テニス 前衛

ストローク

「まだテニスのラリーに慣れない初心者の方」は、バウンド地点への近付き過ぎを止めてみよう

「テニスを始めてみたけど、全然上達しない・・・」と、悩んでいる方も多いと思います。

ソフトテニスから移行された方も、たくさんいるかと思います。

上達していない、と感じてしまうのはまず「ストロークのラリーがつながらないから」だと思います。

その為に意識して欲しいのは、このポイントです。

 

「まだテニスのラリーに慣れない初心者の方」は、バウンド地点への近付き過ぎを止めてみよう

 


 

■テニスのバウンド後の変化は、毎回違う!

テニスのラリーで難しいのは、「バウンド後の軌道」をイメージすること。

毎回、バウンド後のボールの変化って微妙に違いますよね。

このバウンド後の軌道の要素は、主に2つあります。

一つは、ボールの回転。

スライス回転なのは、スピン回転なのか。

もう一つはバウンドする前のボールの軌道。

高い軌道で落ちてくれば、当然ボールは高くバウンドして弾みます。

短い、低い軌道で落ちたボールは、あまり弾みませんよね。

この2つの軸で、バウンド後の軌道を自分で想定する癖を付けましょう。

 

■ほとんどの人は、ボールのバウンド地点に「近付き過ぎ」

ライジングショットなど、これから身に付けていくテクニックは例外ですが、まずは「バウンド地点から少し離れる」ことを意識してみて下さい。

きっと、初心者の方でラリーが続かない人は、バウンドに近付いてしまって打点も近くなっている。

打点が近いと、ラケットを振るスペースが無いので窮屈になってしまう。

この近付き過ぎを無くすには、先ほど書いたような想定を自分の中でしっかり計算すること。

「こういうボールがバウンドすると、こうなる」という経験を、一球一球、しっかり自分で蓄えていきましょう。

 

■人は不安になると、「ボールに近付きたい症候群」に陥る

テニス以外のスポーツでも、そうです。

人は不安になると、どうしてもボールに「近付きたい・・・」という心理が働く。

触れない、という最悪の結果を避けたいんでしょうね。

ですがそれだと、良いボールは打てない。

勇気を持って離れるくらいの意識、でラリーしてみて下さい。

きっと気持ちよくラケットを振れるスぺースが出来て、バランスの良いフォームになるはずです。

 

以前にも書きましたが、ラケットを持った腕は、結構長い。

速い準備で振り切る為には、少しだけボールから離れる意識を持つ・・・んですが、大事なことを忘れてました!

打点が低くなり過ぎること、だけは避けたいのです。

出来るだけ膝から腰、の高さで打てるようには準備しましょう。

その為にも、初心者の方も軌道をしっかり読む、経験を積むこと、しっかり離れた距離からラリーしてみましょう。

漠然とラリーしていても・・・上達しないので、楽しくないですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. ストローク

    「現代テニスの基本」ストロークのオープンスタンスで攻撃する4つのメリット

    楽天ジャパンオープンが開幕し、日本で世界トップレベルのテニスが観れる熱…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「フラットなストロークは、安定しない?」打点の高さで微調整すれば、フラットショットも大事な武器になり…

    フラット系のストロークが主体の選手、ジュニアの女子選手を中心にたくさん…

  3. テニス テイクバック
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「両手バックハンドストロークのショートクロス」を打ちたければ、コンパクトで短いフォロースルーで!

    シングルスでもダブルスでも、最近のテニス界では「ショートクロス」が再度…

  5. テニス シングルス

    ストローク

    テニスの試合でのストローク、「勇気があれば振り抜ける」わけではなく・・・ですよね?

    トップスピンでストロークを打つ時、当たり前だけどトップスピンの回転が掛…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    「前足?後ろ足?」テニスのストロークは素早い攻守の切り替えが必要なので・・・

    ストロークの時、足からパワーをもらってボールを打つんだけど、前足と後ろ…

特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    高い打点の両手バックハンドストローク、ココを変えれば攻撃的に返球出来る!
  2. ボレー

    自分で誘って決める、前衛のポジションは・・・?
  3. メンタル

    反応を鍛えているうちは、人生もしんどい
  4. テニス 練習

    ストローク

    力んでストロークがアウトする人は、呼吸をコントロールして打てばコートに収まる
  5. メンタル

    「緩く募集」しても、集まらないし残らない
PAGE TOP