テニス メンタル

メンタル

「自分はテニスが下手」という言葉は、謙遜でも口にしたり文章に書いてはいけない

テニスの実力、皆さんは自分で自分をどう感じているのか。

もちろん、始めて間もない人は「まだまだ実力不足」と感じている方は多いでしょう。

ですがそれは、経験不足であって「下手」であるということとは、少し違う。

自分を上手いと勘違いするのも問題ですが、「自分は下手です」と口にしたり文章に書くことは、私はあまりお勧めしません。

 

「自分はテニスが下手」という言葉は、謙遜でも口にしたり文章に書いてはいけない

 


 

1.後輩のテニスノートが、謙遜だらけだった過去

私が大学生の頃、高校の母校の練習に参加して後輩のみんなのテニスノートを見せてもらったことがあります。

感じたのは、みんな自分を「低く」評価し過ぎているんじゃないかということ。

確かに勝てない、上手くいかないことが多いのがテニス。

だから自分が下手・・・と思う気持ちも分かるんですが、それを自分で言い続けてしまうのはまずい。

そこが逃げ道になっていくからです。

 

2.「自分、下手なんで・・・」と言っているうちは、上手くなる訳無い

謙遜は美徳?

テニスでは、私はそうは思いません。

「下手な自分」でいると楽なだけ。

そう周りにアピールしておけば、ミスしても周りからそう責められることも無い。

下手である自分を口にしたり、テニスノートに書いたりし続けている選手が、試合で自信を持てる訳が無いじゃないですか。

厳しいようですが、実力不足でも何でも、試合で勝てる自分をイメージして行動を変えていかないとテニスは強くなれません。

 

3.「下手なりな、背伸び」をどんどんしていこう

テニスが上達する、上手くなっていくのに「自分を正確に知る」ことは大事。

下手、という二文字で片付けている人は、逃げてばかり。

逃げているうちは、試合に勝てる自分を作り上げるのは難しいでしょう。

大事なのは、下手なりな背伸び。

自分の武器をしっかり磨くためにも、練習の中で出来ないことにチャレンジしたり、自分より強い人とのテニスに飛び込んでいきましょう。

背伸びは辛いですが、必ず成長出来るはずです。

 

テニスはそもそも、難しい。

難しいから下手のままで良い・・・という感覚に、逃げたくもなりますよね。

ですが、逃げていても仕方ない。

逃げずにしっかり、自分のテニスと向き合って強くなっていきましょう。

その為には、習慣から変えていく。

口にしたり、文章で書いたりする力って、アナタが思っている以上に強い力を持っていることを自覚しましょう。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. メルマガ配信、登録を開始します!
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. メンタル

    「自分のテニスのモチベーションが上がらないとき」に実践したい4つのこと

    寒い冬、どうしてもテニスのモチベーションが上がらない・・・日はあります…

  2. テニス サーブ

    メンタル

    テニスの経験を積んでいけば、「試合を諦めること」が癖になっていく

    試合の経験を積んでいくことは、テニス選手にとって大事なこと。で…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    試合が終わっても、アナタのテニス選手としての仕事は終わってはいない

    私はすごく、感じることがあります。テニスの試合で、「あ、この人…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「エースだと思ったら、相手に拾われる・・・」この心理は、テニスの試合で勝ち切れない選手の、典型的なメ…

    テニスの試合をしていて、心が折れそうになる瞬間、たくさんあると思います…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    いつか必ず経験する「標高が高いテニスコート」で試合ときの注意点4つ

    皆さんは、標高が高い土地にあるテニスコートで試合をしたことはありますか…

  6. テニス メンタル

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーに苦手意識がある人は、「無意識のうちに、身体が逃げていっている」ことに早く…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    試合で使える「バックボレーの抑え」を効かせる5つのコツ
  3. その他

    得られたモノに、目を向ける
  4. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの練習こそ、チームで取り組むから成果が出る
  5. テニス 楽天

    メンタル

    本物の気迫は、試合の現場で相手の判断を誤らせる
PAGE TOP