サーブ

テニスの試合、「山なりでスピンスライスのワイドサーブ」を身に付ければ、相手をコートから追い出せます

サーブに苦手意識を持っている人、特に女子選手で多い。

ジュニアの試合を見ていても、どこかセカンドサーブになると「攻撃されるのを前提」に受け身になっているようにすら見える。

ストロークの練習に時間を割きすぎて、試合で大事な最初の1球目のサーブについて、おなざりになってはいませんか?

今のアナタの技術でも、少しの意識改革で必ずサーブ力は向上します。

今回はワイド方向へのサーブ、それも山なりで安定感を出すことをテーマに考えてみましょう。

 

テニスの試合、「山なりでスピンスライスのワイドサーブ」を身に付ければ、相手をコートから追い出せます

 


 

■ワイド方向へのサーブ、エース狙いになっていませんか?

不思議なんですが、一般の方の試合を観ているとある特徴が。

それは、「ワイド方向へは、エースを狙って打ちたい!」と思って実践している人が多いこと。

確かにプロ選手の試合では、そういったサービスエースが多いのも事実。

しかしそのサービスエースって、大元は「センターへの厳しいサーブがあるからこそ」その逆を突いてワイド方向でエースになっているケースが多い。

ワイド方向は距離が長い分、本来であればセンターよりもリターンまで時間がある、余裕があるはずなんです。

だからこそ、ここのコースでの無茶なエース狙いは危険ですし、ファーストサーブ失敗に使ってはもったいないのです。

 

■「距離が取れる」から、つまり山なりなサーブでもOK

ワイド方向へのサーブは、一番距離を長く取れる。

その代り、センターよりも少しネットが高くなりますね。

ここで活躍するのが、「スピンスライス」の回転。

文字通りスピンとスライスの間くらいのボールですが、コツとしてはまずコンチネンタルグリップの薄い握りで、しっかりトスを前に上げること。

そしてボールの斜め上、右利きの方であれば右上をしっかり下からつぶすように打って下さい。

この「下からつぶす」というのも、ミソです。

山なりな軌道ですので、サーブを打った瞬間はしっかりボールが上方向に飛ぶように、そして下半身でコートをキックしてボールにパワーを伝えましょう。

 

■自分のサーブは、どれだけ「横」に曲がるか把握しておこう!

どの程度横に曲がっていくか、によってネットの上のどこを通すかを決める。

この軌道のイメージは、まず想像でも良いのでしっかり持っておくようにして下さい。

ボールのスピードは、ゆっくりでOK!

目的はしっかりワイド方向にサーブを入れて、相手をシングルスコートからは追い出すくらいのポジションに移動させること。

その次からの展開で勝負、です。

 

良いサーブを打ちたいと思ったら、とにかくイメージして狙うこと。

コースを狙わない限り、ずっとアナタのサーブは「何となく入れる」だけになってしまいます。

卒業しましょう、この考え方からは。

サーブはやっぱりコース重視でアグレッシブに。

男女、年齢関わらず、サーブを磨いてもっと先手を打てるテニスに仕上げていきましょう!

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合では、「ファーストサーブをフォルトした後」、まず一息着いて間を空けよう

    サーブが安定しない人、どこかリズムが悪い。それが一番観て取れる…

  2. サーブ

    ファーストサーブが入らない、本当の理由

    ファーストサーブが、試合で入らない。この危機感について、なかな…

  3. テニス ボレー

    サーブ

    テニスにおけるサーブ&ボレーの基本は、「自分がサーブを打った方向に詰めていく」ポジショニング…

    サーブ&ボレー、の基本を見直すと、攻撃的なテニスが可能になる。…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップが安定しない人は、「水の入ったコップ」を持つようにボールを軽く握ってみよう

    サーブのトスアップ、皆さん安定して出来ていますか?トスが安定し…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブが入って、「安心する一瞬の隙」を無くしていこう

    サーブが入って、どこか安心している自分。皆さん、気付きませんか…

  6. サーブ

    リターナーを外に追い出す、スライスサーブを身に付けるには?

    スライスサーブで、相手を外に追い出してボレーでポン。こんなポイ…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    経験豊富で実力もある第1シードの選手は、何を考えながら試合を進めてるんだろう?
  2. 戦術

    試合の中で、自分が当たり損なったら・・・?
  3. テニス メンタル

    戦術

    他人の土俵で戦わないことは、逃げでは決して無い
  4. テニス ストローク

    リターン

    「ショートアングルへのリターン」がしっかり打てると、ダブルスの試合では大活躍です…
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスで勝てる相手を増やすには、「例題をたくさん解いていく」つもりで、経験を積み…
PAGE TOP