テニス ストローク

ストローク

シングルスの試合で「ダウンザラインのストロークが決まらない・・・」と悩む人は見直したい、ストローク4つのポイント

シングルスの試合では、「ダウンザライン」のストロークでエースを獲りたい!

と考えている選手の方、実際に試合で打ててポイントにつなげられていますか?

焦って展開しても、自滅してしまうこのショット。

気を付けるポイントを押さえて、試合で積極的に使っていきましょう。

 

シングルスの試合で「ダウンザラインのストロークが決まらない・・・」と悩む人は見直したい、ストローク4つのポイント

 


 

1.対戦相手に「読まれている」可能性を探ってみる

アナタ自身が、ストロークの配球をどう意識されているか。

シングルスの試合では、「ストレートにどんどん展開するタイプ」「クロスでしっかりチャンスを待つタイプ」に大きく分けられます。

相手がどういう心理で、自分のストレートへの展開を待っているか。

待ち構えているところに打っても、決まらないだけでなく反撃を喰らいます。

序盤にどういう意識付けを相手に対してできるか、考えて見ましょう。

 

2.打点を落としていると、決まらないうえにネットするリスクが高い

ストレートのダウンザラインは、ネットの高い箇所を通します。

シングルスポールも立っていますので、ネットの高さに対するリスクは充分に把握しておきましょう。

弾道を高くすること、そして何よりも打点を落とさないことが一番大切です。

プロ選手でも、ストレートに展開するのは圧倒的に早いライジングのタイミング。

コートの中に積極的に入っていって、ボールを捕えるリズムを意識しましょう。

 

3.深いボールでなければ、バウンド後の失速で相手に追い付かれる

ダウンザラインは深く打ちたい。

でなければ、バウンド後にボールが失速して相手が届いて反撃してきます。

オムニコートでは、特にこの失速が激しいのが特徴です。

深いボールを打つには、回転量が不可欠。

フラットショットもある程度チャンスでは必要ですが、深い狙いがアウトしてしまうことも多いので、ベースライン付近からはリスクが高い。

トップスピンでベースライン際にストンと落ちるようなイメージを、練習から意識しましょう。

 

4.軌道がストレートに近い軌道かどうか、クロス気味に内側に入っていっていないか

試合で勝ち進む、上位選手のダウンザラインの軌道は美しい。

なぜ美しいかというと、本当にサイドラインに沿って真っすぐ飛んでいくからです。

試合で勝てない選手は、まだクロス気味にボールが内側に入っていく。

この少しの角度の差が、そのままテニスの実力差になってしまうのです。

軌道の質には、徹底してこだわりましょう。

 

フォアハンドでもバックハンドでも、クロスからコースを変更するダウンザラインは非常に難しい。

テニスでも、上級者ですらミスしてしまう難易度の高いショットです。

緊張感のある試合で展開する、打ち抜いていく、というのはかなりの勇気がいります。

普段の練習から、その質と成功確率に対してシビアになりましょう。

そして大事なポイントで、どんどん展開していけるようになれば、結果もおのずと付いてくるはずです!

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. + POWER CUP について
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス ロブ
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットのコントロールは、「しっかり縦のスウィング」で

    テニスにおけるライジングショットは、まさに中級者から上級者への階段。…

  3. テニス 準備

    ストローク

    「ドロップショットは前に追いかけながら返球イメージ」をしっかり判断して展開していくことが大切です

    シングルスでも、ダブルスの雁行陣でも「前」は大きな穴になりかねません。…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「片手バックハンド」と「両手バックハンド」のそれぞれの弱点は・・・?

    相手のバックハンドを狙うことは、テニスの試合では大事なポイント。…

  5. ストローク

    スライスが苦手な人は、「ボールが当たる場所、解放していく」場所を作ってみよう

    スライス回転、ストロークでしっかりかかっていますか?「俺はスピ…

  6. テニス フットワーク

特集記事

  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    前衛がラケットで触れば勝ち、のゲーム形式をやってみよう!
  2. テニス ストローク

    リターン

    両手バックハンドのリターンが安定しない人は、「後ろ側の腕の脇」を締めて打つ
  3. ストローク

    ボレーヤーに向かってストロークを打ち込む、ことを恐れてはいけない
  4. サーブ

    テニスの実力差、が一番出る数値
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合、「失点か得点」の2種類しかないという事実
PAGE TOP