サーブ

今、急成長中の日本男子選手、「西岡良仁選手の強さ」をサーブの観点から考えてみる

今年、全豪オープンを予選から突破し本戦入りを果たした西岡選手。

メンフィスオープンでもベスト8入りして、錦織選手に次ぐ日本男子選手のポジションを確実なものにしつつあります。

身長も高くなく、どちらかと言うと体格にも恵まれていないように見える西岡選手の強みは、どこにあるのでしょうか?

私なりに、彼のサーブに秘密があるのでは・・・と考えてみた内容を、今回書かせて頂きました。

 

今、急成長中の日本男子選手、「西岡良仁選手の強さ」をサーブの観点から考えてみる

 


 

■左利きの概念を変える、アドサイドのコース選択

かつて、左利きの選手はサーブにて有利と言われてきました。

それは、「アドサイド側から、ワイドへ切れていくサーブが打てる」という点で、特に注目されていたからだと思います。

大事なポイントは、ワイドにスライスサーブを打てば良い・・・という考えのもと、リターン側も慎重になって受け身になってしまう。

しかし最近では、対戦相手の研究も進み、逆に左利きのサーバーがカウンターを喰らうようなケースも増えてきました。

西岡選手は、コースの打ち分けをどのように行っているか・・・結論、ガンガン、アドサイドでは「ワイド方向」に打つ。

7割以上が、ワイド方向な感覚です。

大事なポイントでなくとも、まずワイドに打って相手を追い出してオープンスペースを作ることを重視しているのです。

それも、「厚い当たり」でしっかりスピードと重さがあるサーブを打てる。

このサーブが、彼の強さを支えているのです。

 

■サーブからの展開力が、一番の魅力

かつて左利きのテニス選手は、サーブに頼り過ぎてしまう傾向にありました。

サーブ&ボレーでサクッと終わらせたい、実際に終わってしまうポイントも多かったのがかつての時代。

しかし今は、ラケットやガット、ストロークスキルが進化しており、なかなかネットプレーでのフィニッシュが難しいのが現実。

西岡選手は、あくまでサーブを「自分の展開の第一歩」に置いているので、その後にも隙が無い。

隙が無いから、相手リターン側も無理をしてリスクをかけないと、結局ポイントを失ってしまうというプレッシャーがある。

西岡選手はキックする左利きのフォアハンドに、フラットで確実なバックハンドストローク、非常に球種が豊富で、フットワークも良い。

ジワジワと追い込まれていく感覚が、西岡選手を相手にしたときに感じられるから怖い。

ただストローク力がある、だけでは展開力があるとは言えない。

西岡選手には、サーブの球種と自分のストロークの球種を組み合わせる、創造力があるのです。

 

■アナタにも出来る、自分の武器と武器のマッチング

この発想は、テニスをやっている方なら誰でも出来ます。

例えば、ネットプレーの中でも「フォアのハイボレー」は得意!という人がいれば、そこにボールが来るような展開を考えてみる。

どういうサーブなら、このボールを引き出せるかを考えてみましょう。

男性ならキックサーブでサーブ&ボレーに出る、のが有効かも知れません。

女性ならリターンされたボールから一度浅いボールを混ぜて、自分が少し前にいく、ような展開も有りかも知れません。

武器×武器、は、ポイントの必勝パターン。

ぜひ一度、自分のテニスを客観的に見つめ直してみて下さい。

 

過去には、ビッグサーバーと呼ばれる選手は、一つの武器で大会を勝ち上がっていました。

しかし、今の時代は違います。

皆、オールラウンドなスキルがベースにあり、弱点は必ず突かれて攻撃されます。

だからこそ、武器は2つ以上を組み合わせたい。

アナタの武器、組み合わせることでより強く、試合で使えるようになるはずです!

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに頼る者、サーブに泣いて負けていく

    1ゲーム目から、ものすごいサーブを打ち込まれる。そうなると、戦…

  2. サーブ

    シングルスの試合でワイドにサーブで追い出した後、のボレーのコースはどこが最適?

    ワイドへのサーブが得意な人、はぜひ狙って欲しいのがサーブ&ボレー。…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    「強い対戦相手には、強いサーブが必要?」の質問に、お答えします

    テニスのトーナメント大会で、何試合か勝ち上がると必ず強敵との対戦になり…

  4. サーブ

    西岡選手おめでとう!でも、エルベ―ル選手も凄かった

    昨日は、台風の中でみなさん大変だったと思います・・・。ですがそ…

  5. テニス メンタル
  6. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブのポイント奪取率こそ、試合の結果を左右する

    以前に、セカンドサーブがお互いのレベルを測る一つの基準になる、という記…

特集記事

  1. テニス 錦織圭

    ストローク

    両手バックハンドストローク、伸びを作るには?
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスのストレートリターンは、精度よりもタイミングと駆け引き重視で
  3. 戦術

    試合で使える「チップ&チャージ」の基本5つ
  4. テニス ロブ

    ストローク

    「ストロークをシュート回転させて相手のラケットの芯を外す」テクニックは近代テニス…
  5. テニス 練習

    ボレー

    なぜ、上級者のドロップボレーは触れないのか?
PAGE TOP