テニス サーブ

サーブ

テニスの試合でサーブが入らなくなると、つい「顔の近くで打ちたくなってしまう」から余計入らなくなる

テニスの試合でサーブが入らなくなると、陥る共通の問題があります。

「しっかりラケットに当てたい、絶対に入れたい・・・」と思うと、つい顔の近くでボールを打ちたくなる。

それがボレーであれば問題無いのですが、サーブだと・・・打点が低くなったり正面向きになったり、良いこと無し。

この癖を無くす為には、セカンドサーブでもしっかり大きなラケットのスィングにしていくよう、練習が必要です。

 

テニスの試合でサーブが入らなくなると、つい「顔の近くで打ちたくなってしまう」から余計入らなくなる

 


 

■不安になると、サーブはどんどんフォームが小さくなる

人は、不安になるとラケットを振れなくなる。

身体の遠くを通すのが不安になるので、サーブでは打点がどんどん下がって顔の近くになる。

これでは当然、フォームが小さくなってラケットに当たっても良いサーブにはなれません。

無意識のうちに、アナタ自身セカンドサーブの打点が下がってきていないか、思い出してみて下さい。

 

■入れようと思うと入らない、入っても叩かれる悪循環

サーブはあくまで、攻撃の第一歩。

セカンドサーブでも、あくまで相手に攻撃されないような1球目にしていくことが、テニスの試合で勝つ為には大事です。

そうやって考えると、「サーブを入れにいく」ことは非常に危険。

ポイントを獲られることもそうですが、叩かれて相手に自信を与えてしまったり、試合の流れ自体が悪くなっていくのが怖いところです。

試合の流れ、相手によってはまだしっかり打って、ダブルフォルトする方がマシだと私は思います。

 

■打点の高いセカンドサーブに、変えていきましょう

打点を高く、しっかり上に振り切るセカンドサーブに変えていくには良い機会かも知れません。

良いセカンドサーブサーブは、そのまま良いファーストサーブになってくれる。

身体の遠くを通す、しっかり腕を振る為にはグリップを見直す必要があります。

ストロークの厚いグリップになってはいませんか?

身体が正面に向いて、入れにいくサーブになってはいませんか?

改めて、試合中のサーブの動画を撮影してもらって下さい。

自分を知れば、変えられるはずです。

 

スマッシュでも紹介しましたが、打点を高くするには肘の位置を上げることが大事。

肘さえ上がれば自然に打点は高くなります。

その為には、しっかり普段からストレッチをして肩関節を柔らかく、ストレス無く腕を上に上げれるようになっていたい。

ボールを投げるような素振り、よる寝る前に少しやってみませんか?

ストレッチも一緒に習慣的に継続できると、とても効果的でオススメです。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップの基本、「肘は伸ばして肩支点」を再チェックして安定させよう!

    サーブのトスアップを安定させると、気持ち的にもすごく楽。何度も…

  2. サーブ

    サーブを打つ前、ボールはラケットのどこに当てる?

    みなさんはサーブを打つ前、どんな構えを意識していますか?恐らく…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    サーブの調子が試合序盤に上がらない人は、「長めのフォルトから短く調整していく癖」を付けよう

    試合の序盤のサービスゲーム、どんなところに気を付けていますか?…

  4. テニス ボレー

    サーブ

    テニスにおけるサーブ&ボレーの基本は、「自分がサーブを打った方向に詰めていく」ポジショニング…

    サーブ&ボレー、の基本を見直すと、攻撃的なテニスが可能になる。…

  5. サーブ

    40-0で、とっておきのサーブを

    サービスゲームで、カウントを意識して準備する。何の準備かと言…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    良いセカンドサーブがあるから、良いファーストサーブが打てるんです

    サーブが苦手で、振り切れない人。そもそも、ファーストサーブ、セ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合の1ポイント目、いきなりネットダッシュ!
  2. テニス ボレー

    ストローク

    打点が身体に近い時は、ラケット動作を止めてブロック返球を
  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンで粘りを出すには、「ココに厳しいのが入ったら、ロブ」を先に決めておく
  4. その他

    「このテニス選手、もったいない・・・」と私が感じるときは、こんなプレーを観たとき…
  5. テニス コート

    練習メニュー

    テニス部で団体戦に挑む為に、「直前の1ヶ月間」はどんな練習が効果的?
PAGE TOP