テニス サーブ

その他

「安全策や安定感は大事」だけど、長期的なテニスの視点では落とし穴になり兼ねない

このサイトでは、テニスはとにかく安定感が大切であり、それをどう保つかについてたくさん書いてきました。

実際に前よりもミスが減ってテニスが安定してきた、それでも勝てない・・・という声も、たくさん頂くのも事実。

「言ってること違うじゃん!」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、今回はあえて、このテーマで。

チャレンジすることは、長期的なテニスの視点において必ず必要です。

 

「安全策や安定感は大事」だけど、長期的なテニスの視点では落とし穴になり兼ねない

 


 

■1年後、3年後、5年後の自分をイメージしてみる

まだ学生の方で部活を頑張っている方は、なかなかイメージし辛いかも知れません。

テニスを続けているかも分からない・・・ということはさておき、どんなテニスでどんな試合ができるようになっているかを、イメージしてみて下さい。

きっとしっかりテニスを続けていれば、「変わっている部分」と「変わらない部分」があり、全体の技術がベースアップしているはず。

あとはどれだけ、「冒険」が出来るかだと思います。

■「冒険」した人が、最後は勝者になっていく

試合に勝ちたい、と誰もが強く思う。

それでも実際に試合で勝てるようになれるのは、ごく一部の一握りの選手でしかありません。

その枠を皆で競い合い、奪い合う為には、周りと同じことをしていたのでは難しい。

皆が「安全だ」と思う道は、みんなが歩いている。

だからこそ、ときには道をそれてみて、自分でしか観れないような景色に触れてみることが、違いを生む要素になります。

難しく考えなくても、すぐに行動に移せることは多いはず。

他競技にヒントを求める、練習環境を変えてみる、トレーニングを研究してみる、といった工夫をしたら、すぐに試合で試してみる。

冒険はこっそり陰でやるだけでは、意味がありません。

周りが「アイツ冒険してるな・・・」と思うくらいになって初めて、その価値があるのです。

 

■テニスを上達させる道は、きっともっと無限にある

取りとめのない文書になりましたが、一つお伝えしたいのは、アナタが上達していくテニスの道はきっともっと、無限に選択肢がある。

部活の中にいても、サークルの中にいても、出来ることはきともっとたくさんある。

試合に勝ちたいなら、周りと同じ練習をして安全策を取っていては結果は見えています。

高いモチベーションは、刺激を求めて外に出ていかないと醸成されません。

少しの試合で勝った負けた、出来る出来ないの悔しさを超える何かを、アナタ自身最近味わったかどうか。

今年一年、ぜひ振り返ってみて下さい。

 

私自身、中学からテニスを始めて高校に入学しましたが、テニスコートは無く顧問の先生も素人の方でした。

それでも一生懸命工夫し、人数が多いながらもできる範囲で切磋琢磨し、試合でもある程度の結果が出ていたのを思い出します。

しかし、そこには落とし穴が。

「出来る限り」のことしか、結局やっていなかったのです。

それでは壁を超えることなど、出来ませんよね。

自戒も込めて、アナタ自身、見つめ直して来年に繋げてもらえると、嬉しいです。

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で、「高い打点からしっかりストロークで攻撃していく為」に必要な4つの意識

    テニスの試合でのストローク力は、どれだけ「高い打点で打てるか」が重要な…

  2. その他

    YouTubeチャンネルを成長させる、たった2つのコツ

    今回は、私が運営しているYouTubeチャンネルについて。ま…

  3. テニス メンタル

    その他

    「やっぱりこの店が良い!」テニスのアフターで選ばれるお店のポイント5つ

    練習や試合も終わり、その後は・・・そう、酷使した身体に流し込むBEER…

  4. その他

    「コーチとの出会いに感謝」本当にテニスを強くなるのに必要なアドバイスとは?

    俺の今までのテニス人生は、色んな人からコーチしてもらって成り立っている…

  5. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で出来るだけリラックスする為には「スロートに手を添えてラケットヘッドを立てる」ことがポイ…

    ラケットを持って試合を続けていると、いつの間にか力が入って腕に疲労が溜…

  6. テニス セオリー

    その他

    万全でなくとも、試合に出ましょう

    冬の寒い時期、みなさんの中にも怪我に苦しんでいる方、多いと思います。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    現代のストロークのパワーの源は、「高い位置での速いテイクバック」から生まれる
  2. テニス リターン

    ストローク

    「ストロークでズルズル後ろに下がるアナタに、未来は無い!」くらいの危機感が必要な…
  3. ダブルス

    相手の浅いロブは、実はドロップボレーのチャンス
  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    オリンピックだけじゃない、週末のテニスコートにだって魔物は潜んでいる
  5. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスでセンスの良い前衛は、「後衛の状況」を後ろを見ないでも把握出来る
PAGE TOP