テニス ガット

テニス知識

学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

今回も、私の独断と偏見、そして使ってみた感じでレビューさせて頂きます。

テニスにおいて、ガットの選び方って大事。

ここ最近、新しいガットも増えてきましたが、あくまで私の好みでチョイスさせて頂きました。

基本的にはタッチ系のテニス、ネットプレーで試合をコントロールしていきたい皆さんに、オススメです!

 

学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

 


 

1.バボラ エクセルパワー

 

テニス ガット

ちょっとお値段が高いですが、このガットは本当に優秀。

バボラのガットって、私が学生時代の頃から出て来て一気にブームになって、最近また改良されて良い感じになったように思います。

どうしても学生向け、硬いハードヒッター向けなイメージがありますが、このエクセルは柔らかくて色々なテニスに対応可能。

肘にも優しい打感、という印象です。

 

 

2.テクニファイバー XR3

 

テニス ガット

柔らかいマルチガットと言えば、テクニファイバー。

正直、この打感に慣れてしまうと他のガット、使えません。

言い方を悪くすればねっとり、じわっとした感じ、でもしっかりボールを掴んで飛ばしてくれる。

ただ、難点は少しコーティングの剥がれるのが早い、という部分。

マルチガットなのでパチン!と切れることは無いですが、3ヶ月も使えば表面のコーティングが剥がれて来るので気になる方も多いと思います。

でも、剥がれてからでもすぐには切れずに、結構持ってくれますよ。

 

 

3.ウィルソン NXT

 

テニス ガット

 

15年前、私がまだアルバイトコーチをしていた頃、ガットと言えばウィルソンでした。

ナチュラルガットを張るのは緊張したし、でもやっぱりすごく良い打感・・・でも高い・・・という感覚、今でも覚えています。

ナイロン系ガットでも、このNXTシリーズは昔から私の中で「ほぼナチュラル」に近いガット。

だからこそ、打感も柔らかい、けどしっかりと芯のある打感になって飛んでくれる。

ここぞ、という試合の前にはこのNXTを張って試合に臨んでました・・・懐かしい・・・。

今でもその性能は、ガットの中でトップクラスだと思いますよ。

 

 

 

改めて、かなり個人の感想で書かせて頂きました。

学生の皆さんからすると、「柔らかいガットは好みじゃないな・・・」という方もいるでしょう、良いと思います。

とにかく限られた予算、お小遣いの中で、選ぶのが楽しいんですよね。

ぜひガットに関して、皆さんもどんどん研究してみて下さいね!

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス知識

    テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

    「普段、ネタはどこから仕入れてますか?」と、お寿司屋さんみたいなご質問…

  2. テニス メンタル

    テニス知識

    「今さら聞けない・・・」テニスの試合で必要な用語をまとめてみました

    テニスの試合に初めて出るときは、誰しも緊張するもの。なるべく周…

  3. テニス 前衛

    テニス知識

    将来テニスの指導者になりたい人は、「言葉」にして発信していこう

    読者の皆さんの中にも、今は現役選手だけど将来は指導者になりたい、と思っ…

  4. テニス メンタル

    テニス知識

    ラケットを買い替える時に、意識したいチェックポイント7つ

    ラケットを買い替える時に、チェックしたいポイント。意外と、みな…

  5. テニス 部活

    テニス知識

    部活で頑張る高校生、大学生の皆さんにオススメしたい「部活前の栄養補給」について

    夏休みも、もうすぐ終わり。これから秋にかけて、テニスの試合や練…

  6. テニス ボレー

    テニス知識

    「毎日のテニス、身体の疲れが抜けない・・・」ときには、どんな食事が効果的?

    平日は練習に、土日は試合・・・。高校や大学でテニスを頑張ってい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 環境

    その他

    「極端な環境に、あえて自分を縛ってみる」ことができれば、きっとアナタのテニスはま…
  2. テニス 大学

    日々の雑記

    私はこれからも、試合に出続ける「生涯現役選手」を、精一杯応援し続けます
  3. ストローク

    両手バックハンドを捨てたからこそ、今の片手バックハンドがあると思う
  4. 日々の雑記

    人を動かす、変えていくのは、いつだって「感動」じゃない?
  5. テニス 部活

    ダブルス

    ダブルス初心者の方が意識したい、3つの基本戦術
PAGE TOP