戦術

「これが上達の証」テニスの試合で安定感を身に付ける為に、上達していくフェーズがある

皆、テニス上手になりたいでしょ?

でも、上手になるってどういうことかな。

勝てるようなテニスになるってどういうことかな?

 

「これが上達の証」テニスの試合で安定感を身に付ける為に、上達していくフェーズがある

 


 

パワーとか戦術面、精神面、体力や判断力や観察力と色んな要素がテニスの上達には必要だけど、やっぱり基本として打つ技術って避けて通れないよね。

では技術が上達するってどういうこと?

俺の中では何を感じるとショットの技術が上達したって思うかと言うと、「コンパクトに打てるようになった」って感じた時なんだよ。

もちろん見た目に美しいフォームになったり、速いショットが打てるようになったり、コントロールが良くなったりすることも上達したことになるんだけど、とにかく全てを集約させると「コンパクトに打てるようになった」ってことになるんだ。

 

それが一番上達出来たかどうかの目安になっていった

じゃあコンパクトにラケットを振れるテニスってどういう事かと言うと、

まずは腕力に頼ってないということ。

効率良く、踏み込む勢いや相手のパワーを利用していると言える。

それから左右前後に動かされた時や、チャンスで一気に前へ詰めた時なんかに走りながらプレーするんだけど、その時コンパクトだとステップと合わせやすいということもコンパクトスィングの大きなメリット。

他に、コンパクトなスィングは相手にコースを読まれにくいし、急なコース変更もしやすくなるでしょ?

振る範囲が狭いから、当然振り遅れやスィートスポットを外すことも少なくなるわけだ。

だからミスが少なく安定した打ち方ってことになる。

ただね、コンパクトに打てるような技術が身に付いたって感じても実際はスィングの大きさ、そんなにコンパクトじゃないんだよね。

むしろ傍から見ると、気持ちよくしっかり大きく振り抜いている感じかも。

でもその大きく振り抜いたスィングの中でも、丁度ラケットがボールを打つ一番重要な瞬間、ここに凄く集中出来ていて、なんだかボールを「チョン」って軽く打ったような感じに思えるんだよ。

ボレーもサーブもスマッシュも、この瞬間的な「チョン」って感じが技術の上達と共に感じられるようになってきて、自分の中ではそれが「コンパクトに打てるようになった」って思うのだ。
 



 

テニスはサーブ、ストローク、ボレー、スマッシュと、色んなショットを覚えないといけない

それぞれ打ち方もグリップも違うこれらのショットを、全てマスターするのは難しい。

でも「ラケットでボールを打つ」ということは全て共通している。

それぞれのフォーム全体に気を付けることもある程度必要なんだけど、一番大事な打点付近のラケットとボールの関係を正確に演出するためにも、「コンパクトに打つ」って意識は是非とも持ってもらいたいし、コンパクトに打てた感覚が得られたらそれがショットの上達した目安と言えると思うよ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    試合が相手の流れで進んでいるときに必要な、試合のテンポを遅くする技5つ

    試合のテンポを、遅くする。もしかしたら、この技術、戦術があれば…

  2. テニス チャンス

    戦術

    試合中の自分のリードは、守るんじゃなくて投資に使う

    試合のリードが、後半になると守れない。こういう負け癖…

  3. テニス 客観視

    戦術

    テニス選手には、見た目とショットスピードが比例しない選手もたくさんいる

    「この選手、見た目と全然違うな・・・」という印象を持つケース、…

  4. 戦術

    攻守の集中力、逆にしてみない?

    試合に勝てる人は、守備が上手い。反応も良いし、攻撃するのが嫌に…

  5. テニス 打点

    戦術

    プレーの選択肢が少ないから、試合で追い込まれていく

    試合で自分のプレーをする、相手を倒す。そんなシナリオがキレイ…

  6. 戦術

    「テニスの数え方」試合の中でどう戦うかをスコアの中で考えてみる

    テニスのスコアの数え方って面白い。スーパーショットでポイント取…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合とは、「決して何か特別なことをする場では無い」ことだけ、覚えておいて…
  2. テニス ダブルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で最初に実践したい「バックハンドを攻める」基本戦術を確認…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンのストロークが苦手な人は、打ち終わりの肘の位置が低い人が多い
  4. テニス ロブ

    練習メニュー

    テニスコートを効率良く使って行う、「2対1のボレー対ストローク」の練習メニュー
  5. テニス ストローク

    戦術

    コースを狙うショットは、全て回転をかけて打てるようになろう
PAGE TOP