練習

テニス知識

「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

試合と練習で、テニスで一番違うもの。

たくさんありますが、まず大きな違いは「ボール」ですよね。

皆さん、ここに意識が薄いといつまで経っても「練習と試合は別物」な状態が続いていく。

もっと、ボールに神経質になって試合に強くなっていかないと。

「でも、そんなボールをたくさん買う余裕も無いし・・・」という皆さんに、オススメはHEADのボールです!

 

「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

 

1.日本のテニスの試合球と言えば・・・?

試合と言えば、まずダンロップのフォートか、ブリジストンのXT8、じゃないでしょうか。

皆さんもこの2種類のボール、が試合では定番のはず。

もちろんその性能は素晴らしいんですけど、何せ高い・・・ですよね。

2個缶で500円くらい、箱買いしても15,000円くらいしてしまうから、なかなか部活やサークルでも買えない。

でも、練習でも良いボールを使って試合での感覚を磨きたい・・・という皆さんには、HEADのプラクティスボールがオススメです。

 

練習

 

2.新しいモノを試す人は、上達上手

何でもそうですが、新しいモノを試すのには勇気がいる。

きっかけも要るし、性格の問題もあるでしょう。

「あまり使ったこと無いな・・・」と思う方がほとんどだと思います。

でも、知る人ぞ知るHEAD社のボールはATP公認の立派なツアー試合球。

日本だと、あまりイメージが薄いかも知れませんが、実は空気の抜けにくい、耐久性が高いボールなんです。

こういうのにピン!ときて、試せるような人は、きっとテニスもどんどん上達していくと思いますよ。

 

練習

 

3.空気の抜けが遅い、耐久性があるタフな練習球

私が使っている印象だと、まず本当に「空気が抜けない」感じです。

そして、ダンロップやブリジストンのボールと比べるとフェルトが少し少な目、な気がします。

なので、打った感じだと軽い、そして回転は少しかかりにくいような感じはあります。

これはデメリット、にもなりそうですが、このフェルト量でしっかりスライスやスピン、を練習出来れば、試合球がフォートやXT8になったときも怖く無い。

むしろ、より良い回転で打てるような気がします。

 

4.コスパが魅力の優秀球

何より、学生の皆さんにもお勧めしたい理由はその価格。

48球で6,200円、ですから1球あたりは141円。

多少、打感は悪いと感じる人もいるでしょうが、何より練習でしっかり反発力が落ちない、定期的にボールチェンジが出来るのが最高じゃないですか。

あと、細かい部分ですが一般的なテニスボールよりも19%明るい色、なんだそうです。

使用感たっぷりなボールよりも、明るいボールの方が良い練習になるし試合に近い。

そういう部分も、嬉しい仕様ですよね。

この秋の練習に、個人で買うにしてもHEADのボールはお買い得ですよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス 食事

    テニス知識

    「つい、テニスの試合前に食べてない?」テニスの試合前に食べるのをお勧め出来ない5つの食べ物

    今回のウィンブルドン、ダニエル太郎選手は腹痛を訴えて敗退・・・になって…

  2. テニス サイト

    テニス知識

    セルフジャッジのカウントコール、一番自然なタイミング?

    皆さん、出場されている試合はセルフジャッジの試合が多いはず。そ…

  3. トレーニング

    テニス知識

    フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

    フットワークを磨きたい、試合でコートカバーリングを磨きたい人は、どんな…

  4. テニス知識

    大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

    日々、テニスの試合をイメージしながらトレーニングすること。なか…

  5. テニス知識

    「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

    先週まで暑かったかと思ったら、今週は雨も多く肌寒い天気が続きますよね。…

  6. ピラティスポール

    テニス知識

    テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメです

    テニスを長く続けていると、肩が上がらなくなる・・・。これは最近…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    ボールを諦めるのが早い選手は、相手を乗せやすい最高の鴨になる
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    新年明けましておめでとう御座います
  3. テニス ストローク

    戦術

    作戦を決定した後は、基本的に考えることは止めよう
  4. テニス メンタル

    その他

    「自分のテニスを文章にすること」がなぜ重要なのか、を改めて問う4つの視点
  5. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で必要な、「ワイドへのサーブとシンプルなボレー」の組み合わせは、…
PAGE TOP