テニス メンタル

メンタル

メンタルが弱いんじゃなくて、考え方が狭いだけ

テニスの試合は、メンタル勝負。

でも、そんなに差は無いですよ、人のメンタルなんて。

以前にも書きましたが、「メンタルで負けた」というのは都合の良い言い訳。

それって、自分の視野と考え方が狭いだけ、ですよ。

 

メンタルが弱いんじゃなくて、考え方が狭いだけ

 


 

1.全ては考え方次第

T-PRESSのサイトを開設して3年、長く読んで頂いているみなさんも少しずつ増えて来ました。

読者の方に伝えたいのは、考え方。

ヒント、と書いてますが、全ては視点なんですよね。

「こういう見方、考え方もありますよ」というだけの話、です。

それが技術の話だったり、戦術やメンタルの話になっているだけ。

ですので、書いていることはつながっているし、実は似たようなことも本当に多い。

全ては、考え方次第。

テニスは、考え方を変えれば一気に強くなる競技ですから。

 

2.メンタルが弱い人は、考え方が狭い

よく、サーブが入らないで負けてしまう人が試合後に言う話。

「メンタルが弱くて、ダブってばかりで辛い・・・」と。

確かに、見ているこっちが辛くなるような感じです、試合も。

こういう人は、考え方を変えれば強くなる。

ただ視野が狭い、考え方が狭いだけですから。

サーブに対して、「入れないといけない、それも厳しいコースに」と考えていたら、そりゃ追い込まれてしまいますよね。

サーブって何だろう、なんで2回打つチャンスがあるんだろう、と俯瞰して考えてみる。

そこから全ては始まると思います。

 

3.決めつけると、メンタルは弱くなる

「自分はメンタルが弱い」と決めつける人は、気付いていないだけで多いでしょう。

弱いと思ったら、本当に弱くなります。

メンタルが弱い、だから仕方ないんだと考えることも放棄してしまいがちですからね。

考え方を変えれば、メンタルが強い、弱いという話も越えていける。

自分で決めつけるから、先が無いだけの話だと私は思いますよ。

極端な話、サーブが弱いならリターンを頑張れば良い。

ダブルフォルトが嫌なら、絶対に入るファーストサーブをゆっくり打っても良い。

何なら、アンダーサーブだって良いじゃないですか。

メンタルが弱いんじゃなくて、考えてないだけ、でしょう。

 

4.自分を否定してばかりでは、強くなれない

メンタルが弱い自分を、責めても何も始まらない。

自分を否定してばかりでは、テニスも楽しく無いし上手くなるのは難しいでしょう。

考え方が狭いだけ、です。

それを知れば、強くなれる。

何も、自分を卑下する必要は無いんですよ。

ただ、考え方の幅を広げるには、自分からアクションを起こさないとダメ。

もっともっと、色々なテニスと情報、人に触れて、自分の頭を柔軟にしていかないと。

それも大事なテニスの実力、フットワークの力ですから。

 

考え方は狭い人は、自分を否定しがちです。

みなさん、テニスの試合に出ているというだけでも凄いことなんですから。

もっと楽に、柔軟な考え方でいきましょう。

人それぞれに道はある、だからテニスは楽しいし勝負が面白い。

メンタルが弱い人なんて、テニスの試合会場にはいません。

本当に弱い人は、テニスの試合に出ること自体、難しいはずですから。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. メンタル

    テニスの試合の中で、「最期の最期」は、自分の技術と決断力を信じよう

    テニスの試合の中で、いつも決断が求められる。実力が伴っていない…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合での逆転の常套手段、「相手の勝ちビビリ」を、絶対見逃すな!

    テニスの試合、逆転が起きるのは日常茶飯事。プロの試合でも一般、…

  3. テニス センス
  4. メンタル

    テニスの試合の後半が不安なのは、「アナタ自身が試合を創り上げていく気持ち」が無いからだ

    試合は序盤が大事、と何度も書いてきました。ですが、それと同じく…

  5. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合で「自分の緊張感をコントロールする」お勧めの方法5つ

    大事な試合、団体戦の2-2での1本、マッチポイントを握られた時・・・テ…

  6. テニス センス

    メンタル

    「こんな相手は嫌だ!」テニスの試合ではマナーを守りつつ、嫌がられることも大切

    試合の相手がこんなだったら嫌だ・・・って何?俺の場合は、う~ん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. その他

    「考えてテニスをすることは、楽である」という誤解
  2. テニス知識

    バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. テニス メンタル

    メンタル

    なぜテニスプレーヤーは、スランプに陥るのか?を考えてみる
  4. テニス スライス

    フットワーク

    身体を内側に向けることが出来ないと、テニスで必要な視野は身に付かない
  5. テニス フットワーク

    練習メニュー

    ポイント練習を、飛躍的に効率化する方法とは?
PAGE TOP