テニス知識

試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

テニスプレイヤーとして、持っておきたいマストアイテム。

私はあえて、ランニングシューズ、を挙げたいと思います。

普段のトレーニングはもちろん、実は試合会場でも重宝するのがランニングシューズ。

しっかりしたお気に入りの一足を持っておくことで、試合に対する意識もすごく高まります。

 

試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

 

1.テニスの試合会場で、足下はどうなってる?

みなさん、試合会場でテニスの試合を待っているときは、どんなシューズを履いてますか?

サンダルやリラックスシューズ、という方も多いと思います。

足を解放的にしておく、ことは大事ですが、サンダルだと怪我が怖い。

ちょっとしたことで、爪が割れたりする怪我も起きますからね。

とはいえ、締め付けの強いテニスシューズをずっと履いているのも辛い。

またソールの減りを抑えるなら、テニスコート以外ではテニスシューズは履かない方が良いでしょう。

そこで必要になるのが、ランニングシューズ、です。

 

2.トレーニングにも、試合会場でも大活躍なら・・・

しっかり、自分の好みに合ったデザイン、で選びたいですよね。

私が学生時代の頃は、テニスシューズ自体にもデザイン性が高いシューズが無くて、ましてやランニングシューズなんて運動靴に毛が生えたようなモノ、しかありませんでした。

でも、今は違う。

ランニングが一般化されて、すごくデザイン性の高いシューズがたくさん売られてますよね。

お気に入りの1足を持っておく、ということは、自分のテニスに対するコミットにもなるはずです。

 

3.勝手にオススメの3足をご紹介

 

3-1.アンダーアーマー] トレーニングシューズ コミット TR (メンズ)

出典:amazon

 

以前に中野区のランニングイベントに参加したときに、アンダーアーマーのショップがあって発見。

インナーのイメージが強かったですが、ランニングシューズがすごくかっこよくて、一目ぼれしました。

シンプルなデザイン、足の甲をすらっと見せてくれるシルエットが好きで、私服にも合わせられるくらい。

クッションと反発性能を両立した、チャージドクッショニングを搭載しており、ニュートラルなソールがあらゆるトレーニングに対応する汎用性の高いモデルです。

 

 

3-2.アシックス ランニングシューズ TARTHERZEAL 5-wide

 

出典:rakuten

ちょっと派手ですけど、私はランニングの足下はこれくらいでも良いと思います。

アシックスのモデルの中でも、機能のバランスが良く、デザインはビビッド。

テニスの試合前に、気分を高めてくれる色って、私は赤だと思うんですよね。

試合で着るのも良いですけど、トレーニングのような場面で近くに置いておきたい、身にまとっておきたい色。

ちょっと派手なくらいが、周りの注目を浴びるのにも慣れて良いんじゃないですか?

軽くてグリップが良い、足にも優しいアシックスらしい一足です。

 

 

3-3.アディダス ランニングシューズ adiZERO takumi ren BOOST 3

 

出典:rakuten

 

“日本人ランナーを速くするために”現代の名工・三村仁司氏の「匠の技」と「革新」が融合した、アディダスのランニングシューズ。

近未来的なデザインが良いですよね。

黒、白、黄色の組み合わせって、男女問わず「強そう」な雰囲気ありませんか?

こういうランニングシューズでしっかり走り込めば、自然とテニスも強くなる。

色のイメージって、私は大事だと思いますよ。

個人的には、アディダスのシューズ・スニーカーってちょっと「硬い」イメージがあったんですが、これはクッション性と反発性を両立した革新的ミッドソールテクノロジー「BOOST」の機能で、しっとりした柔らかい履き心地。

試合会場でも、自宅近くのトレーニングでも重宝する一足だと思います。

 

 

ランニングシューズ選びも、本当楽しいですよね。

オススメは、機能性もそうですが、テニスシューズとはガラッとデザインを変えてみること、です。

トレーニングして変わる、だったら、普段は自分が選ばないような配色・デザインのランニングシューズを選択するのも有り、ですよね。

ぜひ、アナタ自身でお気に入りの一足を探してみて下さい。

そして、そのシューズと共に強くなると、心に決めましょう。

ピックアップ記事

  1. ラジオ番組、始めました!
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス 試合

    テニス知識

    セルフジャッジが中途半端な人は、いつも試合中にもめてばかり

    昨日まで、私も草トーの大会に出場してました・・・が、やっぱりもめている…

  2. テニス アディダス

    テニス知識

    アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッコイイ

    以前に書かせて頂きましたが、私は足の甲が広い典型的な日本人ぽい足型。…

  3. テニス ラケット

    テニス知識

    これからテニスを始める人でも知っておきたい「ラケット選びの5つのポイント」

    これからテニスを始めようと考えている方、楽しみなのはまずラケット選び。…

  4. テニス知識

    試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

    ダブルスの試合、戦術や配球をで勝ち上がっていきたい。これは、一…

  5. テニス プロテイン

    テニス知識

    テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

    私が学生の頃、15年くらい前はちょうど「プロテイン」が一般的になった頃…

  6. テニス知識

    大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

    みなさんは、こんな経験ありませんか?テニスの大会でお昼ご飯を食…

特集記事

  1. 戦術

    決まらなくても、攻め続けることが大事
  2. テニス フットワーク

    ロブ

    低く速いロブを、クロスに打てば試合で有効
  3. テニス リターン

    リターン

    リターンゲームからリズムを作れると、サービスゲームも楽
  4. その他

    「あなたの労力数値、どれくらい?」テニスの試合を勝ち進むには、労力管理能力が問わ…
  5. テニス メンタル

    ストローク

    「ビビッて置きに行くストローク」は、試合中に変えないと後悔だけが残る
PAGE TOP