テニス サーブ

サーブ

相手に読まれにくいサーブ、ってどんなサーブだろう?

錦織選手の試合、惜しかったですね・・・。

改めて感じたのは、「サーブのコースを予測して、踏み込んでいくリターン」は脅威だということ。

そう考えると、皆さんの試合でも、この意識は大事でしょう。

サーブを読まれにくくする、その工夫はどんなレベルの選手にも必要な要素です。

 

相手に読まれにくいサーブ、ってどんなサーブだろう?

 


 

1.「入れるので精一杯」から、脱却しよう!

こういう話になると、逃げる方が多い。

「自分のサーブは、入れば良いんです!」と言ってる方、多いですよね。

ハッキリ言って、そんな感じだと「安定して入るようにすら」ならないでしょう。

もっと先、相手に読ませない試合で使えるリターンを目指すからこそ、安定して入るようなレベルを通過していく。

それに、試合に出ている選手なら分かるはず。

入れるだけのサーブなんて、試合で叩かれて終わり、ですよ。

 

2.読まれないようにするには、最低限のコースの打ち分けから

相手に読まれる、予測されて踏み込まれてリターンで攻撃される、最大の要因は何か。

それは、「この選手は、このコースしかセカンドは打てない」という感覚で、相手に待たれてしまうから。

私もそうです。

特にセカンドサーブは、打てるコースが限られるのが中級レベル。

アナタ自身、回転量を増やして遅くする、でも打つコースは散らすことが出来るようにならないと、試合でどんどん踏み込まれる。

コースを読まれにくいサーブとは、打つ側が意図を持ったサーブ。

甘くても良い、「ここを狙ったんだな」と分かるサーブ、が結果的にコースが散って相手は読み辛いのです。

 

3.セカンドサーブ、振り切ってコースを狙ってみよう

何も、ライン際を狙う訳では無い。

センター、ワイド、ボディ、この3種類。

ある程度甘くて良いので、セカンドサーブでどう打ち分けていくのかを自分で考えてみる。

スライス、スピン、この2種類の球種で、デュースサイドとアドサイド、コースごとに自分で決めてみましょう。

私なら、センターはスライスサーブ、ワイドにはスピンでセカンドサーブはしっかり振って入れていく。

この意図、さえ伝われば、相手はそう踏み込んで攻撃的にはなれないはずです。

 

サーブに、しっかり意図を持つこと。

その後に、レベルが追い付いてきます。

苦手意識、克服する為には技術を磨くしかないんです。

読んですぐ、出来ることでは無いでしょう。

でも昨日の錦織選手とマレー選手の試合を観て、皆さんも気付いたはずです。

セカンドサーブを攻撃されることは、試合で絶対に脅威になる・・・ということを。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「パッと見、凄いサーブだけど実は試合で使えない」残念なサーブの特徴5つ

    テニス選手の実力、観察したときにまず目に付くのは「サーブ」力。…

  2. テニス ストローク

    サーブ

    フォルトを正しく分析出来れば、試合中でも修正出来る

    試合の中で、サーブが入らないと・・・みなさんどうですか。もう、…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルフォルトが癖になっている、みなさんへ

    試合の中で、大事な場面でダブってしまう。これは、何度も私も経験…

  4. サーブ

    肘の高さが低い人は、サーブに難有り

    サーブがどうしても、安定しない。そう悩んでいる人は、一目見れば…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「脱ダブルフォルト!」テニスの試合で悩んでいる全ての人へ

    ダブルフォルトほど悔しいミスはない。相手に何かされたのならまだ…

  6. テニス ラケット

    サーブ

    サーブ前にラケットでボールを打つ、ことがなぜ必要なのか?

    サーブを打つ前の動作、意外とみなさん、コレやっていない気がしませんか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    試合の中で熱いボレー戦になっても、冷静に上を狙う意識を持とう
  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    高いロブをスマッシュで打つのに、必要なのは「速い振り出し」だった!
  3. メンタル

    他人に共感出来ない、それで良い
  4. テニス ボレー

    ストローク

    フォアハンドの回り込みストロークを強力にしたいなら、「相手に背中を早く見せる意識…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    V字型の動きが出来れば、ネットプレーは劇的に上手くなる
PAGE TOP