テニス知識

テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

私が学生の頃、もう15年くらい前の話ですが、とにかく「プロテイン」が美味しくなかった。

トレーニングをしてみんなで摂取、となっても、ただでさえ牛乳が苦手だった私にとってそれは苦痛でしかありませんでした。

水で粉末のプロテインを溶こうにも、まずなかなか混ざらない。

今でもなかなか、混ざり辛い粉末系のプロテインやドリンク商材、ありますよね。

そんな不便を解消してくれるのが、ブレンダーボトル、です。

 

テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

 

1.ブレンダーボトルとは?

簡単に言えば、混ざりやすいように工夫がしてあるボトル、ですね。

泡だて器の先っぽのような器具、がボトルの中にあるだけで、粉末状のプロテインもかなり混ざりやすくなっています。

スポーツドリンク、を自分好みの濃さに溶いて飲む時にもお勧めです!

Sundesa のブレンダーボトルは大容量で、テニスの試合のドリンク準備にも最適。

出典:amazon

デザインも豊富で、選ぶだけでも楽しいですよ。

何より、これから暑い夏ですから、大き目の容器でたっぷり飲めるのがポイント。

プロテイン摂取だけじゃなく、日々の練習でも重宝すること間違い無しです。

 

2.オリジナルドリンク、作ってみない?

私は現役時代、勝手にオリジナルドリンクを作ってました。

縁起を担ぐ意味でも、自分で作ったドリンクを飲んで、自信を付けたかったんですよね。

ポカリ+グレープフルールジュース+ハチミツ を混ぜて、夏は水で薄めて飲むだけ。

ハチミツを入れることで頭の中に当分が捕球されて、すごく頭がスッキリしたような気がしたのを覚えています。

ブレンダーボトルがあると、混ざりにくいモノでも上手くドリンクに入れることが出来るので、オリジナルドリンク作りにはピッタリですね。

 

3.大容量ボトルで、夏の試合に耐えられる身体作りを

とにかく、トレーニングって辛いじゃないですか。

だかこそ、ちょっとした小物は自分の好きなもの、テンションが上がるボトルを用意したい。

それも、大容量で・・・となると、やっぱりSundesaのボトルでしょう。

出典:amazon

32オンスはほぼ1リットルに近い量。

人口工学に基づいた構造で出来たボトルは、疲れていても持ちやすく飲みやすい、まさにアスリート仕様です。

ぜひ、この夏は良質なプロテインと暑さ対策のドリンク、で強いテニスプレイヤーを目指していきましょう!

 

 

一緒に購入するならコチラ↓

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス知識

    「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

    先週まで暑かったかと思ったら、今週は雨も多く肌寒い天気が続きますよね。…

  2. テニス 試合

    テニス知識

    セルフジャッジが中途半端な人は、いつも試合中にもめてばかり

    昨日まで、私も草トーの大会に出場してました・・・が、やっぱりもめている…

  3. 食事

    テニス知識

    テニスの試合前に、「飲まない・食べない方が良いモノ」5つ

    暑い時期の試合、食欲も無くてどうしよう・・・と思いながら、試合会場へ。…

  4. テニス知識

    テニスのガットに、求めるモノについて

    みなさんは、普段どんなガットを張ってますか?私は最近、約5年…

  5. テニス サポーター

    テニス知識

    テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

    テニス選手にとって、試合で使えるフットワークは不可欠。でも、足…

  6. テニス サーブ

    テニス知識

    スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

    スピンサーブは、「屈強な男性が打つサーブ」というのが、一昔前のテニスで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス リターン

    シングルス

    シングルスには、前衛がいないという事実
  2. テニス 戦術

    ダブルス

    並行陣の基本は深いボレー、という落とし穴に気付かないと
  3. 戦術

    試合で使える戦術は、「攻撃は守備的に、守備は攻撃的に」がキーワード
  4. テニス ボレー

    ストローク

    テニスのストロークでネットミスが多い人は、「打点から下方向に飛ばないように」する…
  5. テニス ストローク

    ボレー

    ネットプレーで必要な、「スピン回転で沈んでくるボール」を、なぜスライスでボレーす…
PAGE TOP