テニス アームカバー

テニス知識

暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

秋、試合が多い時期は季節の変わり目。

みなさんは、試合のときにどうやって体温調整、体調管理を行ってますか?

私はもともと、すごく寒がり・・・なんです。

だから試合前はかなり着込んでますが、試合が始まるとやっぱりゲームウェアの基本は半袖、短パン。

でも肌寒いときにはこの「アームカバー」を最近は着用しています。

前は長袖のアンダーウェアを着ていて、それもお気に入りだったんですが、どうしても暑く感じてしまう時があって、秋はアームカバーがお気に入り。

みなさんにも、オススメです。

 

暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

 

1.脱いだり付けたりが、楽なのが良い

この着脱が出来る、のが魅力だと思います。

風が冷たい試合の序盤はアームカバーを装着して開始、試合中に暑くなってきたら外せば良い。

アンダーウェアだと、脱ぐことが出来ないですからね・・・。

アームカバーなら、本当に楽。

これが楽だし、最近では本当にフィット感に優れていて操作性を邪魔しない。

プロ選手でも、ラオニッチ選手など使用者が増えているのも納得ですね。

 

2.肩まわりを楽に動かせるのも、魅力!

長袖のアンダーウェアを着ていて、私はこの問題がネックでした。

すごく発汗・保温性の意味では機能性に優れているんですが、どうしてもサーブを打つときに肩を上げにくい。

ピタッとしている感じのウェアなので、肩まわりが窮屈になるんですよね・・・。

特に男性の方は、そう感じている人多いんじゃないでしょうか?

そんな方にも、アームカバーはオススメです。

 

3.腕先を冷やさないことは、テニス選手にとって大事なポイント

腕が冷えると、指先まで神経が通わない。

結構が悪くなると、握力も無くなっていくので、テニス選手にとっては致命的なんです。

風が強くて汗をかいている状態、が長く続くと、半袖だと絶対に危ない。

調子が上がっていかないだけじゃなくて、きっとラケットを振れない感じなっていくと思いますよ。

試合の序盤、身体が温まっていくまでは腕を冷やさない。

そのために、私はアームカバーが最適だと思います。

 

4.色を好みで選べば、試合にも乗っていける!

私は勝手に、アームカバーでも自分にラッキーカラーを作ってました。

それは黒。

黒いアームカバーは、とっておきの試合に保存しておいて、ここぞというときに使う。

他にも、ウェアではあまり着ない白や赤、なんかも、アームカバーだったら身に付けるのに抵抗が無いし、良い気分転換になる。

手元の色って、すごく目に入るし自分の意識にも与える影響が大きい。

だからこそ、ちょっと良いモノ、自分らしいモノを選んで欲しいんです。

ちなみに私は、アンダーアーマー社のがお気に入りでした。

こちらは基本片方だけ、の値段なので注意して下さい。

 

 

テニスのメーカーでは、プリンスやヨネックス、エレッセからもアームカバーの商品が出てますね。

基本はレディース中心、のラインナップになっています。

 

 

 

 

試合で何回か装着できるように、2組くらい準備しておくと良いと思いますよ。

UVカット仕様なら、日焼けのケアにもなりますしね。

テニスをプレーしないときにも、装着しておくことが出来るのでオススメです。

学生のみなさんも、秋から冬にかけてはアームカバーという選択、有りだと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

関連記事

  1. ストレッチ

    テニス知識

    筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

    テニスを継続的に頑張っている人にとって、悩ましい問題が「筋肉痛」ですよ…

  2. テニス バナナウェイト

    テニス知識

    素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

    私自身、素振りの経歴には自信があります。元々、一人で研究したり…

  3. テニス知識

    雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

    テニスの練習にとって、天敵の一つが雨。これからの季節、悩ましい…

  4. テニス 消臭

    テニス知識

    テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

    テニスの試合に遠征、合宿などで行くときに、悩ましい問題・・・みなさんは…

  5. テニス 部活

    テニス知識

    部活で頑張る高校生、大学生の皆さんにオススメしたい「部活前の栄養補給」について

    夏休みも、もうすぐ終わり。これから秋にかけて、テニスの試合や練…

  6. 練習

    テニス知識

    「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

    試合と練習で、テニスで一番違うもの。たくさんありますが、まず大…

特集記事

  1. メンタル

    強くなる勇気
  2. テニス チャンス

    練習メニュー

    「良いフォームは自分で開発出来なきゃなきゃダメ!」テニスの試合で苦しいときに実力…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットを打つのも大事、返せるようになるのも大事
  4. テニス ボレー

    ストローク

    「スライスのアプローチショットで、ネットに出る」のが、有効な理由とは?
  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    後ろ方向へのポーチスマッシュこそ、アナタのダブルスに必要な発想なはず
PAGE TOP