テニス知識

「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

先週まで暑かったかと思ったら、今週は雨も多く肌寒い天気が続きますよね。

寒暖差が激しい時期は、テニスの時も要注意。

怪我をしやすい時期ですし、体力の消耗も激しい。

こんな急に寒くなる時期に私が使っているのは、アームカバーです。

 

「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

 

1.腕を冷やさないこと、がテニスでは大事

テニスで怖いのが、肘の怪我。

もう何年もテニス肘に悩まされている方も多いと思います。

その大きな要因は「打ち方」であることは間違いないんですが、正しい打ち方をしても肘を痛めることはあります。

特に、腕全体を冷やしているような時、に練習で傷めてしまうケースが多いようです。

半袖でプレーしていても、ふと風が強く吹いたり、試合が中断したりするとキンキンに腕が冷えてしまいますよね。

これを防いでくれるのが、アームカバー。

私はこの手軽さ、がすごく好きです。

 

2.アンダーウェアはキツイし、上に羽織るほどじゃない・・・

秋のテニスって、こんな感じじゃないですか?

アンダーウェアは優れものですが、ずっと来ていると締め付けがキツイ。

でも、上にパーカーを羽織って動くほど、寒くもない。

そんなときには、着脱が簡単で動きも妨げない、アームカバーが魅力的。

私もずっとアンダーウェアを着ていましたが、サーブを打つ時の肩の動きがちょっとキツイんですよね。

その点、アームカバーなら腕だけ保護してくれているので、肩回りは楽に動く。

自分に合ったアームカバー、テニスでも使ってみませんか?

最近では、プロ選手も多く使用してますよね。

ラオニッチ選手はその先駆者、でしょう。

出典:s-fields.blog.jp/

 

杉田選手も、白くカッコイイアームカバーの愛用者。

出典:news.tennis365.net

 

3.ファッション性と機能性

私はアームカバー、この2つで選んで良いと思います。

機能性はもちろん大事ですが、普段のウェアとの相性、ファッション性も重要ですよね。

着脱が簡単ですので、色々組み合わせてみるのも良いでしょう。

腕の雰囲気、デザインって、結構テニスのメンタルにも影響してくると思いませんか?

気合いを入れるときは白!みたいな感じで、自分のラッキーアイテム化しても面白いと思います。

 

・マクダビッド

出典:amazon

日本でも25年以上に渡って支持されている、全米No.1スポーツメディカルブランド

アームカバーの老舗、ですね。

テニスではあまり使っている人がいない印象ですが、あらゆる競技スポーツで信頼されるアームカバー。

見た目より締め付けは少ないですし、シンプルなデザインでウェアにも合わせやすいです。

 

・CWX

出典:amazon

女性から根強い人気を誇るCWX。

その柔らかい感じの着け心地が良いですよね。

人の腕のラインをしっかり研究して作られた形状は、機能性も抜群。

吸汗、発汗作用も優れているので、ベタつかないで快適です。

 

・Bwin

出典:amazon

ちょっと変わり種、というところでBwinの迷彩柄のアームカバー。

元はサイクリング用ということですが、テニスでも充分使えるでしょう。

キリオス選手なんかは、オシャレな感じで着用していて、スタイルに合ってますよね。

気分を変えて練習したい、試合に出たい時なんかは良いと思います!

 

まだまだ、たくさんの種類があるアームカバー。

ぜひ、みなさんもお気に入りのモノ、見つけてラッキーアイテムにしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス 日焼け止め

    テニス知識

    塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

    毎年の夏のお悩み、といえば・・・日焼け、ですよね。女性の方であ…

  2. テニス ダブルス

    テニス知識

    「リラックスして正五角形」が、基本の構え

    基本となるテニスの構え、皆さんは意識出来てますか?ストロークの…

  3. テニス知識

    テニスの大会でも備えておきたい「台風や暴風雨対策」に役立つグッズ5つ

    夏から秋は、台風や暴風雨の季節。今年も日本各地で、大変な被害が…

  4. テニス ボレー

    テニス知識

    練習でも試合でも、「テニスコートで怪我をしやすい人」の特徴5つ

    スポーツに怪我は付き物。テニスも選手同士の接触こそありませんが…

  5. テニス サポーター

    テニス知識

    テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

    テニス選手にとって、試合で使えるフットワークは不可欠。でも、足…

  6. テニス 居場所

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    人は試合で不安になると、「回転量を増やしたくなって」おかしくなる
  2. テニス ストローク

    メンタル

    自分でコントロール出来ない要素に言い訳、テニス選手の成長を阻害していく
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    相手をワイドに動かして、センターで仕留めるのがダブルスの基本
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルで有意義な練習について考えると、「必要無いもの」から先に見えてくる…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    右利きの方は「ボールの少し右を捕らえるだけ」で、スライスサーブは簡単に打てます
PAGE TOP