テニス クレーコート

戦術

全仏オープンで注目したい、「クレーコートでの戦い方」に参考になる記事7選

今年も全仏オープンが開幕。

改めて、クレーコートでの戦い方について、皆さんも見直してみませか?

正直、長い試合が多いクレーコートには苦手意識がある方も多いでしょう。

ですが、きっとアナタが成長出来るヒントがそこにあるはずです。

 

全仏オープンで注目したい、「クレーコートでの戦い方」に参考になる記事7選

 


 

1.「クレーコートでの試合が苦手・・・」な人に意識して欲しい、試合前の準備と覚悟とは?

苦手意識こそ、クレーコートでの最大の敵です。

→記事はコチラから

 

2.「クレーコートでのネットプレーのコツ」新時代のテニスに不可欠な戦術を身に付けよう

ネットプレーをいかに入れるか、がクレーコートでの躍進の鍵になります。

→記事はコチラから

 

3.普段の練習で「綺麗なテニスコート」だけに慣れていると、いざ本番のコートでは苦戦するかも

キレイなコート、だけじゃないのもクレーコートの大きな特徴ですね。

→記事はコチラから

 

4.テニスをやってて悩むことの一つ、「クレーコートで汚れたソックスの汚れ」を簡単に落とすための洗濯術とは?

ウェアが汚れてしまうのも、クレーコートの醍醐味の一つですね。

記事はコチラから

 

5.「今のはイレギュラーしたから、仕方ない・・・」と思っていては、そこで成長が止まってしまいます

イレギュラーへの準備、対応が出来ない人はクレーコートでは勝ち上がれません。

記事はコチラから

 

6.深いストロークとショートクロスの中間、「セミショートクロス」を試合で使っていこう

クレーコートで現代テニス、ならこのショットを覚えましょう!

記事はコチラから

 

7.オムニコートで「走らされてショットが乱れる」人は、外側の足を滑らせてオープンスタンスで打ってみよう

走らされたときのラリー、オムニコートとの共通点は多いです。

記事はコチラから

 

厳しい戦いが続く全仏オープン。

でも、会場は違えど皆さんも同じなはず。

クレーコートでの身近な試合、に備えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「頭の良いテニス選手」に共通する5つの特徴

    テニス選手としての頭の良さ。これって、皆さんはどんなところに感…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「たまたま調子が悪い日」を無くす5つの方法

    試合の調子には波がある。誰でもそうですが、試合に強い人はその波…

  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスにおいて延長戦は、他種目以上に日常茶飯事です

    夏の高校野球、今年も熱戦でしたね。毎年思うのが、野球って延長戦…

  4. 戦術

    しつこいくらいに継続して、初めてプレッシャーになる

    試合で動いても、相手が崩れてくれない。プレッシャーに感じてくれ…

  5. テニス ロブ

    戦術

    テニスの試合、ストライクゾーンで勝負する姿勢を忘れずに

    テニスの試合の中で、私が意識していること。それは、野球に例える…

  6. テニス 試合

    戦術

    態勢を崩されても返球出来るテニス選手は、何が違うのか?

    試合の中で、必死でボールを返そうとする。これは当たり前・・・の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 守備

    リターン

    ダブルスで前衛が気になって、「プレッシャーに負けている・・・」と感じたら試したい…
  2. テニス シングルス

    メンタル

    一番を目指さないと、二番にも三番にもなれない
  3. 戦術

    アナタのテニスウェアは、相手にどう見られているだろう?
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの実戦では、「相手がボールを打ってから動き始める」では、いつまで経っても守…
  5. テニス 打点

    ストローク

    「厚いグリップだと、どうなるの?」現代のテニスのストロークにおける基本を考えてみ…
PAGE TOP