝ってこそ、自分のテニス」と考える人は多い。

特に学生の皆さんはストロークに自信のある方が多く、ここで打ち合って負ければそれも仕方ない・・・と考えている方が多いように思います。

本当に、それで良いんですか?

格上のシード選手相手に、まともに打ち合って勝てるのであれば、アナタ自身にシードが付いて大会に出場しているはず。

細かい修正を繰り返しながら、試行錯誤しながら、10回のうち1~2回あるかないかの勝利を拾うことこそ、アナタがやるべきことのはず。

自分のテニスにこだわりを持つことは大切ですが、それ以上に細かい修正をしてポイントをもぎ取り勝利を拾う、ことを再度意識してみることをお勧めします。

歓喜と反省は、試合の終わった後にすることにしましょう。

 

修正力に必要なのは、「具体的な行動プラン」です。

試合中に「まずいな・・・」と気付いてから、どういう修正を行うかは、具体的な行動に落とし込んでおくことで威力を発揮します。

私の場合は、相手が打つ瞬間に小さい声で「準備!」とつぶやくようにしていました。

どんなに速く準備しようと意識しても、意識だけでは変えられない場面がほとんど。

試合の中でアナタを修正して助けてくれる秘策、一緒に準備してみませんか?

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス 練習

    その他

    テニス部の新1年生に、「しっかり基本からテニスを教えたい」先輩なら意識したい基本5つ

    3月・4月は出会いと別れの季節。テニス部でも引退試合から新入生…

  2. テニス ミス

    その他

    「来年はどうなっているか、想像できない」選手を、私は応援したい

    少し早いですが、皆さんは今年一年どんな年でしたか?思うような結…

  3. テニス 試合

    その他

    テニスというスポーツは、アナタに何を求めているのだろう?

    一生懸命頑張っているのに、なかなかテニスが上達しない。そう悩ん…

  4. テニス シングルス

    その他

    テニスの試合で「打つコースがバレバレ」になってしまう人の特徴4つ

    良いコースにストロークやボレーを打っても、相手が先回りしていて反撃され…

  5. その他

    「疲れが残り始めた、あの頃・・・」トレーニングを継続させる為にテニス選手に必要な意識

    高校生の頃、下手だったけどそれなりに一生懸命練習していた。特に…

  6. テニス メンタル

特集記事

  1. テニス フットワーク

    シングルス

    シングルスの試合、徹底して同じコースを狙ってみない?
  2. テニス メンタル

    その他

    【保存版】「テニスノートを活用して試合に勝つ!」ために必読な10記事
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドのボレーがコントロールできない」人におくる、最低限の手堅い基本4つ…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが恐れるべきは、対戦相手ではなく「臆病な自分」
  5. スマッシュ

    決定力の無いダブルスペアが、変えるべきこと
PAGE TOP