ボレー

フォアハンドのボレーで、「スライス回転をかけたいから手首でこね回してしまう」人の改善策について

フォアハンドのボレー、実は「苦手」って言える人は少ないんじゃないでしょうか。

でも・・・本当にそうですか?

フォアハンドのボレーはある程度自由に打てる分、どうしても安定感は身に付け辛かったりします。

その理由として、手首でこねたり、手首だけで飛ぶ方向をコントロールしようとする傾向が多いように思います。

簡単と思われるショットほど、テニスでは奥が深く難しい。

改めてフォアハンドボレーをシンプルにして、安定させる改善策について考えてみましょう。

フォアハンドのボレーで、「スライス回転をかけたいから手首でこね回してしまう」人の改善策について

 


 

■ボレーはシンプルイズベスト!

フォアハンドボレーの基本、確認しましょう。

まずは構えている態勢から、ボールが飛んでくるときの準備の態勢から。

右利きの方であれば右足、左利きの方であれば左足から動いて軸足を作る。

そしてラケットを顔の横にセットして、少し上体をひねって準備。

最後に打点に向かって軸足と逆の足を踏み込んでいきながら、ボールをインパクトしてくのが基本です。

大事なポイントは、ラケットを持っていない手のひらを上手く使うこと。

身体の前にセットして、打ったラケットはその手のひらに収まるようにフォロースルーをコンパクトに。

ストロークでも同じ基本が使えます。

ラケットを動かす可動域は、出来るだけ小さくすると安定します!

 

■ラケット面を少し上向きに作って、打点には30cm上から入る

打点に対して、少し上でラケットを準備する。

この意識を持てれば、手首でこね回したりする必要は無くなります。

なぜなら、それだけで自然なスライス回転がかかるから。

「ボールのコントロールは、どうすれば?」と思った方、コントロールは踏み込んでいく足と身体の向きで作りましょう。

肩のライン、踏み込む足の方向でボールの飛ぶ方向をコントロールするのが、ボレーにおける基本です。

 

■腕の動きは脇の開け締めだけで、手首の角度は変えない

ボレーは振らない!のが基本ですが、多少はラケットを動かした方がパンチ力が出る。

自分の脇の下を開けて、締める。

これくらいの動きで、充分にボールに力を伝えることは出来ます。

手首の角度が変わってしまうと、打点も崩れて全く安定しなくなりますので注意が必要。

基本的にはラケットヘッドを立てて、手首との角度が120度くらいになるように、意識してみて下さい。

 

手首でスライスをかけたり、打球方向をコントロールするのは危険です。

それは試合に負ける、ポイントを落とす・・・だけでなく、アナタの怪我につながる可能性が高いからです。

上半身はシンプルに、出来るだけ下半身で力を伝えること。

そしてフォアハンドボレーもコースで勝負して、スピードは抑え気味にすること。

きっとその方が、試合でも使えて身体に優しいボレーになります。

ぜひ、意識して試してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. ボレー

    ハイボレーカットの処理、返球が甘くなってない?

    ダブルスの試合で、レベルアップが出来る技術。アナタ自身、まさに…

  2. ボレー

    ハイボレーが苦手な人は、決断が遅過ぎ

    ボレーの中でも、自分の顔の位置より高い打点。ハイボレー、みな…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    「強打しないボレー」こそ、アナタ自身が生き残る道である

    テニスに、柔らかさを求めてみる。これは、確実にアナタ自身のこれ…

  4. テニス リターン

    ボレー

    ボレーで身体が回転しない、だけで安定感は見違える

    ボレーのコントロールが安定しない人は、今一度この基本を。しっか…

  5. テニス リターン

    ボレー

    アプローチショット、「ボレーのフィニッシュイメージも持って」前に出よう

    テニスの試合で、ネットに出ていくプレー、大事ですよね。何度も推…

  6. ボレー

    ネットプレーって、要は相手に選択を迫る行為

    前に出てボレー、試合でなかなか使えない方も多いと思います。自分…

特集記事

  1. テニス 目

    戦術

    相手が打つ前に、「良い態勢なのかどうか?」は必ずチェック!
  2. ストローク

    両手バックハンドを捨てたからこそ、今の片手バックハンドがあると思う
  3. テニス 戦術

    ストローク

    スライスストロークで相手を追い込むには、「相手に背中を向けて肩を入れる」くらいの…
  4. テニス 評価

    戦術

    テニスの試合の中で、「こういう時は、こうする」と決めているプレー、いくつあります…
  5. テニス ミス

    練習メニュー

    「何で、この練習をやるの?」が明確になれば、実力差は関係ない
PAGE TOP