テニス ボレー

テニス知識

「毎日のテニス、身体の疲れが抜けない・・・」ときには、どんな食事が効果的?

平日は練習に、土日は試合・・・。

高校や大学でテニスを頑張っている学生の皆さんは、疲労をいかにコントロール出来るかがとても大事。

疲労を溜めたままで練習や試合をしていると、怪我にも直結していきます。

今回は、「疲労回復に効果的な食事」に着目してみましょう。

テニス選手にとっては、食事一つも大事なトレーニングであり上達に大切な要素です。

 

「毎日のテニス、身体の疲れが抜けない・・・」ときには、どんな食事が効果的?

 


 

■オススメは、ずばり「豚肉」

エネルギーに必要な、「糖質」という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。

この「糖質」はただ接種するだけでは意味が無く、エネルギーに変えてくれる成分を一緒に摂ることで、効果的に身体に取り入れて疲労を解消してくれます。

その成分の代表選手が、ビタミンB1。

このビタミンB1を豊富に含む食材は、大豆製品や豚肉、海藻類、ナッツ類、ぬか漬け、ネギ、にんにくなど。

中でも豚肉にはテニス選手に必要なタンパク質も多く含まれており、ぜひ学生の皆さんには意識して食べてもらいたい食材です。

 

■試合会場での疲労回復には、「ハチミツレモン」がオススメです

私は現役時代の頃、ラッキーアイテムとしてレモンのハチミツ漬けを作って持っていっていました。

タッパーに入れて試合前に食べると、スッキリして「よし行くぞ!」という気分になる。

実はこれ、試合の後に食べるのも疲労回復には効果的です。

エネルギー補給のために炭水化物とクエン酸を摂取、疲労回復のためにクエン酸を摂取するのに、このハチミツとレモンの組み合わせはバッチリ。

「すっぱい!」と感じる成分であるクエン酸は、グリコーゲンの貯蔵量の回復を後押しする強い味方です。

 

■炭水化物は、毎日しっかり!

基本は、炭水化物の摂取をしっかり行うこと。

ご飯は男性なら2杯、しっかりよく噛んで食べるだけで、かなりスタミナが付いてテニスの試合でも最後まで走れるはずです。

やっぱり食べる量と、スタミナ量は比例します。

炭水化物を食べると体の中でどんどん分解されていき、グルコース(ブドウ糖)として一定量が血液や筋肉・肝臓に存在しています。

この量が少ないと、テニスのような長時間のスポーツでは頭の回転も遅くなる。

お米をしっかり食べる、ことがまず疲労回復をしやすい身体を作る食事の大前提です。

 

大学生の方の中には、自炊で毎日頑張っている方も多いでしょう。

なかなか規則正しい食事は、難しいかも知れません。

そんな方は、逆にこの機会に「自炊力」を身に付けましょう。

手の込んだ料理が作れなくても、大丈夫!

きっと学生を卒業してからも、その力が発揮される・・・日が来るかも知れません。

疲労回復は、知識と実践から。

意識して毎日、過ごしていくとテニスの試合で成果を発揮できるでしょう!

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス メンタル

    テニス知識

    「これが意外と使える!」テニスの試合会場で役立つモノ

    テニスの大会では、会場での待ち時間も長くなってしまいがちですよね。…

  2. テニス知識

    これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

    益々寒くなる、これからの時期。テニスの練習や試合、トレーニング…

  3. テニス知識

    寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

    今年も寒く、テニスをするには辛い時期になって来ましたね・・・。…

  4. テニスシューズ

    テニス知識

    いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

    私が学生時代、高校生の頃は、ヨネックスのシューズを履いている選手が多か…

  5. テニス 読書

    テニス知識

    T-PRESS筆者が選ぶ「テニスの成長に大事な考え方」を学べる名著5選

    まさに今は、読書の秋。ということで、最近筆者の私が実際に読んで…

  6. テニス 英語

    テニス知識

    プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

    もしアナタが、将来プロテニス選手やテニスコーチ、審判員として活躍したい…

特集記事

  1. ボレー

    ネットにつなげる、サーブやアプローチの基本
  2. リターン

    サーブのプレッシャーが無い、レベルは3回戦まで
  3. その他

    なぜ、テニスは試合経験が必要なのか?
  4. ダブルス

    テニス部としてダブルス強化を狙うなら、「ペア練ローテーション」を!
  5. テニス メンタル

    戦術

    どんなレベルだろうが、試合に出ている人は強くなる
PAGE TOP