テニス

戦術

自信さえ奪ってしまえば、格上相手でも怖くない

今回のサッカーワールドカップを観ていて、感じること。

強い相手でも、これさえ出来れば、本当に弱者にチャンスがある。

強い選手、相手ほど、実はプレッシャーにさらされやすいですからね。

アナタ自身、どうやれば相手の自信を折れるのか。

試合前に、イメージして入ることが大事です。

自信さえ奪ってしまえば、格上相手でも怖くない

1.プレッシャーに弱いには、むしろ格上側

アナタ自身も、経験があると思います。

「負けられない試合、勝って当たり前」と思われている試合ほど、辛いものはない。

周りの目、が向けられるのは、常に格上選手です。

この選手が負ける、ということがあるんだろうか、と観客が見ているからプレッシャーになる。

テニスの試合でも、これは弱い側にとってチャンス、なんです。

2.自信を奪えば、スポーツは大きく試合が動き出す

「あれ?何か違うな・・・」という、小さい積み重ね。

これが、試合の後半に効いて来ます。

最初は小さいことでも、後半になると「本当に自分、大丈夫か・・・?」と感じるようになっていく。

ちょとしたショットに迷いが生じて、キレが無くなっていく。

いつの間にか、強い選手の側が弱い選手に合わせるような試合運びになってしまう、ことはテニスでもよくあります。

それくらい、「自信を奪う」って大事なんです。

相手に、自分を疑い出すように仕向けてみる。

そのために、何が出来るでしょうか?

3.まずは先手奇襲、が大前提

私もいつも、これをやります。

強い相手と試合をするなら、最初に動いて先手を打つ。

いつも通り、にはとにかくさせない。

ダブルスならポーチとストレートリターン、が8割くらい。

当然失点もしますが、気にしない。

大事なのは、相手に「何かやりにくいな、おかしいな」を積み重ねてもらうことですから。

序盤に奇襲をかけて、リズムを取らせない。

実はこれだけで、1セットマッチのテニスの試合なら、すごく勝つチャンスが出て来ると私は思っています。

シングルスの試合でも、同じです。

4.最後は「冷静さ」で勝負して、勝ち切る

3.を用いても、きっと勝負は終盤まで接戦でしょう。

こうなると、もう流れは弱い側、格上側は焦っている。

最後は、冷静になる。

相手が慌てている、必ずどこかに隙があることを信じて、よく見る。

考えれば、きっと効果的な攻撃はイメージ出来るはず。

「勝ちたい」という想いを持って、とにかく自分の頭を冷やすこと。

これが、格下選手の最後の仕事です。

強引に勝ちにいく、ようではまだまだ甘い。

だからこそ、最後に勝ち切るところまで、しっかりイメージしておきましょう。

格上選手との試合、を楽しむこと。

「やられるところ、見られるの恥ずかしいな・・・」と感じているうちは、まだまだですね。

プレッシャーをチャンスに変える、その準備はアナタ次第です。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. 戦術

    足し算から、引き算へ

    テニス歴が、長いみなさんへ。色々なことを経験し、吸収して来た…

  2. 戦術

    テニスにおける、状況判断のコツ

    テニスは、状況判断のスポーツ。これが理解出来ると、試合は一気…

  3. テニス 計算

    戦術

    ここぞという場面、「試合の中でペースアップさせていく」のは、ボールスピードのアップだと危険

    試合の中で、ここぞという場面、攻撃的にいきたい。特に4-4から…

  4. 戦術

    自信とは、自分で作り出していくもの

    長らく更新が止まっておりまして、失礼致しました。このお盆の期…

  5. 戦術

    テニスの試合、攻撃に大事な大前提について

    試合でなかなか、自分の攻撃が決まらない。それは、アナタ自身の技術不…

  6. テニス 打点

    戦術

    基本やセオリーを言い訳にする人は、テニスの試合というものを分かっていない

    テニススクールやクラブでしっかりテニスを習った人は、いわゆる「基本」は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 観察眼

    戦術

    「身体が覚えるまでやる」、とは理解するのと同義語
  2. テニス ストローク

    その他

    テニス部における良いキャプテンの要素は、「チームの課題を創り出せる人」です
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    〇〇が出来るようになれれば、テニスは各段に上のレベルにいける
  4. テニス フットワーク

    戦術

    予測が当たったら攻勢に出ること、を忘れないように
  5. その他

    「一年生はボール拾いとランニング」のテニス部に未来は無い
PAGE TOP