テニス メンタル

メンタル

メンタルとは、テクニック

受験やテスト、と同じ。

知識を活かす、メンタルも私は同じだと思っています。

メンタルって、要はテクニック。

テクニックだと思えば、もっと気楽に色々身に付けたり、試したり、が出来ると思いませんか?

 
 

メンタルが弱い、人こそ効く

と、私は思っています。

自分はメンタルが弱い、と感じている人。

こういう人こそ、テクニックを駆使していきましょう、ということ。

メンタルは強く出来ない、経験が必要と思っている方は、損してるだけ。

細かい部分の考え方、を変えるだけで、テニスのメンタルは変えていけます。

だって、テクニックですから。

誰でも身に付くし、鍛えることが出来る技術なんです。


自分の性格とは、切り離して良い

テニスは、本当にその人の性格が良く出るスポーツ。

だからこそ、テクニックで補うことが出来るし、変えていける。

「性格上、こういう考え方は出来ない」と、どこかで自分の壁を作りがちな人、多いと思います。

私もそうでした。

でも、実際にメンタルはテクニックだと思えるようになって、すごく客観的に自分の性格とテニス、を分けて考えることが出来るようになった気がします。

テニスだから、こういう考え方でいくんだ、と。

自分に固執している人は、勝てない試合も増えて来る。

メンタルはテクニック、と割り切ることも必要です。


割り切れば、迷いが消える

例えば、30-40で自分がサーブのような場面。

メンタルが弱い選手は、ダブルフォルトしてしまいがち、と思うじゃないですか。

でも、テクニックで割り切れば良い。

「30-40の場面、ファーストサーブはネットしない、軌道は高く、ワイドの長いコースを狙えば入る可能性が高い。

もしファーストサーブがフォルトしても、心配無用。

セカンドサーブなら前衛が出る、という作戦が用意出来ているから、自分はサーブに集中して良い!」

みたいに考えることが出来ます。

準備やテクニックが無いから、辛いだけ。

結局は、こういう小さい考え方の違いで、テニスって変わって来るんです。


自分でしっくり来るもの、を探そう

「いや、↑みたいなのは暗示でしかないよ」と思う方もいるでしょう。

実際に、試合で30-40のような場面になったら、もうパニックになる・・・方も多いはずです。

メンタルはテクニック、ですが人によって感じ方や響くものが違う。

だからこそ、みなさん自身で探して欲しいんです。

小さいことですが、テニス以外の日々の生活から得られるもの、をメンタルのテクニックにしてみる。

人から教えられることよりも、自分で気付くことの方が重みがあるし、試合でも思い出しやすい。

自分でしっくり来るもの、を探してみる旅、楽しいですよ。

   

お勧めの練習法

テニス以外、の本を読みましょう。

たくさん響く言葉、が見つかるはずです。

最近改めて、「死ぬこと以外は、かすり傷」という言葉も、私は気に入ってます。

試合の中で辛い時、メンタルのテクニックとしても使えますからね。

練習法ではないのですが、たくさんの言葉に触れて、アナタ自身を成長させていくこと。

それが、メンタルのテクニックにもつながっていくはずです。



メンタルコントロールが上手い人って、テニスも上手い。

試合の中で、ここぞという場面で落ち着いていると、相手からしても嫌なんですよ。

これから年末の時期、お時間があればみなさんもぜひ本を読んでみることをお勧めします。

テニス以外に、テニスに使えるネタがたくさんあるはず、ですから。


ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. メンタル

    例えば「小雨が降る中での練習をダルい」と感じる選手は、同じような環境での試合に絶対弱い

    小雨が降るような天気、こんな時期は寒いし練習したくない。誰しも…

  2. メンタル

    上級生や格上選手との試合で、「攻撃的な揺さぶりを入れる」のは失礼?やり辛い?

    先日、高校生の方からこんな質問を頂きました。「先輩との試合では…

  3. テニス ミス

    メンタル

    テニスの試合で勝てない人は、「ラリー中に歓喜と反省」を繰り返していることが多い件

    テニス試合で勝てない人は、感情の起伏が激しい。そしてそれをすぐ…

  4. テニス 楽天

    メンタル

    本物の気迫は、試合の現場で相手の判断を誤らせる

    練習と試合の違い。私は、結構こういう目に見えない問題が大きいと…

  5. メンタル

    試合会場で、「自分以外の周りの選手が、皆強く見えてしまう人」へのアドバイスについて

    試合会場に着いた途端に、不安になって試合が怖くなる。周りを見渡…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    普通に「勝ちたい」って思っているくらいじゃ、テニスの試合は勝てない

    大事な試合、絶対勝ちたいと思う。でも、それは誰でも考えるし、普…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    浮いた!と思っても、諦めないことで何かが起きる
  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合、鋭いボレーに必要なのは、「後ろ足の膝の曲げとキック」です
  3. テニス ボレー

    リターン

    「ダブルスの試合で、相手のセカンドサーブ」だったら・・・?
  4. テニス メモ

    戦術

    記憶力が乏しい選手は、テニス選手として成長出来ない
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのラリーでは、「まず良いボールを打つこと」に集中して、打球方向は見ないに限…
PAGE TOP