テニス メンタル

メンタル

メンタルが弱いんじゃなくて、考え方が狭いだけ

テニスの試合は、メンタル勝負。

でも、そんなに差は無いですよ、人のメンタルなんて。

以前にも書きましたが、「メンタルで負けた」というのは都合の良い言い訳。

それって、自分の視野と考え方が狭いだけ、ですよ。

 

メンタルが弱いんじゃなくて、考え方が狭いだけ

 


 

1.全ては考え方次第

T-PRESSのサイトを開設して3年、長く読んで頂いているみなさんも少しずつ増えて来ました。

読者の方に伝えたいのは、考え方。

ヒント、と書いてますが、全ては視点なんですよね。

「こういう見方、考え方もありますよ」というだけの話、です。

それが技術の話だったり、戦術やメンタルの話になっているだけ。

ですので、書いていることはつながっているし、実は似たようなことも本当に多い。

全ては、考え方次第。

テニスは、考え方を変えれば一気に強くなる競技ですから。

 

2.メンタルが弱い人は、考え方が狭い

よく、サーブが入らないで負けてしまう人が試合後に言う話。

「メンタルが弱くて、ダブってばかりで辛い・・・」と。

確かに、見ているこっちが辛くなるような感じです、試合も。

こういう人は、考え方を変えれば強くなる。

ただ視野が狭い、考え方が狭いだけですから。

サーブに対して、「入れないといけない、それも厳しいコースに」と考えていたら、そりゃ追い込まれてしまいますよね。

サーブって何だろう、なんで2回打つチャンスがあるんだろう、と俯瞰して考えてみる。

そこから全ては始まると思います。

 

3.決めつけると、メンタルは弱くなる

「自分はメンタルが弱い」と決めつける人は、気付いていないだけで多いでしょう。

弱いと思ったら、本当に弱くなります。

メンタルが弱い、だから仕方ないんだと考えることも放棄してしまいがちですからね。

考え方を変えれば、メンタルが強い、弱いという話も越えていける。

自分で決めつけるから、先が無いだけの話だと私は思いますよ。

極端な話、サーブが弱いならリターンを頑張れば良い。

ダブルフォルトが嫌なら、絶対に入るファーストサーブをゆっくり打っても良い。

何なら、アンダーサーブだって良いじゃないですか。

メンタルが弱いんじゃなくて、考えてないだけ、でしょう。

 

4.自分を否定してばかりでは、強くなれない

メンタルが弱い自分を、責めても何も始まらない。

自分を否定してばかりでは、テニスも楽しく無いし上手くなるのは難しいでしょう。

考え方が狭いだけ、です。

それを知れば、強くなれる。

何も、自分を卑下する必要は無いんですよ。

ただ、考え方の幅を広げるには、自分からアクションを起こさないとダメ。

もっともっと、色々なテニスと情報、人に触れて、自分の頭を柔軟にしていかないと。

それも大事なテニスの実力、フットワークの力ですから。

 

考え方は狭い人は、自分を否定しがちです。

みなさん、テニスの試合に出ているというだけでも凄いことなんですから。

もっと楽に、柔軟な考え方でいきましょう。

人それぞれに道はある、だからテニスは楽しいし勝負が面白い。

メンタルが弱い人なんて、テニスの試合会場にはいません。

本当に弱い人は、テニスの試合に出ること自体、難しいはずですから。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス トレーニング

    メンタル

    テニスにおいて良い攻撃を続けていく覚悟は、10球連続でも足りないくらいです

    テニスの試合の中で、本当に強い選手は見た目のショット、では判別出来ない…

  2. テニス ボレー

    メンタル

    「テニスの団体戦も、結局は個人競技?」いいえ、違います!

    テニスの団体戦、皆さんは経験したことがあるでしょうか?高校生の…

  3. テニス ダブルス

    メンタル

    ミスの後始末を、自分で全て背負うからドロ沼にはまる

    失敗して、どんどん泥沼にはまっていく人。ダブルスの試合で、よく…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合とは、「決して何か特別なことをする場では無い」ことだけ、覚えておいて欲しい

    「試合」・・・特に公式戦と聞くと、何か特別なものという響きがある。…

  5. テニス サイト

    メンタル

    リードすること、勝利することを恐れてはいけない

    相手に勝つ、凌駕する。これって、簡単なこと・・・でしょうか。…

  6. テニス 疲れ

    メンタル

    みんな誰しもが、試合5分前になると「現実主義者」になるのがテニスです

    テニスの試合前、みなさんも経験無いですか?よく分からない、急に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「俺はずっと、これでいく」テニスの片手バックハンドストロークが優れていると思う4…
  2. テニス フットワーク

    テニス知識

    テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. テニス ストローク

    スマッシュ

    「スマッシュは・・・地味に行こう!」実際にテニスの試合で使える技術を身に付ける
  4. ボレー

    ダブルスの試合、来た方に返すボレーでちょうど良い
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合を勝ち抜くために、ペアで連動すべきポイントはどこか?
PAGE TOP