テニス サーブ

サーブ

テニスの試合で有効な「ワイドへのスライスサーブをしっかり打てるようになる」為に必要なコツとは?

サーブがどうしても苦手で、サービスゲームのキープ率が上がらない・・・。

そういう悩みを抱えている方は、特に女子選手の方に多いと聞きます。

確かにジュニアの大会でも、リターンゲームのほうが積極的に攻撃しやすいということで、トスで勝ってリターンを取る選手も多いのも事実。

サーブに自信を持つには、得意なコースとその展開パターンを身に付けることが一番!

苦手意識を取っ払って、一度「ワイドへのコースのサーブ」を一から磨いてみませんか?

 

テニスの試合で有効な「ワイドへのスライスサーブをしっかり打てるようになる」為に必要なコツとは?

 


 

■ワイドへのサーブは、難しい?

ワイドへのサーブ、アナタは打つのが難しいと考えていますか?

実は・・・最も「打ちやすい」コースだと私は考えています。

理由は、サーブを打つ位置から、ワイドのコースは最も距離が長い。

距離が長いので、ボールが回転量をかけて失速して、落ちてワンバウンドして入ってくれる。

スライスサーブでもスピンサーブでも、とにかくしっかり回転をかける技術さえ身に付ければ、後は振り切るだけでOK!

特にオススメなのがスライスサーブ。

ボールの半分をしっかり叩く、厚い当たりのイメージで打てるようになることが大事です。

こすって当てるだけのサーブは、良いコースに入ってもボールの伸びが無いので相手にとって脅威になり得ないのです。

コンチネンタルグリップで、しっかり振り切る練習を積んで、軌道は「山なり」になるようにネットの上に目標を作りましょう。

 

■フォルトになるくらいのつもりでOK!ワイドへのサーブはしっかり高さを出した軌道に

しっかり高さを出した軌道で、サービスエリアの隅を狙うこと。

最初、練習し始めた頃にはオーバーフォルトは一切気にしないことです。

入ったかどうかが気になる人は、打ちながら身体が前に向いて開いてしまいがち。

ここはしっかり、我慢しましょう。

トスの位置は前にしても、打つ瞬間までは横向きをキープ。

でなければ、ボールの横をしっかり捉えることができません。

どうしてもボールを飛ばしたい方向へラケットをフォロースルーでもっていきたくなりますが、ここも我慢です!

しっかり回転をかける為には、ボールが飛んでいく方向とラケットのフォロースルーの方向が異なることを、しっかり覚えておきましょう。

 

■ワイドへサーブが入れば、自然とオープンスペースが出来る

ワイドへのサーブで相手を動かすことができれば、自然にオープンスペースができます。

特にシングルスでは、その空き具合が顕著で、相手はカバーするために戻る意識が強くなります。

戻ろうとする相手の逆を突くのも有りですね。

サーブ&ボレー、という選択肢も出てくると思います。

それくらい、ワイドへのサーブ一つで、攻撃の選択肢が拡がっていく

この「出来るようになったときの、成功イメージ」をしっかり意識することが大切です。

ぜひ、鍛えてアナタの武器の一つとしてしっかり試合の中で使えるようにしていきましょう!

 

やってみるのか、やらずに終わるのか。

この違いは、テニスの上達において本当に大きいと思います。

色々とこのサイトでも技術をまとめてきましたが、「難しそうだけど、まずやってみようかな」と思って、コートに入れるかどうか。

自分で研究する事でしか、テニスは上達しないのです。

まだまだ、ワイドへのサーブについて新しい発見もあるでしょう。

ぜひ、アナタの中で考えた新しい形や理論、作り上げていって下さい!

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. + POWER CUP について
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス 前衛

    サーブ

    テニスのハイレベルなダブルスの試合では、「サーブは必ずしもセンター中心」とは限らない

    特に男子ダブルスのサーブ、レベルが上がればセンターへの配球が多くなる。…

  2. サーブ

    サーブの威力とコントロールを両方アップさせるには、「相手コートに背中を向ける」だけで実は充分なんです…

    サーブに悩んでいる男性の方、意外と「自由に打てる」サーブが障害になって…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースの種類、実はたくさんあるの知ってますか?」テニスの試合をよく観察すると気付くこと

    プロ選手のテニスの試合では、サーブ1本でポイントが決まるケースが多く…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    サーブの調子が試合序盤に上がらない人は、「長めのフォルトから短く調整していく癖」を付けよう

    試合の序盤のサービスゲーム、どんなところに気を付けていますか?…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「ゲームカウント4-5、30-40で打つセカンドサーブ」こそ、実力が問われる

    テニスの試合って、辛い・・・。そう感じるときって、どんなときですか…

  6. テニス サーブ

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、主導権を握る方法5つ
  2. テニス 守備

    ロブ

    ダブルスの試合で、相手がナイスなファーストボレーをした後にはロブ、に限る
  3. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、「自分はネット、相手はバックハンドストローク」
  4. 戦術

    実力で勝負、その実力とは?
  5. スマッシュ

    相手のスマッシュは、実は自分自身のチャンス
PAGE TOP