テニス サーブ

サーブ

テニスにおいて、「サーブはスピードよりもリターナーの位置を確認」するだけで、エースが獲れる!

サーブでノータッチエースを獲る。

テニス選手なら、誰でも憧れるこのサービスエースですが、ボールスピードを上げることばかりに意識がいってはいませんか?

男子でも、スピード勝負でエースが獲れる選手はプロでも少ない。

むしろ一般の大会、学生の皆さんにまず意識してもらいたいことは、「相手リターンのポジション」です。

これ、意外と知られていないだけで、試合で狙い目です!

 

テニスにおいて、「サーブはスピードよりもリターナーの位置を確認」するだけで、エースが獲れる!

 


 

■正しいリターンの立ち位置を実践できている人は、意外と少ない

ほとんどの選手は、バックハンドに苦手意識がある。

特にリターンではバックハンドで打ちたくないと思うモノ。

そう考えるとどうなるか・・・自然と立つポジションはバックハンド寄り、つまりはフォアハンド側が空いてしまいます。

一般的には、外側の足がシングルスのサイドラインにかかるくらいが通常の立ち位置。

このポジションよりも、大抵の選手はセンター寄りに立って構える傾向にあることを覚えておきましょう。

 

■スライスサーブをしっかり打てれば、それだけでエースになる

もう、勘が鋭い人はお分かりですね。

しっかりと空いているフォアハンド側にスライスサーブが打てれば、必ずエースは獲れます。

ノータッチは難しいにせよ、きっと触るのがやっと・・・という、有効なサーブにはなると思います。

スピードは必要ありません。

むしろ、狙いを相手に悟られては修正されますので、しっかりフォルトしないで確率の高いサーブにしておきたい。

スライス回転がかかっていれば、バウンドしてからより切れてオープンコートを活かすサーブになってくれますので有効です。

 

■相手のポジションから、何かを感じてアクションを起こすこと

相手のポジションから、何かを感じておくことはテニスにおいてとても重要です。

作戦としてポジショニングを調整しているのか、それとも無意識なのか、またそこを攻撃した後に修正してくるかどうか。

こういった変化を感じることができるように、アナタの中で基準を作るようにしましょう。

まず、平均的でニュートラルな正しいポジションはどこなのか。

そのポジションよりも、自分の対戦相手はどう違うのかを感じることが出来るようになれば、テニスの試合に強くなります。

 

リターンが得意な選手は、ポジションでも揺さぶりをかけてきます

アナタがトスアップした後に、ポジションを動かしてくるかも知れません。

大切なのは、本質的な視点を持つこと。

「この選手は、きっとこういう作戦なんだな・・・」という部分を、見抜けるようになりましょう。

きっともっと、サービスキープが楽になるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    サーブ

    サーブを打つ前に、「冷静に相手のポジションを確認する」ことで、精神的に楽になれる

    サーブを打つときに、どうしても落ち着きが無い、自信が無い、という方。…

  2. テニス 走力
  3. テニス ストローク

    サーブ

    緊張する場面で「しっかりサーブで顔を残す」こと出来てる?

    試合の終盤、緊張した場面でこそサーブの力は試される。自分を信じ…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    深くても安定感のあるサーブは、コートへの入射角が違う

    これ、実は気付いている方少ないと思います。「なんで、サーブは回…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「脱ダブルフォルト!」テニスの試合で悩んでいる全ての人へ

    ダブルフォルトほど悔しいミスはない。相手に何かされたのならまだ…

  6. サーブ

    自分のナイスサーブを得点につなげる5つの法則

    試合の中で良いサーブが入る。でも、そこからどうするのかで得点…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス リターン

    ストローク

    ストロークでショートクロスが上手く打てない人は、「自分の背中の方向に打球を飛ばす…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ドライブボレーは実は、並行陣を崩す最終兵器になる
  3. テニス 守備

    フットワーク

    テニスのフットワークは、「左右よりもまず前後から」が基本です
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスのサーブ&ボレーで、「ファーストボレーが浮いてしまう」人がチェックしたい…
  5. テニス 人脈

    メンタル

    「アイツ、苦手なんだよな・・・」と思う苦手意識は、ココから変えていきましょう
PAGE TOP