ストローク

精度の高いドロップショットは、ココが違う

試合でドロップショットを使っていくとき、その精度も大事になる。

プロ選手の試合を観ていると、相手の足が速いのに追いつけないようなドロップショット、ありますよね。

これには、みなさんの試合にも使えるアイデアも詰まっているはず。

キーワードは、山なりな軌道、です。

 

精度の高いドロップショットは、ココが違う

 


 

1.山なりな軌道のドロップショットは、精度が高い

山なり、なドロップショット。

こういうショットは、相手の選手に向かって伸びていかない。

直線的なドロップショットは、相手側にボールが飛んでいきますから、触れてしまう可能性が高いですよね。

ネット際に落ちて、2バウンド目も出来るだけネット際、でバウンドするようなショット。

これが、精度が高いドロップショットでしょう。

山なりの軌道で打つこと、結構勇気要りますよね。

でも、ドロップショットをしっかり練習して試合で使いたければ、まずこの恐怖心を乗り越えないといけないんです。

 

2.一番の敵は、アナタ自身の恐怖心

ドロップショットを打つ最大の障壁、はアナタ自身。

入らなかったらどうしよう・・・または、入っても叩かれたらどうしよう・・・と、思ってしまいますよね。

その恐怖心、に打ち勝つことがまず大事。

試合では、まず打ってみて初めて分かること、たくさんあります。

相手が、浅いボールを得意なのか、どうなのか。

ほとんどの方が、ドロップショットを打つのが怖くて、打てないで終わる。

山なりな軌道で打つ、のは更に怖いですからね。

ポイントは、どこに軌道の頂点を持って来るのか、だけです。

 

3.軌道の頂点は、ネットの手前1メートル

私はいつも、これを意識しています。

ドロップショットの軌道は、その山なりの軌道の頂点をネットの手前、1メートルくらいの場所に設定する。

だから、ネットを越える時には、もう下降曲線、を描いているときなんですよね。

これくらいの感覚、でちょうど良い。

ネットを越えるのか、怖い部分はありますが、それ以上に甘くなるのが怖い。

最悪、ネットにかかっても良い、くらいのつもりで打つことも大事です。

そこで慣れてきたら、スライス回転をかけてさらに精度を上げていけば良いんです。

 

4.スライスにするから、山なりで精度が上がる

軽いスライス、をかけることでボールの軌道は山なりになる。

山なりになるから、相手コートに垂直に近い感じでバウンドして、その後伸びていかない。

この感覚、をぜひ大事にして欲しいんです。

大事に打とうと思うと、つい相手コートに伸びていくような感じで打つショット、になりますからね。

これでは、精度はなかなか上がらない。

思い切って、山なりでネット手前に軌道の頂点を持って来てみて下さい。

そこから、精度の高いドロップショットの鍛錬、のスタートです。

 

意外と、入ると思いますよ。

スライス回転をかけていれば、ボールが少しだけ伸びてくれますから。

かなり手前に打ったつもりでも、相手コートに入ってくれる。

この感覚は、たくさん打たないとなかなか身に付かないでしょう。

精度を上げたければ、まず厳しい場所を山なりで狙ってみる。

全ては、そこからですね。

ピックアップ記事

  1. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. ストローク

    「腰が引けてるよ!」テニスの試合でストロークが安定しない人の共通点とは?

    シングルスの中の繋ぎのショットってかなり重要である。ダブルスだ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク力で押せる人に、駆け引きは身に付きにくい

    試合をしていて、感じること。「あ、この相手は苦労して来てないな…

  3. テニス ダブルス

    ストローク

    並行陣を崩すショートクロスは、「打点を斜め前、少し近め」で!

    ショートクロスで並行陣を崩したい。でも・・・いつものストローク…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ベースライン上でプレーするアグレッシブな相手には、ムーンボールを深く打ってみよう

    相手のポジションをよく見てみると、ベースライン上でプレーしている。…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テイクバックの意識を劇的に変える、魔法の言葉

    少なくとも、私はこれで劇的に変わりました。言葉って、ちょっとし…

  6. テニス 練習

    ストローク

    テニス初心者の方にありがちな、「ストロークで肘が後ろに残る形」を修正しよう

    テニスで「手打ち」と呼ばれる現象。そのほとんどは、肘から先の腕…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    コントロールショットほど、ラケットを手首で動かすのは逆効果
  2. ストローク

    「しっかり下がって打ちましょう」というアドバイスは、時代遅れ
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスの試合では、毎回コートの真ん中に戻り過ぎても疲れるだけ
  4. ストローク

    ストロークの準備に苦手意識がある人は、「ラケットダウンスタートストローク」を試し…
  5. メンタル

    自分の壁を感じる力、でしか成長出来ない
PAGE TOP