テニス ストローク

ストローク

シングルスの試合で「ダウンザラインのストロークが決まらない・・・」と悩む人は見直したい、ストローク4つのポイント

シングルスの試合では、「ダウンザライン」のストロークでエースを獲りたい!

と考えている選手の方、実際に試合で打ててポイントにつなげられていますか?

焦って展開しても、自滅してしまうこのショット。

気を付けるポイントを押さえて、試合で積極的に使っていきましょう。

 

シングルスの試合で「ダウンザラインのストロークが決まらない・・・」と悩む人は見直したい、ストローク4つのポイント

 


 

1.対戦相手に「読まれている」可能性を探ってみる

アナタ自身が、ストロークの配球をどう意識されているか。

シングルスの試合では、「ストレートにどんどん展開するタイプ」「クロスでしっかりチャンスを待つタイプ」に大きく分けられます。

相手がどういう心理で、自分のストレートへの展開を待っているか。

待ち構えているところに打っても、決まらないだけでなく反撃を喰らいます。

序盤にどういう意識付けを相手に対してできるか、考えて見ましょう。

 

2.打点を落としていると、決まらないうえにネットするリスクが高い

ストレートのダウンザラインは、ネットの高い箇所を通します。

シングルスポールも立っていますので、ネットの高さに対するリスクは充分に把握しておきましょう。

弾道を高くすること、そして何よりも打点を落とさないことが一番大切です。

プロ選手でも、ストレートに展開するのは圧倒的に早いライジングのタイミング。

コートの中に積極的に入っていって、ボールを捕えるリズムを意識しましょう。

 

3.深いボールでなければ、バウンド後の失速で相手に追い付かれる

ダウンザラインは深く打ちたい。

でなければ、バウンド後にボールが失速して相手が届いて反撃してきます。

オムニコートでは、特にこの失速が激しいのが特徴です。

深いボールを打つには、回転量が不可欠。

フラットショットもある程度チャンスでは必要ですが、深い狙いがアウトしてしまうことも多いので、ベースライン付近からはリスクが高い。

トップスピンでベースライン際にストンと落ちるようなイメージを、練習から意識しましょう。

 

4.軌道がストレートに近い軌道かどうか、クロス気味に内側に入っていっていないか

試合で勝ち進む、上位選手のダウンザラインの軌道は美しい。

なぜ美しいかというと、本当にサイドラインに沿って真っすぐ飛んでいくからです。

試合で勝てない選手は、まだクロス気味にボールが内側に入っていく。

この少しの角度の差が、そのままテニスの実力差になってしまうのです。

軌道の質には、徹底してこだわりましょう。

 

フォアハンドでもバックハンドでも、クロスからコースを変更するダウンザラインは非常に難しい。

テニスでも、上級者ですらミスしてしまう難易度の高いショットです。

緊張感のある試合で展開する、打ち抜いていく、というのはかなりの勇気がいります。

普段の練習から、その質と成功確率に対してシビアになりましょう。

そして大事なポイントで、どんどん展開していけるようになれば、結果もおのずと付いてくるはずです!

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    スライスショットの返球の基本、バウンド地点に近付くことを徹底しよう

    テニスの試合やスクールのレベル分け、において、一つの目安になるもの。…

  2. テニス 構え

    ストローク

    「思いつき」でショットが打てますか?テニスの試合でのショット選択について確認しよう

    練習の時に、コートに一つターゲットを置き、ボール出しでそこへ狙って当て…

  3. ストローク

    テニスの試合で、「チェンジオブペース、よく分からない…」という人は、攻撃できる場面での選択肢を増やし…

    ベイビーステップの主人公、栄ちゃんの影響で、テニスにおける「チェンジオ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップ系のミスは、試合で一切気にしなくて良い

    試合の中で、気にしなくて良いミス。それの代表作は、まさにコレで…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テイクバックが大きい相手選手には、「準備不足」に陥れよう

    試合の中で、相手のどこを観察するか。私ならまず、「テイクバック…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    自分のストロークのテイクバックを、鏡で観てチェックしたい5つのポイント

    自分のストローク、動画で観ることをお勧め・・・してるんですが、実際は難…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ミドルボレーの安定感アップには、フォロースルーの高さと短さが必要
  2. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの長短の使い分けを、ミス無く打つ方法とは?
  3. テニス スライス

    ストローク

    スライスショットを身に付ければ、「同じフォームから3種類のショット」を繰り出せま…
  4. テニス 目

    戦術

    テニスが上手い選手は、試合中に常に何かを狙っている
  5. テニス 調子

    その他

    暗くてボールが見えない、ときに堅実にプレーするコツ4つ
PAGE TOP