テニス 書籍

テニス知識

テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

私は、現役のテニスコーチでも教師でもありません。

ですので、直接誰かを指導する立場にはありませんが・・・このサイトを更新していくうえで、イメージしていることがあります。

それは、テニスの部活を頑張る学生の皆さん、社会人になっても試合に出続ける一般の皆さんや、シニア・ベテランプレイヤーの皆さん。

まるで、このT-PRESS自体が一つのチームのような、そんな感覚も大事にしているつもりです。

すごく、おこがましいんですが・・・。

でも、まだまだ努力が足りませんが、現場でテニスを教えているコーチや教師皆さんに負けないくらい、私も頑張っているつもりです。

そんな皆さんにも、ぜひ読んで頂きたいのが今回ご紹介する「チームスポーツに学ぶボトムアップ理論(著:畑 喜美夫)」です。

 

テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

 

1.「ボトムアップ理論」とは?

聞いたことがある、という方も多いと思います。

私自身、実は学生時代にも少しだけ勉強したことがあります。

それも、大学のテニス部自体が指導者もおらず、自然と自分たちで主体的に練習、運営していかないといけない自然な「ボトムアップ」な環境だったから。

ボトムアップ、とは文字通り「選手が主役で、選手が主体」で運営していく組織の在り方、の方法論。

まさにこのT-PRESS、のサイトと概念は同じなんです。

 

2.読者の皆さんが主役、で運営しています

何せ、私自身、皆さんにテニスを教えることは出来ません。

その実力も無いでしょうし、機会も今は無いのですから。

みなさんにヒント、となるような投げかけだけを行って、言い方は悪いですが「あとは宜しく!」な状態。

まぁ・・・見る人が見れば、酷いでしょうね。

でも、これが私は大事なこと、だと思っています。

読者、つまりは選手の皆さんが主体となって、問題を解決していく。

この「チームスポーツに学ぶボトムアップ理論」の中では、高校のサッカー部監督としての著者、畑喜美夫先生の視点で、いかに生徒主体で部活動を運営して勝てるチームになっていくのか、が大きなテーマとして描かれています。

 

テニス 書籍

出典:amazon

 

練習メニュー決めから試合での戦術、メンバー選手まで選手自体が主体的に行う。

そんな高校サッカーのチーム、すごく素敵じゃないですか?

 

3.自分でやるから、自分で納得出来る

テニスの試合でも、どこか試合が「他人事」になっている人多くないでしょうか。

「言われた通りにやったんだから、負けたらコーチのせい」なんて気持ち、どこかにありませんか?

これだと、成長は無いし、きっと卒業したらテニスを辞めてしまう。

すごく・・・悲しいことです。

畑先生が推奨する「ボトムアップ理論」は、すごくシンプル。

自分たちで決め、質の高い練習をして練習以外の時間を大切にする、そして試合でも勝てるチームを自分たちで作っていく、というもの。

ぜひ、テニスコーチや部活、サークル、チームのリーダーの方に読んで欲しい内容が詰まっている名著です。

 

本書では、私が伝えたいこと、理想の部活像をすごく具体的に表現してくれています。

ボトムアップ、テニスだけじゃなくて実は会社で働くビジネスマンの方、子育てに悩んでいる主婦の方にも必要な視点だと思います。

テニスを通じて、こういう理論に触れて成長出来るのも、とても幸せですよね。

お時間のある方は、ぜひ読んでみて欲しい一冊です。

 

 

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス スマートフォン

    テニス知識

    iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

    テニスの試合を動画で撮影すること。この重要性、何度も書いてきた…

  2. テニス 縄跳び

    テニス知識

    テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

    効率的にトレーニングをしたい、それも1日5分くらいで筋力、持久力までし…

  3. テニス 戦術

    テニス知識

    【保存版】知らない選手が意外と多い、「テニスラケットのメンテナンス方法」について

    テニスラケットのメンテナンス、と聞くと、アナタは何をイメージしますか?…

  4. テニス知識

    バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

    「ここぞ」という時に、踏ん張れる。ストロークでもボレーでも、最…

  5. テニス知識

    夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

    夏の日焼け対策、男性はつい、忘れがちですよね。面倒で塗り直すこ…

  6. テニス 練習

    テニス知識

    自己流テニスで上達して来た人は、どこかで技術を削ぎ落とす作業を

    まず、私自身、自己流テニスに私は大賛成です。そもそもテニス、ス…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    ただつなぐだけのボレーでも、同じ構えからドロップボレーが打てれば試合で相手の脅威…
  2. テニス 部活

    日々の雑記

    自分探しの旅、テーマはテニスで
  3. サーブ

    テニスの試合巧者になりたければ、「サーブは最低2種類の球種」を打てるようにしよう…
  4. サーブ

    サーブで「ネットミス」が多い時の改善策4つ
  5. ストローク

    ストロークの準備に苦手意識がある人は、「ラケットダウンスタートストローク」を試し…
PAGE TOP