練習メニュー

練習が締まるかどうか、を人任せにしてはいけない

良い練習が出来るときと、あまり出来ないとき。

この差って、みなさんどこにあると思いますか?

学生時代、私の部活はと言えば・・・やっぱりこういうニュアンスで決まることが多かったです。

凄く情けないことなんですが、自戒も込めて。

 

練習が締まるかどうか、を人任せにしてはいけない

 


 

1.先生がいないと頑張れない子ども、そして大人たち

結局、こういう感じのこと多いですよね。

怒る人、うるさい人がいるからこそ、頑張れる。

こういう人って、大人でも子どもでも多くないですか・・・?

練習が締まるかどうか、が他人任せって・・・やっぱり情けないですよ。

気持ちは分かりますけどね、厳しい先生がいないだけで、羽を伸ばしたくなる。

でも、それってアナタ自身お弱さでしかない、ことに気付かないと。

試合ですべて出る、それも悪い方に出ると思っておかないと、強くなれないですよ。

 

2.練習も試合も、コントロールするのは自分

自分が中心、です。

モチベーションも含めて、健全な状態でコートに入っていくこと。

これは、アナタが思っている以上に難しいことだと思いますよ。

厳しくボールを終えるかどうか、ミスを減らせるかどうかはアナタ次第。

人に叱ってもらう、見てもらわないと練習が緩んでしまうなんて、本当に情けないと思いませんか?

テニススクールでも、コーチの前だけ頑張る人、も一緒です。

こういう人は、必ず試合でも楽な方に逃げて、簡単に負けていく試合ばかりでしょう。

 

3.自分に厳しくなるには、記録を残すことが一番

私なりに工夫した結果、はこれが一番効果がありました。

とにかく、練習を記録する。

小さいノートに、少しの文章で良いんです。

とにかく大事なのは、毎回記録に残すことを継続する。

そうすると、練習中から変化が生まれるんですよね。

記録に残すんだから、しっかりやり切らないと。

前に書いたことと、変わっていない自分がまずい、と危機感を覚えるようになる。

漠然としたものを可視化する、ことが一番テニスでは大事です。

 

4.怖い人と練習する、のは最高のデモ試合になる

私も経験ありますが、練習に真剣で怖いような人、いますよね。

こういう人、をぜひ大事にして欲しいんです。

その人に依存する、練習を締めてもらう、とかそういう話じゃないんですが、結果的に試合に近い緊張感で出来るのは良い練習になります。

そして、アナタ自身がそういう雰囲気も作り出せるような感じ、のテニス選手になって欲しいんですよね。

練習から、目つきが真剣でミスを許さない姿勢。

自分に厳しく、だけどしっかり相手を思いやる。

良い練習が出来る雰囲気って、人から学んで自分のものになるはずですから。

 

楽しい練習、大いに結構。

ですが、それって本当に楽しい・・・ですか?

何となくみんなで打ち合って、ゲームして、満足。

結果的に外に試合で勝てないようになるのであれば、本当の楽しさって味わえないような気がします。

みなさんは、どうですか?

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス シングルス

    練習メニュー

    もの凄く集中して、普通のことをするのが良い練習

    「良い練習とは、どんな練習ですか?」と、たくさんの方からご質問で頂きま…

  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    前衛がラケットで触れば勝ち、のゲーム形式をやってみよう!

    「なかなか前衛が活躍出来ない、攻撃の形が無い」と悩んでいるチー…

  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでも何でも、「分かったつもり」が成長を止める

    つい、私たちは何でも理解したつもりになってしまう。でも、それが…

  4. テニス 部活

    練習メニュー

    テニスの技術で壁を感じる人は、「向いていない」と決めつけるのが早過ぎる

    テニスは難しい。ラケットを使ってボールを打つ、やっていない人か…

  5. テニス 雨

    練習メニュー

    「あと1本」を絞り出せる選手が、テニスコートでは勝者になっていく

    皆さんは普段の練習、どういう「決まり」で進行してますか?時間?…

  6. テニス フットワーク

    練習メニュー

    「このままじゃ、勝てない」と、練習で気付けるようにならないと

    毎日の練習、皆さんはどんな環境で行っていますか?自分より上手い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュに必要な「ラケットを持っていない腕の使い方」をマスターして試合に備える…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に勝ち続ける人が実践している、「当たり前だけど難しい習慣」4つ
  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、リターンから「相手バックハンド側へのアプローチ」は絶対必要な…
  4. テニス ボレー

    練習メニュー

    アナタを飛躍的に強くしてくれるヒントは、意外と身近な人が隠し持っている
  5. テニス 練習

    練習メニュー

    練習の後に気付きが無い人は、成長どころか衰退しかしない
PAGE TOP