テニス知識

テニスのガットに、求めるモノについて

みなさんは、普段どんなガットを張ってますか?

私は最近、約5年ぶりくらいにガットをマルチ系のものから、ポリ系に変えました。

いや、これが良い感じなんです。

改めて、ガットってすごくテニスに影響してるんだなと。

今回は、みなさんに参考にして欲しい、「ガットに何を求めるの?」について、書いてみたいと思います。

 
 

「飛ぶ」か「飛ばない」か

私は、一番大事なのはこのポイントだと思っています。

今の自分のテニスのプレースタイルで、ガットに手伝って欲しい部分。

ボールを飛ばして欲しいのか、逆に飛びを押抑えて欲しいのか。

このどちらか、のスタンスなのかがポイントです。

シニアや女性のみなさんは、基本的にはガットが「力を加えて、助けて欲しい」というスタンスなはず。

逆にジュニアや若い男性のみなさんは、ボールが飛び過ぎないように「上手く飛びを抑えて欲しい」という方も多いでしょう。

このスタンス、をまずは確認しておきましょう。

ラケット自体の飛び、も大事!

ガットだけでなく、ラケット自体のパワーも大事ですね。

フレームが厚いのか、薄いのか、で同じスウィングをしてもボールの飛び、加速度は変わります。

そのラケットの飛び具合×ガットでの調整、がテニスでの打球感、速度、パワーになっていく。

スウィングスピードが速く力のある人は、飛びを抑えてコントロールしないと試合にならない。

スウィングスピードが遅めでインパクトで合わせるテニスの方は、自分の力でボールが飛びやすいような調整、が必要ですね。

ラケット自体の飛び、も加味したうえで自分で考えて、カスタマイズをしっかりしていきましょう!

私がポリ系のガットに変えた理由

ポリエステル系のガット、最近多いですよね。

プロ選手の使用が増えた、のもシェアが伸びている要因でしょう。

私自身、「飛ばなそうだな・・・」と思って、張るのは控えてました。

ですが、今回思い切って変えたのは、自分のスタイルを変えたいから。

「もっとラケットを振るテニス、に変えていこう!」と思ったので、ポリ系のガットを張ってみたんです。

今までのマルチ系のガットだと、飛び過ぎてしまうのと耐久性が弱いので、ここは変えていかないとなと。

結果的に、今のところ順調です!

何より、自分の意思表示を形で示したこと、が功を奏している感じですね。

   


もし、自分のテニスを変えたいなら・・・?

思い切って、ガットを変えるのも有りです。

知識が無ければショップの方と相談しながら、でも自分で調べて意志を持って相談する。

「こういうテニスにしたい、変えていかないとダメなんだ」というアナタ自身の危機感、がベースにないとダメ。

何をやっても、結局目移りして自分で判断が出来ない。

自分のテニスを変える必要性を感じている人は、まずガットから変えてみてはどうでしょうか?

ラケットを変えるよりもライトで、でもしっかりとテニスは変わる。

ぜひ、この年末に検討してみて下さい。



まずは、自分を知るということ。

自分のテニスは、ガットに何を求めているのか、どんなサポートをして欲しいのか。

客観的に考えていけば、「これは違うな」「こっちの方が良いな」という自分の基準が出来て来るはず。

もし合わなかったら、それはしょうがない、張り替えれば良い。

ただ何も考えないで張っているだけ、のガットだと強くなれないでしょう。

そこにアナタ自身の、意志があるかどうかですね。

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス サイト

    テニス知識

    セルフジャッジのカウントコール、一番自然なタイミング?

    皆さん、出場されている試合はセルフジャッジの試合が多いはず。そ…

  2. テニス 多動力

    テニス知識

    多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

    私が中学生、高校生でテニスをやっていた頃。その頃の話題の中心、…

  3. テニス 振動止め

    テニス知識

    テニスラケットに振動止めって、必要?不必要?

    いくつか、ご質問頂きましたので、私も考えてみたいと思います。皆…

  4. テニス トレーニング

    テニス知識

    一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

    テニスに必要な体力、筋力をしっかり蓄えておく。その為には、良い…

  5. テニス メンタル

    テニス知識

    ラケットとボールが、喧嘩しない柔らかさ

    「柔らかいテニスって、どんなテニスですか?」というご質問を、よく頂きま…

  6. テニス トレーニング

    テニス知識

    プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

    「プッシュアップバー」という器具について、聞いたことはありますか・・・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 練習メニュー

    ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. テニス ストローク

    シングルス

    同じコースに打ち続けることが、実は良いフェイントになる
  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのコースの打ち分けは、厳し過ぎないで全然OK
  4. テニス テイクバック

    ストローク

    「スウィングスピードを上げたいでしょ?」だったらテニスの試合で使えるように考えて…
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスのテニスの試合で、「左右に大きく走らされたとき」に必要な返球意識4つ
PAGE TOP