テニス 多動力

テニス知識

多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

私が中学生、高校生でテニスをやっていた頃。

その頃の話題の中心、それは「こないだ対戦したアイツ、やばい!」みたいな感じだった。

県内で強豪の選手、実際に試合を観たり対戦したときの感覚や衝撃、今でも覚えています。

 

多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

 


 

1.最近の若い人は凄いと思う

そんな選手に、何とか勝ちたい!と色々考えてテニスの練習をしたり、OBの先輩にお願いして大学生との練習を組んでみたり、ラケットメーカーの試打会に遠出したり・・・とにかく何でもやってみたのを覚えています。

でも、最近の学生選手の皆さんの話を聞いていると、改めてすごいなと思うことがあります。

SNSや動画、ネットを通じてたくさんの情報やつながりを得ている人が多い。

「そんな選手、知ってるの!?」と思うくらい、プロテニス界にも詳しい。

これってすごく、良いことだと私は思います。

テニスを始める、続ける、上手くなるスピードは、どんどん上がっている。

それこそまさに、「多動力」だと私は思います。

 

テニス 多動力

 

2.テニスの情報量は、20年前と段違い

堀江さんのこの著書、まさにテニスにも通じることがたくさん書いてある。

私たちは、テニスの世界にいる中で、テニスのことが見えていない。

今の若い学生の皆さんの方が、よっぽどテニスを多方面から観て情報を得ている。

プロ選手に詳しいのも、今なら動画サイトで実際のプレーをいつでも観ることが出来るし、アカウントをフォローすればSNSでどんどん情報も入ってくる。

遠くで活躍しているけど、まるで自分のこと、のように思えてくるんだと思います。

 

3.情報量が多い時代に、遅れるのは危険

「知らないことは、弱者である」

という、言い方を変えればちょっと残虐な感じですが、私はテニスもまさにそう、だと思います。

あとは文字通り、「多くのことを同時進行で進める力」は、まさにテニスの試合でこそ求められること、でしょう。

自分の調子を確認しながら相手の技術を読み、予測して試合のプランを作る。

ラリー中は止まることが出来ないので、打ったら考える、打つ前から考えるの繰り返し。

ポイント間には、それらを整理してまた次のサーブを打っていく・・・。

ビジネス書のようで、実はテニス選手に必要な要素がたくさんあるので、皆さんにもお勧めしたいと思います。

 

著書の中には、当たり前だけど「言葉になると、強烈なこと」がたくさんあります。

現実主義、実力主義が根底にあるので、毛嫌いする方も多いでしょう・・・が、「自分が嫌悪感を示す」ような本に触れることも、私は大事だと思います。

この夏、自分を強く変えてくれる一冊として、どうでしょう。

大きな字、テンポの良い文章で、1時間もあれば読めてしまうと思います。

変わりたいけど、変われない・・・と思っている方は、ぜひ。

 

 

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…

関連記事

  1. テニス スマートフォン

    テニス知識

    iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

    テニスの試合を動画で撮影すること。この重要性、何度も書いてきた…

  2. テニス 水分補給

    テニス知識

    真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

    今年も、暑い夏の時期がやって来ました。毎年のように書かせて頂い…

  3. テニス知識

    テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

    もうすぐ、ゴールデンウィークも終わり。この連休が終われば、もう…

  4. テニス知識

    言葉の定義、テニスでも大事

    「ポーチ」と聞いて、みなさんはどんなプレーをイメージするでしょうか?…

  5. テニス 知識

    テニス知識

    冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

    冬場のテニス、みなさんの手元はどうでしょうか?はっきり言って、…

  6. テニス ウェイト

    テニス知識

    テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

    テニス選手として必要な筋力トレーニング、皆さんどんな感じでやってますか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 錦織圭

    ストローク

    両手バックハンドストローク、伸びを作るには?
  2. ストローク

    現代テニスのストロークでは、「テイクバックは身体のターン」で充分完了です
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    初中級プレイヤーでも実践出来る、「並行陣からの得点パターン」5つ
  4. テニス 打点

    戦術

    プレーの選択肢が少ないから、試合で追い込まれていく
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、打った瞬間に「自分のボールと決別する」強い意志が必要!
PAGE TOP