ボレー

ネットに詰めた時こそ、正面向きでは何も出来ない

ボレーでの決定力を上げていきたい、と考えているみなさん。

ネットに詰めることが出来ているのに、なかなか決められないという時。

知らないうちに、こうなってしまっている方も多いと思います。

ネットに詰めた時にこそ、この基本を意識して実践していきましょう。

 

ネットに詰めた時こそ、正面向きでは何も出来ない

 


 

1.正面向き、ではコントロール出来ないのがテニス

テニスでは、これが基本です。

正面向き、では何もコントロール出来ない。

上半身だけでも、少しだけ横向きを作らないと、テニスではボールをコントロール出来ないんです。

でも、試合の中で得点したい、緊張した場面では身体が「正面向き」になってしまう。

これは、相当意識を強く持っておかないとダメ。

何も考えないで試合をしていると、絶対に身体は前を向いてしまうんです。

 

2.最後は、フォアボレーかバックボレー

これを、忘れてしまうこと、がよくあります。

試合の中で、ネットに詰めると・・・最後、よく分からなくなってしまう。

正面向きでボレーしてしまう人は、フォアかバックか、その決断が出来ていない人が多い。

優柔不断で、どっちかに決められないんですよね。

結果的に中途半端なプレーになって、ミスしてしまう。

「あと少しで、決められたのに・・・」と思っているかもしれませんが、あと少し、じゃない。

致命的に、決断力が無いということに、気付けていないんです。

 

3.上半身で肩を入れる、だけで充分

ボレーでは、とにかく時間が無いですから。

少し肩を入れるだけで、かなり精度の高いボレーが打てるはずです。

とにかく、反射的にこのプレーが出来るかどうか、です。

上半身で肩を入れる、横向きを少し作ること、をネット際で冷静に出来るかどうか。

「決めないと!」と思うとつい、打つコースを見てしまう癖があると思います。

これは、普段の練習から、徹底して実践しないとダメです。

 

4.横向きを作れば、頭も冷静になれる

実際、冷静にネット際で打てる人は強い。

試合慣れしている人は、この少しの横向きをボレーで作ることで、冷静になれるんですよね。

苦手意識がある人ほど、相手コートを見たいから、正面向きになる。

結果的に、ミスしてしまう。

横向きを作って、横眼で相手コートを見るからこそ、冷静になれるしボレーの精度も上がる。

ぜひ、試合で試してみて下さいね。

 

本当に、ちょっとの差なんですけどね。

ネットに詰めて、横向きで入れるかどうか。

打てるコースの広がり、冷静さ、を持ちたいなら、これが大事。

繰り返しますが、ネットに詰めた時こそ、テニスは冷静に。

強打ではないボレー、で決めていく基本はしっかり、養っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. ご質問頂いた件につきまして

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    ポーチに出るのが怖ければ、ポジションをしっかり前にしてプレッシャーをかけよう!

    ダブルスの試合で、実力に関わらず大事なこと。前衛のプレーって、難し…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの基本、「ラケットのセットを、打点少し上に早く」が出来れば、試合でも楽に打つコースを隠せます

    ストロークではコースを打ち分けられるのに、ボレーではなかなか狙ったとこ…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    「ボレーがどうしても安定しない!」という人が身に付けるべき試合で使えるボレーのコツ4つ

    テニスを初めてまず最初に習うのがストローク、そして次にボレーという感じ…

  5. ボレー

    ロブのカット、コースに一工夫を

    相手のロブを、ハイボレーでカットする。このカットしてつなげる…

  6. ボレー

    相手がスライスの構え、ならボレー側は突っ込み要注意

    ボレーに苦手意識がある人、こういう方が多いように思います。速い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    「練習中、新しい事にトライしてる?」練習環境を見直すとテニスはもっと強くなる!
  2. テニス 上達

    戦術

    アナタにとっての強み、弱みは、対戦相手によって変わってくる
  3. テニス センス

    ダブルス

    ダブルスパートナーが自分より上なら、いかに使うかを考えて試合をすること
  4. テニス ストローク

    サーブ

    試合で1発目のファーストサーブ、で全ては決まる
  5. ストローク

    スライスアプローチ、を安定させるラケット面の意識とは?
PAGE TOP