練習メニュー

練習で成果を出すには、何が必要?

目次

練習で試合に強くなる、成果を出したいと考えているみなさん。

何が必要か、そりゃもうたくさんある・・・と、思いますか?

もちろん、挙げていけばキリが無いでしょうが、私がずっと意識しているのはコレ、です。

試合を想定して、いかに相手に嫌な感じでボールを返すのか、プレッシャーをかけるのか。

そうすれば、試合でもやることは一緒になりますからね。

 
 

いかに、相手に打ちにくくさせるか

相手の打ちやすさ、を削いでいく。

こういう視点が持てれば、練習でも自分が何をやるべきかが見えて来ます。

良いショットは、速くてコーナーに決まるショット?

それ、本当に試合で打てますか?

練習では、自分が確実に打てる、入る可能性の高いショットで相手を追い込んでいきたい。

いかに、相手に打ちにくさを与え続けるのか、打ちやすさを削っていくのか。

それが、練習での大事なポイントだと思います。

だから、キーワードは「回転量」になる

練習で、フラット気味に気持ち良く打っても、試合では入らない。

だから、練習から意識したいのは回転量。

スピン、スライスの回転量が多ければ、相手の脅威になる。

1発で決まらなくても、相手の攻撃力をしっかり削いでいく、武器になりますからね。

キーワードを回転量に置いて、しっかりと相手と向き合うこと。

そうすれば、自然と試合に強いテニスが身に付いていきますよ。

回転量が上がれば、安定感もアップする

ショットをしっかり、振り切れるようになります。

試合でショットが入らなくて落ちていく人は、普段の練習からフラット気味のンボールが多い。

ミスも多いけど、練習なら気にならないんですよね。

だから、危険なんです。

私たちは、回転量の多いショットを練習から意識して、ラケットを振り切る。

試合でも、やることは変わらない。

相手の攻撃力を削いでいく、打ちにくいボールを打っていく、ことをしっかり意識していきましょう!

   

練習から、相手の雰囲気をよく見ること

表情や仕草、感情の動き。

練習から、細かく相手を見ておきましょう。

重たいスライスを打ったら、しっかりと圧迫感を感じてくれているのか。

軌道の高いスピンのボールを打ったら、打ちにくそうにしてくれているかどうか。

こういう観察が、テニスでは絶対に大事です。

試合でも必要じゃないですか。

だからこそ、普段の練習から習慣づけておかないと。

練習で相手の反応を見ない人は、絶対に試合で強くなれないし、勝てません。

お勧めの練習法

お勧めの練習法・・・という感じではないのですが、「少ない球数」で練習してみて下さい。

たくさんボールがあると、ラリーでミスしても気にならない。

でも、試合で使うボールは2球だけですよね。

相手の攻撃力を削いでいく、回転量の多いボールならミスは減るはず。

少ない球数でも、しっかりとラリー出来ると思いますよ。

たくさんのボールが落ちているコートでは、ミスも増えるし緊張感も生まれないですから。



良い練習、とは結果につながる練習。

これが難しい、だけど真剣に考えている人は少ないからチャンスがある。

ぜひ、意識してみて下さい。

相手の力を削ぐ、観察する、全ては相手ありき。

テニスの基本、ですね。

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス ストローク

    練習メニュー

    試合で使える「回り込みフォアハンドストローク」を鍛える、クロスラリーの基本メニュー

    試合で一番使うショット、皆さんは何でしょう?サーブ、リターン、…

  2. テニス 部活

    練習メニュー

    テニスの技術で壁を感じる人は、「向いていない」と決めつけるのが早過ぎる

    テニスは難しい。ラケットを使ってボールを打つ、やっていない人か…

  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスの練習、基本的な考え方は「試合よりも難しい環境」の中に身を置いて鍛えることです

    強いテニス選手、学校、チームの選手は、口を揃えてこう言います。…

  4. テニス トレーニング
  5. 練習メニュー

    練習が締まるかどうか、を人任せにしてはいけない

    良い練習が出来るときと、あまり出来ないとき。この差って、みなさ…

  6. テニス メンタル

    練習メニュー

    ボレー対ストロークの練習は、ボレーヤーの位置に気を付けないと練習の意味が無い

    この練習、皆さんもよく実践しているんじゃないでしょうか?ボレー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    雁行陣の前衛に必要な、洞察力について
  2. テニス 練習

    練習メニュー

    練習の後に気付きが無い人は、成長どころか衰退しかしない
  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    危ないところにこそ、踏み込んでいこう
  4. テニス 練習

    日々の雑記

    勝つことは難しくない、勝ち続けることが難しい
  5. テニス フットワーク

    フットワーク

    そもそも、ボールより速く走れる選手はいない
PAGE TOP