テニス 大学

ボレー

ハーフボレーを選択した時点で、アナタは壁にならないと

目次

試合で使える細かい技術、ハーフボレー。

このショットのコツは、しっかり「壁」になること。

壁になるという決断が早ければ、慌てずシンプルに対応出来る。

もっともっと、ムダな動きを削ぎ落していくこと、が大事でしょう。

 

ハーフボレーを選択した時点で、アナタは壁にならないと

 

1.バウンド後、すぐに触る!のが基本

しっかり、早く準備する。

低い態勢で、バウンドした後に壁を作るイメージで、意識してみて下さい。

ハーフボレーって、まだまだ振っている人が多いような気がします。

もちろん、押し出していくこと、は大事なコツですが「良い角度」が付いていないとダメ。

バウンド前に、いかにこのラケット面を作れるのか。

みなさんもっと、神経質になって良いと思いますよ。

 

2.バウンド前に、全てを終えて待つことが第一

これが一番のコツ、でしょう。

相手が打って、ボールがコートに落ちる。

ここまでに、全ての準備と行動を終えておく、くらいでいきましょう。

待ち構えて、壁になる。

実際の壁は、ラケット面を下に向けて、ボールがネットの上50cmに向かって飛んでいくイメージで。

どうでしょう、素早い決断さえできれば、無理にローボレーよりも打ちやすい。

早めに決めてしまうこと、が大事です!

 

3.サービスライン付近では、「ハーフボレー主軸」で待つのも有り

実は私は、こんな感じです。

実際、ノーバウンドのボレーはそれほど難しくない。

サーブ&ボレーのときでも、厳しいのってハーフボレーじゃないですか。

相手リターンにガッツリ沈められた、時のことを想定しておいた方が良い、絶対に。

ローボレーよりも、ハーフボレーで待つ!

この意気込みで大丈夫です。

 

4.そもそもボレー全体を、「壁」の意識でいこう!

今回はハーフボレーの話、でしたが、ボレー全体の話としても言えますね。

とにかく、アナタは壁です。

壁になって、ひたすら返すのが基本。

その中で、余裕があれば前に落としたり、ロブボレーでスペースを使ったり、が出て来る。

いきなり前でバーン!と決めようとしても、試合では自滅するだけでしょう。

ネットプレーは、粘りの戦術です。

 

ハーフボレーのコツを掴めば、凄く楽。

力は要りませんし、沈められても怖くない。

早めに決めて待つ、ことだけ意識してネットから離れてプレーしてみる。

これで充分上達出来るでしょう。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. Note はじめました
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスでの「ポーチボレーの落とし穴」にはまって試合に勝てない人とは?

    ダブルスの前衛ですごく積極的に動いてボレーに出てくれるけど、なかなか「…

  2. ボレー

    ボレーの感覚が、どうしても掴めない方へ

    攻撃的なボレーを打ちたい、だけど…。どうしても感覚が掴めない…

  3. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーでボールをコントロール出来る人は、決めて待てる人

    ネットに出ると、テニスの試合は急にテンポが上がる。その中で、ボ…

  4. テニス 練習

    ボレー

    ボレー対ストロークのラリー練習、「実戦の試合を想定して」大事な要素とは?

    普段の練習でもよく実践する、ボレー対ストロークのラリー形式。な…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの駆け引きで必要な、「フェイントを入れて誘うプレー」では、戻ったときのバランス感が大事

    テニスでは、他のスポーツほど「フェイント」に対する意識が低い。…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの前衛は、「相手の視界に入って動く」から意味があることを再確認しよう!

    ダブルスの試合で、私が一番嫌だったこと。それは、「相手の前衛が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    アナタのストロークに迫力が足りないのは、「テイクバックの高さ」が足りないから
  2. テニス知識

    最近のストロークで、気付いたポイント
  3. テニス 風

    戦術

    男子ダブルスの試合で、「6ゲーム先取の形式で、サービス権を取られた」ペアの戦い方…
  4. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットプレーで、「どんなに打ち込まれても壁のように返し続ける!」ことができれば、…
  5. テニス 観察

    メンタル

    テニス部のキャプテンとして大事なたった一つのこと、「しっかりと仲間を観る」ことの…
PAGE TOP