テニス ストローク

サーブ

「ダブルスでサービスキープ率を上げたい!」ために必要な4つの意識と準備を考えてみる

ダブルスの試合で、サービスゲームのキープをリズム良く進めていきたい。

その為に必要な意識と準備について、今回は考えてみたいと思います。

「そんなの、サーブのレベルを上げていけば良いんじゃないの・・・?」という方、確かにそれも大事ですが、まずは今ある技術とペアの力を借りて、キープ率を上げてみませんか?

ちょっとした考え方、意識を変えることで、きっとサービスキープにつなげていけるはずです。

 

「ダブルスでサービスキープ率を上げたい!」ために必要な4つの意識と準備を考えてみる

 


 

1.前衛に活躍してもらうサーブを打つ

まずは前衛を活かすサーブを考えて、実践する。

センターにサーブを入れて、ポーチに動いてもらう作戦は、ダブルスにおいて基本です。

相手のリターン力は、ペアで協力して削いでいく必要があるのです。

当然相手はポーチを警戒して、ストレートアタックやロブを混ぜてくる。

そこに冷静に対応していくのは、サーバーである後衛の役目。

まずは相手リターナーに、「気持ち良くクロスにシンプルなリターン」をさせないように意識しましょう。

勝負はそこからです。

 

2.サーブ&ボレーで並行陣を敷く

ダブルスでは男性でも女性でも、ぜひ並行陣にトライして欲しい。

サーブ&ボレー、最初のファーストボレーをしっかり後衛に深く返球する、そこまでをサーブとセットで考えるようにして欲しいのです。

「でも、いつもリターンを足元に沈められて・・・」という方は、少し早く止まる、スプリットステップを踏むように意識してみて下さい。

相手がリターンする少し前、のタイミングで一度止まってみると返球率は高まります。

少しでも前にいきたい気持ちは分かりますが、相手が打つ瞬間に動いていては安定したファーストボレーが出来ません。

安定したファーストボレーを打って、後は相手に無理をしてもらう。

早くステップして準備出来れば、大抵のボレーはしっかり返球出来ます。

強引に沈めようとしてネットさせる・・・なんて、最高ですね。

 

3.遅くてもコースを突いたスライスサーブ、スピンサーブを身に付ける

男性は特に、サーブにスピードを求めがち。

もちろんスピードが必要な場面もありますが、ダブルスでは特に、遅くてもコースを突いたサーブが有効です。

なぜなら打ってからアナタが前に動いたり、前衛がフェイントをかけたり・・・と、時間があるからこそ、実戦できる動きがあるからです。

少し遅くても、ワイドへのスライスサーブ、しっかり高い確率で打てますか?

速いサーブばかり練習していないで、相手にとって嫌なサーブが打てるよう、再度確認してみて下さい。

 

4.ファーストサーブの確率を67%にする

以前の記事でも書きましたが、サービスゲームのキープ率アップはこれに尽きます。

3球に2球、ファーストサーブを入れることに集中してみてください。

それだけで、絶対にキープ率は上がります。

考えてみて下さい。

自分が前衛のとき、ファーストサーブを高確率で入れていくパートナー、とってもやりやすくないですか?

リズムも自然に良くなりますよね?

しっかり確率を意識して、普段のサーブ練習から「入った数をカウントして」実践してみて下さい。

 

サービスゲームのキープ率が高いダブルスは、決して「凄いサーブ力」を持っている訳ではありません。

コースを突く、前衛を活かす、という基本がしっかりしている。

リターン側が、どうしても「無理せざるを得ない」ようなシチュエーションを、しっかり作っている。

この事実を、ぜひ意識して欲しい。

普段の練習から、しっかり意識できるように準備してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブのポイント奪取率こそ、試合の結果を左右する

    以前に、セカンドサーブがお互いのレベルを測る一つの基準になる、という記…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの伸びが足りないと感じている人・・・?

    自分のサーブに伸びが無い人は、上方向へ力が伝わっていないケースが多い。…

  3. テニス サーブ
  4. テニス リターン

    サーブ

    安定感のあるサーブを目指すなら、「低めのトスアップ」をお勧めする4つの理由

    「なかなかサーブが上達しません・・・」というお悩みの声を、アン…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サービスゲームで優位なカウントでは、積極的に「緩いサーブ」もファーストに入れていこう

    サーブは常に、リターン側の選手との駆け引きが大事。どんなに速い…

  6. サーブ

    良いリターンに、良いサーブで対抗する・・・のは、現実的じゃない

    最近の試合を見ていると、本当にリターンの強い選手が多い。ラケッ…

特集記事

  1. サーブ

    テニスの試合巧者になりたければ、「サーブは最低2種類の球種」を打てるようにしよう…
  2. テニス 練習

    戦術

    テニス選手は、ラリー5往復目から「個性」が出て来る
  3. バボラ ピュアドライブ

    ストローク

    「現代ラケットなら現代テニスを」理解しておかないと勿体無い現代テニスの基本的な考…
  4. テニス 準備

    メンタル

    迷ったときに苦しい選択、が出来るテニス選手が最後に勝てる
  5. テニス メンタル

    サーブ

    「前足主役でサーブを強化!」テニスの試合で必要な身体の開きを抑えるコツ
PAGE TOP