テニス知識

これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

先週末、私自身テニスの予定でしたが残念ながら雨。

そして今週末も、どうやら関東は雨模様・・・もう、テニスが出来ないでモヤモヤする日が続きますよね。

これからは、まさに梅雨の時期。

テニス選手にとって、雨への対策ってとても大事だと思います。

 

これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

 

1.試合会場へは、基本行くのがテニスの試合

大会に出ている方なら、きっと経験あると思います。

朝から雨でも、とにかく試合会場には行かないといけない。

そうじゃないと、棄権になって順延したとしても出れない・・・なんて理不尽なケース、よくありますよね。

そう、とにかく大雨でも大きなラケットバッグを背負って会場にいかないといけない、のがテニスプレイヤーの宿命でもあります。

 

2.試合会場なら屋根もあるけど・・・

試合会場に着いてしまえば、屋根もあるし何とかなる。

それに、私は学生時代は大きなビニールのごみ袋、を雨避けに使ってました。

まぁ、当時は見た目もあまり気にしてませんでしたが・・・。

でも、雨対策でやっぱり便利なのはラケバ専用のレインカバー、ですね。

 

出典:amazon

このヨネックス製のレインカバーなら、6本入りのバッグから9本入りのトーナメントモデルのバッグまで、幅広くカバー出来ます。

スポッとはめることが出来て、そのまま背負えるので便利です。

出典:ウィンザーラケットショップ

 

雨で傘をさしていても、背中のラケバはびしょ濡れ、なんてことも無いでしょう。

そもそも、ラケットやガットって水に弱いですからね。

しっかりケアしておかないと、雨が止んで試合開始・・・となったときに、困ることにもなりますよ。

 

3.使わない時はコンパクトになるのが便利

いつも折り畳み傘を持ち歩くように、コンパクトになるのが魅力。

小さくしてバッグに入れておけば、急な雨でも心配無いですよね。

出典:amazon

とにかく、テニスって雨の中でもオムニコートで試合強行なんてケースも多いですからね。

そんな時にも、このケースをスポッと被せておけば、安心してプレー出来ますしね。

雨の中での試合中、自分のベンチが気になるなんて嫌じゃないですか。

だったらこれ、有りですよ。

 

金額は約2,500円と、普通のソフトケースより少し高いくらい。

黒にライムグリーン、というシンプルなデザインも良いですよね。

だったら、私は1つはこれを持っておくこと、お勧めします!

 

 

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス知識

    【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

    今回の企画は、テニス専門のプロトレーナーとして活躍する、村上弘平さん…

  2. テニス 日焼け止め

    テニス知識

    塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

    毎年の夏のお悩み、といえば・・・日焼け、ですよね。女性の方であ…

  3. テニス ガット

    テニス知識

    学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

    今回も、私の独断と偏見、そして使ってみた感じでレビューさせて頂きます。…

  4. テニス知識

    【プロが教える】自宅で出来る!テニストレーニング Vol.1

    今回、YouTubeチャンネルでも色々とご一緒させて頂いている村上ト…

  5. テニス知識

    大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

    日々、テニスの試合をイメージしながらトレーニングすること。なか…

  6. テニス サーブ

    テニス知識

    スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

    スピンサーブは、「屈強な男性が打つサーブ」というのが、一昔前のテニスで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 戦術

    リターン

    ボディへの深いサーブは、「身体を逃がしながら顔を残す」だけで楽に返ります
  2. テニス メンタル

    その他

    「技術の前に体力作り」テニス以外のスポーツでも身に付けることができる体力の重要性…
  3. 戦術

    綺麗でないポイントにこそ、本質がある
  4. テニス

    戦術

    太った対戦相手は、遠慮無く前後に走らせよう
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    そもそもダブルスの前衛に必要なモノって、何だろう?
PAGE TOP