テニス フットワーク

ストローク

「バウンドの高さに合わせたテイクバック」で、テニスのストロークはより正確になる!

ストロークの弾道が安定しないと悩む人、原因の一つは準備の精度。

「早く準備しないと!」と考えるのはとても大事なことですが、それだけでは上のレベルの相手と対戦したときに厳しいことに。

なぜなら、試合巧者の相手はスライスやトップスピンなど、高いボールや低いボール、滑るボールなどを多用してきます。

いつも同じような準備で対応するのは難しい・・・ときに意識したいのが、このバウンドの合わせたテイクバックの使い分け。

練習でぜひ、実感してみて下さい。

 

「バウンドの高さに合わせたテイクバック」で、テニスのストロークはより正確になる!

 


 

■テイクバック時のラケット位置は?

相手の打ったボールがフォアかバックか分かったと同時に、身体をターンさせてラケットのテイクバック。

そのときに、どんな位置にテイクバックのラケットをセットできていますか?

何も考えないと、通常は肩から少し低い位置、くらいでしょうか。

バックハンドは「下から」テイクバックするマレー選手のような形もありますので、もう少し低い位置かも知れません。

まずは自分がどういうフォームになっているのか、正確に知る必要がありますね。

動画を撮影するなどして、客観的に観る機会を作ってみて下さい。

 

■ラケットを高い位置にセット!は基本だけど・・・

コーチから最初いストロークを習ったときに、「顔の横に、ラケットヘッドを立てて」と習った方も多いでしょう。

この基本がまず、ベースにあります。

しかし低く滑るスライスを相手が打ってきたときには、どうでしょうか。

低い位置にテイクバックしていないと、上からラケットダウンしているうちに打点が遅れてしまいます。

まず、低い打点のときには膝をしっかり曲げて自分も低い態勢を作ること。

同時にラケットのテイクバック位置も、低い位置にセットすることで、非常に安定感が出来てきます。

錦織選手やフェデラー選手も、スライスに対してスライスで対抗する際には、テイクバックの位置が違うはず。

ぜひチェックして観るようにしてみて下さい。

 

■高いバウンドには、より高いテイクバックで!

逆にしっかりバウンドしてくるスピン系のボールには、高いテイクバックで準備したい。

ラケットが高い位置にあれば、しっかり上から抑えが効いた攻撃的なショットを打つことが出来ます。

逆に低いと、相手の弾道の勢いに押されてしまって弾かれるようなミスに繋がります。

コツとしては、頭よりもしっかり上に一度ラケットを上げること、脇をしっかり空けること。

あとは身体の捻り戻しを加えていければ、バッチリです!

大胆に上にセットするくらいの意識を、しっかり持ちましょう。

 

高い打点でのストロークで、コツをもう一つ。

それはラケットヘッドをしっかり立てて、厚いグリップで握ること。

ボールの横、内側をしっかり捉えることで安定感が増した、良い回転でボールを打てるようになります。

このショットのお手本は、まさに錦織選手ですね。

ぜひ良いイメージを持てるよう動画をチェックしてみて、あとは実戦で練習していきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. ストローク

    「意外と難しい、高い打点のストローク」をテニスの試合で克服するために

    ストロークで粘る事が出来ないと、シングルスの試合で勝つことは難しい。…

  2. ストローク

    エグいスピンに押される人は、結局何が問題なのか?

    強い相手との試合は、ストロークで押されてしまう。ベテランの方が…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    身体からラケットを離してテイクバック、で自然に伸びのあるクロスストロークは打てる!

    テイクバックのときの恰好を見ていると、その人のストロークの「伸び」があ…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    テニスのストロークでネットミスが多い人は、「打点から下方向に飛ばないように」するだけで改善される

    「とにかくストロークで、ネットミスが多いんです・・・」という方、ご質問…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    重たいストロークを身に付ける為に、必要な意識4つ

    試合で有効な、「重たい」ストローク。よく表現されるのは、回転量…

  6. テニス リターン

    ストローク

    シングルスの試合では、浅いボールで攻撃していくときこそ「軌道高め」のストロークを意識しよう

    シングルスの試合で、しっかり攻撃していくには何が必要か。まずは、相…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    「テニスの試合における守備意識」で、大切なポイント6つ
  2. テニス 試合

    メンタル

    テニスでミスが多いと嘆く人に声を大にして言いたい、「アナタのそれ、ミスではなく実…
  3. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、「どこかで落ちてくるボールを怖がっている」から上半身が折…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールをストロークで足元に沈めるのは、技術的に難しい
  5. テニス 練習

    戦術

    ミスが多い相手の雰囲気は、伝染する
PAGE TOP