戦術

「これが上達の証」テニスの試合で安定感を身に付ける為に、上達していくフェーズがある

皆、テニス上手になりたいでしょ?

でも、上手になるってどういうことかな。

勝てるようなテニスになるってどういうことかな?

 

「これが上達の証」テニスの試合で安定感を身に付ける為に、上達していくフェーズがある

 


 

パワーとか戦術面、精神面、体力や判断力や観察力と色んな要素がテニスの上達には必要だけど、やっぱり基本として打つ技術って避けて通れないよね。

では技術が上達するってどういうこと?

俺の中では何を感じるとショットの技術が上達したって思うかと言うと、「コンパクトに打てるようになった」って感じた時なんだよ。

もちろん見た目に美しいフォームになったり、速いショットが打てるようになったり、コントロールが良くなったりすることも上達したことになるんだけど、とにかく全てを集約させると「コンパクトに打てるようになった」ってことになるんだ。

 

それが一番上達出来たかどうかの目安になっていった

じゃあコンパクトにラケットを振れるテニスってどういう事かと言うと、

まずは腕力に頼ってないということ。

効率良く、踏み込む勢いや相手のパワーを利用していると言える。

それから左右前後に動かされた時や、チャンスで一気に前へ詰めた時なんかに走りながらプレーするんだけど、その時コンパクトだとステップと合わせやすいということもコンパクトスィングの大きなメリット。

他に、コンパクトなスィングは相手にコースを読まれにくいし、急なコース変更もしやすくなるでしょ?

振る範囲が狭いから、当然振り遅れやスィートスポットを外すことも少なくなるわけだ。

だからミスが少なく安定した打ち方ってことになる。

ただね、コンパクトに打てるような技術が身に付いたって感じても実際はスィングの大きさ、そんなにコンパクトじゃないんだよね。

むしろ傍から見ると、気持ちよくしっかり大きく振り抜いている感じかも。

でもその大きく振り抜いたスィングの中でも、丁度ラケットがボールを打つ一番重要な瞬間、ここに凄く集中出来ていて、なんだかボールを「チョン」って軽く打ったような感じに思えるんだよ。

ボレーもサーブもスマッシュも、この瞬間的な「チョン」って感じが技術の上達と共に感じられるようになってきて、自分の中ではそれが「コンパクトに打てるようになった」って思うのだ。
 



 

テニスはサーブ、ストローク、ボレー、スマッシュと、色んなショットを覚えないといけない

それぞれ打ち方もグリップも違うこれらのショットを、全てマスターするのは難しい。

でも「ラケットでボールを打つ」ということは全て共通している。

それぞれのフォーム全体に気を付けることもある程度必要なんだけど、一番大事な打点付近のラケットとボールの関係を正確に演出するためにも、「コンパクトに打つ」って意識は是非とも持ってもらいたいし、コンパクトに打てた感覚が得られたらそれがショットの上達した目安と言えると思うよ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス 調子

    戦術

    テニスの試合で調子が良いときこそ気を付けたい、「得意なショットとコース」に固執すること

    自分の調子が良い・・・ときに試合に勝てる、と限らないのがテニス。…

  2. テニス スポーツ

    戦術

    負けている時は、焦るな、もがくな

    試合が進んでいけば、勝敗が見えて来る。テニスの試合には、必ず…

  3. テニス 並行陣

    戦術

    試合後半で相手が攻め急いでるときは、体力切れを起こしている可能性大

    試合の後半、疲れてきても・・・・ぜひ、冷静に相手を見て欲しい。…

  4. テニス メンタル

    戦術

    攻略出来ない相手の武器は、諦めることも大事

    テニスの試合で、どうしようも無い時、はあります。例えば、サーブ…

  5. テニス ボレー

    戦術

    サービスダッシュして「ガッツリ足元に沈められてる」のなら、一度雁行陣で対応しよう

    自分の美学を貫くこと。すごく美しいようですが、試合の中ではそれ…

  6. テニス ダブルス

    戦術

    「つなぎのボールの精度」を上げないと、そもそも強い相手には粘れない

    強い相手に、粘って試合を進める。何とか接戦に持ち込めば、試合の…

特集記事

  1. テニス コントロール

    ストローク

    相手のストロークに押されやすい人は、「漠然と待たずに、適度な予測」が出来るように…
  2. ストローク

    バックハンドストロークも、攻撃的に打ちたいなら・・・?
  3. テニス サーブ

    サーブ

    攻撃力の高いサーブを打ちたければ、コート内に着地しよう
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの基本である「斜め前に踏み込みながらボレー」を実践して、守備範囲を拡…
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    片脚が少しだけ浮いている状態、の方がボレーは打ちやすい
PAGE TOP