テニス

戦術

自信さえ奪ってしまえば、格上相手でも怖くない

目次

今回のサッカーワールドカップを観ていて、感じること。

強い相手でも、これさえ出来れば、本当に弱者にチャンスがある。

強い選手、相手ほど、実はプレッシャーにさらされやすいですからね。

アナタ自身、どうやれば相手の自信を折れるのか。

試合前に、イメージして入ることが大事です。

自信さえ奪ってしまえば、格上相手でも怖くない

1.プレッシャーに弱いには、むしろ格上側

アナタ自身も、経験があると思います。

「負けられない試合、勝って当たり前」と思われている試合ほど、辛いものはない。

周りの目、が向けられるのは、常に格上選手です。

この選手が負ける、ということがあるんだろうか、と観客が見ているからプレッシャーになる。

テニスの試合でも、これは弱い側にとってチャンス、なんです。

2.自信を奪えば、スポーツは大きく試合が動き出す

「あれ?何か違うな・・・」という、小さい積み重ね。

これが、試合の後半に効いて来ます。

最初は小さいことでも、後半になると「本当に自分、大丈夫か・・・?」と感じるようになっていく。

ちょとしたショットに迷いが生じて、キレが無くなっていく。

いつの間にか、強い選手の側が弱い選手に合わせるような試合運びになってしまう、ことはテニスでもよくあります。

それくらい、「自信を奪う」って大事なんです。

相手に、自分を疑い出すように仕向けてみる。

そのために、何が出来るでしょうか?

3.まずは先手奇襲、が大前提

私もいつも、これをやります。

強い相手と試合をするなら、最初に動いて先手を打つ。

いつも通り、にはとにかくさせない。

ダブルスならポーチとストレートリターン、が8割くらい。

当然失点もしますが、気にしない。

大事なのは、相手に「何かやりにくいな、おかしいな」を積み重ねてもらうことですから。

序盤に奇襲をかけて、リズムを取らせない。

実はこれだけで、1セットマッチのテニスの試合なら、すごく勝つチャンスが出て来ると私は思っています。

シングルスの試合でも、同じです。

4.最後は「冷静さ」で勝負して、勝ち切る

3.を用いても、きっと勝負は終盤まで接戦でしょう。

こうなると、もう流れは弱い側、格上側は焦っている。

最後は、冷静になる。

相手が慌てている、必ずどこかに隙があることを信じて、よく見る。

考えれば、きっと効果的な攻撃はイメージ出来るはず。

「勝ちたい」という想いを持って、とにかく自分の頭を冷やすこと。

これが、格下選手の最後の仕事です。

強引に勝ちにいく、ようではまだまだ甘い。

だからこそ、最後に勝ち切るところまで、しっかりイメージしておきましょう。

格上選手との試合、を楽しむこと。

「やられるところ、見られるの恥ずかしいな・・・」と感じているうちは、まだまだですね。

プレッシャーをチャンスに変える、その準備はアナタ次第です。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. 40歳からポリストリングにする、という選択肢を
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない

    自分のミスが増えるとき。皆さんは、どんな時ですか?それ…

  2. 戦術

    綺麗でないポイントにこそ、本質がある

    自分のテニスの、本質的な部分。これに気付けるかどうか、がこれ…

  3. テニス 陸上

    戦術

    楽して勝つのが許せない、という人は生涯トーナメントを勝ち抜けない

    先日、こんなご意見を頂きました。「サイトをいつも拝見しています…

  4. 戦術

    教科書テニスでは、この先もずっと3回戦止まり

    綺麗なテニスなのに、試合に勝てない人。みなさんの周りにも、いま…

  5. 戦術

    「自分と試合やるの、やだろうな」

    と、いかに相手に思ってもらうかどうか。自分自身にも、暗示をか…

  6. テニス 環境

    戦術

    自分が「ストローカーなのか?」「ボレーヤーなのか?」に、答えを出さなくても良い

    自分のプレースタイル、に軸を持つことは大事。私自身、試合ではボ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス フットワーク

    サーブ

    サービスゲームの基本、「サーブを打つ前に、相手リターンの位置」は必ず確認しよう
  2. テニス メンタル

    テニス知識

    テニスの試合の現場で使えない知識や経験は、意味が無い
  3. ストローク

    「まずは、ここから。」テニスの試合で使えるストロークの精度を高めるには順序が
  4. テニス 大学

    日々の雑記

    挫折を経験出来ることこそ、テニス選手の魅力
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打った後の着地足は、「基本は前足着地」を意識してしっかりジャンプしてみよ…
PAGE TOP