テニス 練習

テニス知識

「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

個人でも部活の練習でも、「ボールカゴ」で何を使うか・・・は皆さん悩みの種、ですよね。

持ち運びも便利だと、学校以外のコートでも使えて便利だけど、何を選んだら良いのか分からない・・・という方は、まずこれをお勧めします。

部活でも個人練習でも、とにかく使い勝手が良くて壊れない。

テニス界ではもはや定番の名器、ですね。

 

「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

 


 

球出し練習、しっかり練習で効率的にやりたい。

その為には、キャスター付きカゴを用意するのはマストでしょう。

キャスター付きのボールカゴを選ぶポイントって、たくさんあると思いますが、私の好みだと・・・。

 

・丈夫であること

→ヘビーに使い込んで、ガタが来ない、壊れないのが基本

 

・カゴの部分が切り離せること

→キャスター部分と別に、カゴだけで独立して使うことも出来る、そして上にネットが合ってボールが散乱しないような工夫があると最高です

 

・何よりコンパクトで重量が軽いこと

→電車での移動が多いサークル、部活の皆さんにとって、かなり重要なポイントですよね

 

この全ての要件をハイレベルで満たしてくれるのが、この「プリンス キャスター付きボールカゴ」。

もうとにかく使いやすくて、お値段は15,000円~20,000円と若干高めですが、丈夫で壊れない、しっかりしていて効率的な練習が可能です。

キャスター部分は折り畳めて、高さの調整が可能。

球出しする人のサイズ感に合わせて変更も出来るのが嬉しいポイント。

シンプルなデザインも良いですよね。

 

テニス 練習

 

カゴだけになると、こんな感じ。

スポッとはめることが出来るので、楽に設置できます。

 

テニス 練習

 

  • 素材:フレーム/アルミニウム、バッグ/ナイロン
  • 重量:約2.5kg
  • サイズ:95・88・81(高さ可変)×40×40cm

出典:amazon

 

 

初めて触った方のほとんどの反応が、「軽い!」とビックリ。

組み立ても簡単ですので、日ごろの練習で重宝するはず。

部活やサークルで人数多めの球出し練習なら、ワイド版を購入してみるのも、オススメです!

 

 

 

夏の練習、ぜひ部活やサークル、個人でも一台どうですか?

テニスフリークなら、外せない逸品です。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス 名著

    テニス知識

    テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

    「いつも、どこからネタを仕入れてるんですか?」というご質問を、…

  2. テニス 練習

    テニス知識

    自己流テニスで上達して来た人は、どこかで技術を削ぎ落とす作業を

    まず、私自身、自己流テニスに私は大賛成です。そもそもテニス、ス…

  3. テニス知識

    「テニスコーチング研究部」始めます!

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。このT-PRE…

  4. テニス ダブルス

    テニス知識

    「リラックスして正五角形」が、基本の構え

    基本となるテニスの構え、皆さんは意識出来てますか?ストロークの…

  5. テニス フットワーク

    テニス知識

    テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

    フットワークは、トレーニングとシューズ次第?いえ、実はテニス選…

  6. テニス知識

    雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

    先日は、台風で日本列島大変でしたね・・・。私が住んでいる地域で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    クイックサーブを練習して、試合のオプションとして使えるように
  2. テニス 水分補給

    水分補給

    テニスの試合に勝つ為に必要な、「水分補給」に関する基本的な考え方とは?
  3. サーブ

    視点を置く順番を決めれば、サーブを打つメンタルは整えられる
  4. テニス スライス

    ストローク

    「ベースラインからドロップショットを打ってみたい!」人は、技術よりも大切な「間」…
  5. テニス セルフジャッジ

    ストローク

    ラリーでつないだら、やられる・・・と感じたら、試してみたい作戦5つ
PAGE TOP