練習メニュー

ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

普段、素振りを習慣にしている方、きっと試合に熱心に出続けている方でしょう。

私自身、今でも家で素振りをしています。

振った数だけ、自信にもなるし、本当に1日5分でも継続して行うこと、が大事ですからね。

素振りをするだけでも効果的ですが、その質を高めたいと思っている方に。

また、部活でコートに入れない部員の素振り、のモチベーションを高めていく為に。

練習器具を工夫してみる、のはオススメです!

 

ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

 

1.高校時代は、自作の「トスアップ機」を作ってました

中学時代、部員数が多くてコートに入れない。

どうしようも無い位に、テニス部には人があふれてました。

そんなときに、私は焼却炉にあった段ボールをまるめて筒状にして、その上にボールを固定してみる。

それをひたすら打っていたのを思い出します。

お手製の素振り練習機、を作って練習してました・・・とにかく、普通の素振りが嫌だったんです。

でも、今ではちゃんと「打った感触が手に伝わる」練習器具もあるんです。

出典:amazon

「ピコチーノ」という名前の練習機。

見た目通りのシンプルさ、ですが、その打感はなかなか本格的です。

私も試打したことがありますが、ちゃんとバネが仕込んであって「生きた球」に近い感覚が養えるでしょう。

 

2.停止したボールを打つのは、最高のコントロール練習

よく、野球でもティーバッティング、と呼ばれる練習で、棒の上に固定されたボールを打つ練習がありますよね。

これ、本当にテニスでも効果的です。

何度か記事で書いて来ましたが、ボールをコントロールするときに大事なのがラケット面の向き。

ストロークでもボレーでも、スウィングではなくラケット面がどう当たっているのか、が重要になる。

右方向にボールを飛ばしたいなら、しっかりボールの左側を触らないとダメ。

こういう感覚は、「止まったボールを触る」ような練習でないと養えないでしょう。

そういう意味でも、このピコチーノはオススメなんです。

 

 

3.素振りに打感が加われば、それは打っているのと同じ

丁寧に繰り返していると、打感が頭と手に残る。

そうすると、良いときの感覚が養えるので、実践でも「これだ!」と思って自信になります。

自分の調子が良いときって、何より手のひらで感じる打感が良いじゃないですか。

打感とボールが飛んでいくイメージが合っている、ガットを伝わって自分の神経でボールをコントロール出来る、ようになるにはやっぱり数を打たないと。

とはいえ、私たちの練習時間は限られています。

だからこそ、本物志向のこの練習機、で1日5分でも練習すると、上達速度は変わって来ると思いますよ。

4.大きな声では言えませんが・・・

もし私が学生なら、部活やサークルで1つだけまず買ってみる。

そして、それに近いものを自分たちでDIY出来ないか、を考えてみます。

きっと、今の百均ショップのクオリティなら、1,000円くらいで工夫して近いもの、作れちゃうと思うんですよね。

こういうの、何台も買う余裕なんて無いじゃないですか。

ちょっと大きな声では言えませんが、学生のみなさんならそれでも良い。

社会人、大人のみなさんは・・・2万円を365日で割ったら、1日54円くらいですから。

一家に一台、良いかも知れませんね。

ぜひ、検討してみて下さい!

 

 

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    「テニスの個人練習って、どうやれば良いの?」と困っている方に

    テニスは個人スポーツ、でもなかなか個人での練習は難しい。近くに…

  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    なかなか練習内容を決められない人は、「判断基準を絞る」ことが出来ていない

    「今日の練習、何する?」から、何も進まないで結局いつものラリー…

  3. 練習メニュー

    テニスの試合では、ミスの質を高めよう

    テニスの試合で緊張してしまう人は、ミスを減らそうと必死。もち…

  4. テニス 動画

    練習メニュー

    「自分のテニスを動画で観たことが無い人」には、どんな名コーチのアドバイスも上の空

    最近ではスマートフォンの普及もあり、簡単に動画やスロー動画を撮影ができ…

  5. 練習メニュー

    日々の練習を、大切に出来る人はこういう人

    テニスの練習を、スクールやサークル、仲間同士で行う。学生を卒…

  6. 練習メニュー

    「レベルの高い人たちの中での練習」だけになると、危険

    良い練習をしてきたはずなのに、試合で勝てない。こういう経験、み…

特集記事

  1. テニス 不器用

    メンタル

    「自分はテニスに向いていないかも…」と思ったら、不器用な選手に徹してみても面白い…
  2. ダブルス

    ダブルスのペアと考えたい、「自分はデュースサイド、アドバンテージサイド、どっちが…
  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュで「回転をかけて相手を攻撃する」ための5つのコツ
  4. テニス 客観視

    その他

    試合があるコートの周囲を確認しておくと、「横からのボールイン」にも冷静に対応出来…
  5. サーブ

    ダブルスでサーブを打つ順番って、意外と大事
PAGE TOP