テニス 持ち物

テニス知識

「テニスの遠征・合宿に持っていくのに、忘れがちなアレ」をまとめてみました

テニスに遠征は付きモノ。

部活では合宿もありますよね。

私の経験上、気を付けていてもどうしても忘れやすいもの・・・まとめてみました。

普段の旅行とあまり変わりませんが、テニスの荷物はどうしても多くなってしまうので、忘れ物も多くがち。

試合や練習に落ち込んで参加、とならないように気を付けたいですね。

 

「テニスの遠征・合宿に持っていくのに、忘れがちなアレ」をまとめてみました

 


 

1.身体を洗うボディタオル

意外と忘れがちで、無いと大変なことになります。

借りる訳にもいかない代物なので、しっかり準備しましょう。

テニス用に2~3枚買っておいても良いと思います。

 

2.洗顔料

遠征先のお風呂には、洗顔料は無いと思って用意しましょう。

シャンプーやボディーソープも、自分が普段使っているものが用意できればベスト。

お肌が弱い人は、細かいケアが必要です。

 

3.充電器

スマートフォンや動画撮影のビデオ、たくさん充電するものがあるはずです。

これもお勧めは、テニス用に買ってバッグに入れてしまうこと。

普段の家で使っているものとは別で用意しておくと、確実です。

 

4.シェーバー、美容道具

身だしなみを整えてこその、テニス選手です。

よく大会や合宿でヒゲが伸び続けている男性がいますが、一緒にいて恥ずかしいことも。

これは遠征先とかそういう話ではなく、普段から意識を高く持って清潔感を保ちましょう。

 

5.下着とソックス

忘れる、というよりも足りなくなるケースもあります。

宿舎で洗濯できる場合もありますが、できなくても事足りる量は持っていくようにしましょう。

そして使用後の衣類を入れる、ランドリーバッグもお忘れなく。

 

6.筆記用具

テニスノート、遠征先には必須です。

その為にもしっかりと筆記用具を準備しましょう。

常に自分の近くに、ペンは置いておくこと。

鮮度の高い情報は、書くチャンスを逃すとどんどん質が落ちていきます。

 

7.テニスシューズ

まさか・・・と思っても、忘れる人が意外と多い。

シューズケースの中に入っているのが、いつものテニスシューズかどうかも確認しましょう。

 

改めて、という感じでしたが、皆さんも各自でチェックリストを作ってみて下さい。

テニスが上達すれば、こういった合宿や遠征の機会が増えます。

テニスに集中する為にも、忘れ物でメンタルが落ちることが無いようにしたいですね。

この秋もテニス、頑張りましょう!

■荷物が多い方は、バッグにこれくらいのボリュームが欲しいですね

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス 練習

    テニス知識

    テニスの試合、大会に必要な危機管理項目7つ

    試合の前の準備、どこまで想像力を拡げて考えられるか。それが、準…

  2. テニス ダブルス

    テニス知識

    テニスの試合でありがちな、「デュース有りとノーアドバンテージ形式を間違えた」ときには?

    草トーナメントの試合では、進行を速くする為に「ノーアドバンテージ形式」…

  3. 筋トレ

    テニス知識

    体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?

    学生時代は筋トレやってたけど、最近はめっきり・・・。でもジムに…

  4. テニス知識

    「テニスコーチング研究部」始めます!

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。このT-PRE…

  5. テニス 調子

    テニス知識

    相手が不利なジャッジほど、目を見てしっかり伝えよう

    テニスの試合のセルフジャッジ、みなさんもう一度確認しておきましょう。…

  6. テニス タオル

    テニス知識

    男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

    頂いたアンケートを拝見していて、感じたこと。意外と、「シングル…

特集記事

  1. テニス チャンス

    戦術

    4ゲーム1セット、3セットマッチをやってみよう
  2. ストローク

    「スライスは伸びが命」テニスの試合で使える抑えの効いたスライスを覚えよう
  3. ストローク

    両手バックハンドを捨てたからこそ、今の片手バックハンドがあると思う
  4. テニス 体力

    戦術

    試合前のウォーミングアップでは、「1ゲーム目、1ポイントから全開」を成功イメージ…
  5. メンタル

    「全部取ろう」、「全部入れよう」とするから、試合で自分を苦しめてしまう
PAGE TOP