テニス知識

大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

日々、テニスの試合をイメージしながらトレーニングすること。

なかなか難しいですよね。

ただ鍛えるだけでも難しいし、日々の練習だけでも時間確保に大変、なのが社会人テニスプレイヤーでしょう。

だったら、「ドリンク」から変えてみませんか?

 

大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

 

1.トレーニングって、本当にしんどい・・・

私自身、そうでした。

実際、テニスの練習以外にも時間を作るぞ!と思ってトレーニング・・・でも、なかなか続かない。

家で筋トレ、素振りくらいは継続していますが、「身体作り」の面では不十分ですよね。

しっかりプロテインを取ることもしたいけど、ジムでトレーニングしてその後粉末のプロテインを溶いて・・・なんて、正直面倒。

だったら、もうテニスの練習や試合の後、に済ませてみませんか?

 

2.ドリンクタイプのプロテイン、をテニス後に

「ゴールデンタイム」というのを、みなさんも聞いたことがあると思います。

トレーニングをした後、30分以内に適切な栄養補給をすることで、身体作りがスムーズに出来る。

テニスの練習の後、30分以内に「ドリンク式のプロテイン」を摂取することで、私はすごく効果的だと思いますよ。

アンダーアーマーを展開するドーム社のプロテイン、DNSのドリンクは私も飲んでてオススメです。

出典:amazon

 

実は私は、牛乳が飲めないので、学生時代からプロテインが苦手でした。

その後、水で溶いても飲みやすい商品は多く出ていますが、「シェイカーで溶いて作る」のが面倒で仕方ない。

だったら、もう練習や試合にこれを持っていく、ので良いんじゃないでしょうか。

 

3.効率的に、美味しく身体作りを

テニスの試合、練習、も立派なトレーニング。

しっかり、筋肉にも負荷をかけられていますからね。

その後の、ゴールデンタイムを逃す手は無いです。

しっかりドリンクタイプを持っておけば、すぐに摂取出来る。

「DNS プロエックス」は、3つの味 【アップル風味】 【マンゴー風味】 【ミックスベリー風味】で誰でも美味しく飲め、テニス選手にとって必要な身体作りをサポート出来る優れモノ。

たんぱく原料として、吸収の速いホエイプロテインを100%使用。さらに1本でホエイプロテインを約30gも摂れる本格的なプロテイン。

まとめ買い、しておくと便利ですよ。

 

■マンゴー味

 

■アップル味

 

■ミックスベリー味

 

通常の水分補給のドリンク、とは別でプロテインドリンクを持ち歩くこと。

そして普段の練習後に飲むことで、身体作りが出来る。

シェイカーも混ぜる手間すら不要なPRO-Xさえあれば、ゴールデンタイムを逃さないでしょう。

キャップを開けて飲み干すだけですからね。

ぜひ、試してみてください。

 

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス ソックス

    テニス知識

    テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよう!

    テニスをしていると、意外と消耗品になるのがソックス。クレーコー…

  2. テニス 練習

    テニス知識

    テニスの試合、大会に必要な危機管理項目7つ

    試合の前の準備、どこまで想像力を拡げて考えられるか。それが、準…

  3. テニス テニスボール

    テニス知識

    テニスでは、試合と練習で使う「テニスボールが全然違う」ことを、みんな忘れてはいないか?

    試合と練習の違い、一番大きい要因は何か。私は、使うボールが全然…

  4. テニス サイト

    テニス知識

    セルフジャッジのカウントコール、一番自然なタイミング?

    皆さん、出場されている試合はセルフジャッジの試合が多いはず。そ…

  5. テニス知識

    夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

    夏の日焼け対策、男性はつい、忘れがちですよね。面倒で塗り直すこ…

  6. テニス 防寒

    テニス知識

    寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

    これから秋にかけて、急激に寒暖差が激しくなってきますよね。テニ…

特集記事

  1. テニス 気付き

    メンタル

    思い通りにいかない中で、「頑張り切ること」はなかなか出来ない
  2. テニス メンタル

    ストローク

    将来テニスコーチを目指す人は、片手バックハンドをしっかり使えるようになろう!
  3. テニス サーブ

    サーブ

    トスアップの位置、普通に「自分の前に上げる」だけだとなぜダメなのか?
  4. テニス ボレー

    ストローク

    テニスのストロークでネットミスが多い人は、「打点から下方向に飛ばないように」する…
  5. テニス ミス

    メンタル

    自分を鼓舞して戦う選手は、自然と周りも応援したくなる
PAGE TOP