テニス 大学

ボレー

ハーフボレーを選択した時点で、アナタは壁にならないと

試合で使える細かい技術、ハーフボレー。

このショットのコツは、しっかり「壁」になること。

壁になるという決断が早ければ、慌てずシンプルに対応出来る。

もっともっと、ムダな動きを削ぎ落していくこと、が大事でしょう。

 

ハーフボレーを選択した時点で、アナタは壁にならないと

 

1.バウンド後、すぐに触る!のが基本

しっかり、早く準備する。

低い態勢で、バウンドした後に壁を作るイメージで、意識してみて下さい。

ハーフボレーって、まだまだ振っている人が多いような気がします。

もちろん、押し出していくこと、は大事なコツですが「良い角度」が付いていないとダメ。

バウンド前に、いかにこのラケット面を作れるのか。

みなさんもっと、神経質になって良いと思いますよ。

 

2.バウンド前に、全てを終えて待つことが第一

これが一番のコツ、でしょう。

相手が打って、ボールがコートに落ちる。

ここまでに、全ての準備と行動を終えておく、くらいでいきましょう。

待ち構えて、壁になる。

実際の壁は、ラケット面を下に向けて、ボールがネットの上50cmに向かって飛んでいくイメージで。

どうでしょう、素早い決断さえできれば、無理にローボレーよりも打ちやすい。

早めに決めてしまうこと、が大事です!

 

3.サービスライン付近では、「ハーフボレー主軸」で待つのも有り

実は私は、こんな感じです。

実際、ノーバウンドのボレーはそれほど難しくない。

サーブ&ボレーのときでも、厳しいのってハーフボレーじゃないですか。

相手リターンにガッツリ沈められた、時のことを想定しておいた方が良い、絶対に。

ローボレーよりも、ハーフボレーで待つ!

この意気込みで大丈夫です。

 

4.そもそもボレー全体を、「壁」の意識でいこう!

今回はハーフボレーの話、でしたが、ボレー全体の話としても言えますね。

とにかく、アナタは壁です。

壁になって、ひたすら返すのが基本。

その中で、余裕があれば前に落としたり、ロブボレーでスペースを使ったり、が出て来る。

いきなり前でバーン!と決めようとしても、試合では自滅するだけでしょう。

ネットプレーは、粘りの戦術です。

 

ハーフボレーのコツを掴めば、凄く楽。

力は要りませんし、沈められても怖くない。

早めに決めて待つ、ことだけ意識してネットから離れてプレーしてみる。

これで充分上達出来るでしょう。

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーで足元に強くなるには、「ハーフボレーでのボレーボレー」を練習に取り入れよう

    普段皆さんも実践しているであろう、ボレー同士のラリー、ボレーボレー。…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    低い位置でのボレー、基本通りだと打ち辛いと思う

    テニスの技術の中で、難しい技術の一つ、ローボレー。足下の低い位…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    ただつなぐだけのボレーでも、同じ構えからドロップボレーが打てれば試合で相手の脅威になります

    ネットプレーでは、何としてでもポイントをしっかり獲りたい・・・それも、…

  4. テニス ロブ

    ボレー

    バックハンドの高い打点で打たせつつ、ネットに出るのが大正解

    ダブルスでもシングルスでも、ネットに出る流れで使えるテクニック。…

  5. テニス スライス

    ボレー

    速い展開では、意外と相手のフォアハンドボレーは狙い目

    ボレー戦になったときの、相手の狙い目。意外と、フォアハンドボレ…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    ネットに詰めてブロックボレー、試合でもっと使っていこう

    テニスの試合、特にダブルスで使えると大きな武器になるショット。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    相手のファーストボレーを、前衛がスルーしてどうするの?
  2. テニス知識

    私が最近よく見るYouTubeチャンネル7選
  3. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの展開方法は、横の動きだけだとワンパターンになるので注意が必要
  4. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合のリターンは、パートナーに「どう返す予定か」は伝えよう
  5. テニス ストローク

    戦術

    浅いボールの処理が苦手な人は、「利き腕と同じ足を前」に出しながらボールを触りにい…
PAGE TOP