テニス メンタル

サーブ

セカンドサーブのポイント奪取率こそ、試合の結果を左右する

以前に、セカンドサーブがお互いのレベルを測る一つの基準になる、という記事を書きました。

やはり、全仏オープンを観ていてもそう感じます。

セカンドサーブをどう考えて、いかに位置付けるのか。

自分自身で考える価値は大きい、と思います。

 

セカンドサーブのポイント奪取率こそ、試合の結果を左右する

 


 

1.セカンドサーブ、どの程度ポイント取れてる?

アナタ自身、どうでしょう?

試合によると思いますが、自分でしっかり数値で平均値、出せてますか?

平均値がある程度把握出来ていると、試合の中での調子が把握出来る。

きっと、アナタ自身曖昧な部分、あると思います。

そんな人は、ここから入っていきましょう。

 

2.セカンドからの獲得率は、半分で良い!

きっぱり、この意識で良いでしょう。

セカンドサーブになったら、そのポイントを獲る確率は半分で良い。

「結構低い?」と思った方、本当に半分獲るのは大変ですよ。

前のポイントでセカンドサーブから落としたら、次は取らないといけない。

そう考えて、自分でゲームメイクしていく。

セカンドサーブからの獲得率は、試合の中で意識しないと絶対に上達していきません。

 

3.一番落とす確率が多いのは、当たり前ですけど・・・アレです

やっぱり、ダブルフォルト、でしょう。

これがある限り、絶対にセカンドサーブからの獲得率は上がっていかない。

でも、ダブルフォルトを無くすなんて無理、ですよね。

だったら、なるべくそのきっかけとなるセカンドサーブを打つ機会、すら減らしていく。

この発想が大事です。

ファーストサーブ、大事ですよね・・・。

 

きっと、セカンドサーブからどう戦うのか、は考えていても「獲得率」を深くは考えてはいないでしょう。

そろそろ、考える時期に来ていると私は思います。

セカンドサーブ、きっとアナタの試合を強くする一番のきっかけになるはず。

50%で満足、を一度考えてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップ、ボールは斜めに持つのが基本

    サーブのトスアップ、色々とコツはありますが・・・以前にも書いたことのあ…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合で「初中級者でもサーブで攻めていきたい!」ときに、有効なコースを考えてみる

    テニスの初心者から初中級者の方にとって、サーブはなかなか緊張するもの。…

  3. テニス ストローク

    サーブ

    速いサーブを打つパートナーなら、リターンの球筋は割れていく

    速いサーブを打って、相手がリターンする。その時のリターンって、…

  4. テニス ボレー

    サーブ

    ダブルフォルトを連発するときには、「ネットをしない軌道」だけ意識して打っていこう

    試合が怖い、サーブが打ちたくない・・・。ダブルフォルトの恐怖は…

  5. テニス コントロール

    サーブ

    サーブの軌道を安定した山なりにするには、「身体が伸び切る前の打点」で捕らえてみよう!

    私自身、一番苦労して今でも試行錯誤な技術・・・それは、サーブ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス チャンス

    戦術

    成功を掴む人は、いつだって初回、初級、に勝負をかけている
  2. テニス サーブ

    ストローク

    スウィングの切れ味は、引く動作で磨かれる
  3. テニス ボレー

    サーブ

    テニスにおけるサーブ&ボレーの基本は、「自分がサーブを打った方向に詰めて…
  4. サーブ

    サーブを打つ前、ボールはラケットのどこに当てる?
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスに真剣に取り組んでいれば、批判に対するタフさは自然に身につく
PAGE TOP