練習メニュー

「実力不足だけど、試合に出たい!」チームに必要な練習5つ

試合に出たいけど、実力不足で何とかしたい。

とにかく、試合を作れるくらいになりたいと考えている方に、お勧めの練習方法をご紹介します。

誰だって、最初に試合に出るときは怖いし、出たら恥をかいたもの。

ですが、やっぱり出るからには勝ちたいじゃないですか。

その可能性を少しでも高める為に、初心者の方こそ「練習」を工夫しましょう。

 

「実力不足だけど、試合に出たい!」チームに必要な練習5つ

 


 

1.リターンでロブの練習

試合では、まず相手のサーブから始まります。

これを返せないと、試合にならないし気持ちも落ちてしまう。

相手のサーブが速くても、何とか上方向に上げてロブ、を打てるように練習しておきましょう。

ポイントは、相手のサーブが自分のどのあたりに飛んで来るのか、を予測する力。

そこに少し上に向けたラケット面で準備する、これだけです。

リターン練習では、ロブを上げる練習をしておくと試合で楽になりますよ。

 

2.セカンドサーブを2回打つサーブ練習

ファーストサーブ、を無理に打つ必要はありません。

私は、初心者の方は「セカンドサーブを2連続」で良いと思っています。

その方が、同じサーブを打つというだけで楽に打てますし、ダブルフォルトの可能性も減る。

「打ち分ける」と思うと、サーブって難しいじゃないですか。

ゆっくりで良いので、セカンドサーブを2回打つ。

この練習、やっておいて損は無いですよ。

 

3.ダブルスなら、ストレートリターン

これも、練習しておきましょう!

ダブルスの試合で、無理にクロスにばかり打つ必要はありません。

相手の前衛に触られてもOK、な形でストレートリターンの練習、をしておきましょう。

そこでボレーされたら、またそれを頑張って返す。

「リターンで、何をしよう・・・」と試合で不安になるのを避ける為に、ぜひ練習しておいて下さいね。

 

4.ネットに出るパターンの練習

初心者の方こそ、私は前に出る方が戦いやすいと思っています。

ストローク戦は一見戦えそうですが、守る範囲が広いし、相手はなかなかミスしてくれません。

ダブルスでもシングルスでも、自分の中で「こうなったら、前に出る」と決めておく。

サーブやリターンを打った後、でも良いですし、サービスラインよりネット寄りにバウンドしたら出る!でも良いでしょう。

普段の練習からパターン化しておくこと、が出来れば試合でも実践出来るはず。

「出れたら出る」では、試合では出られません。

 

5.実力差をシャッフルした練習試合

試合に出たい、と考えているなら、練習から試合を入れていきましょう。

それも、実力が近い人同士、ではなく違う人であえて組んでいく。

これ、大事ですよ。

実力が上の人も良い練習になりますし、マンネリ化を防ぐ、本番の試合に近い感覚で出来る。

よく部活やサークルでも、実力が近い人同士でやりがちじゃないですか。

これでは、相手が変わらないし、実戦向きではない。

初心者の人ほど積極的に上手い人と試合をする、上手い人はその人を育てることで自分が強くなれる。

ぜひ、チームで意識してみて下さい。

 

練習を、「普通通り」にやらないこと。

これが試合に出る為に、勝つ為に必要なことだと思います。

試合って、いわば非日常の世界。

ましてや、試合慣れしていない初心者の方のプレッシャーは凄いですよね。

今回のヒントを元に、ぜひみなさんも考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    テニス部に必要なのは、基礎練習から個性を伸ばす視点だと思う

    熱心なテニス部のみなさんから、たくさんご質問を頂きます。中でも…

  2. テニス 部活

    練習メニュー

    テニスの技術で壁を感じる人は、「向いていない」と決めつけるのが早過ぎる

    テニスは難しい。ラケットを使ってボールを打つ、やっていない人か…

  3. テニス 構え

    練習メニュー

    「最高のラリー練習方法って?」テニスの試合で使える練習法はシンプルイズベスト

    効果的な練習方法ってないですか?よくそういう質問を受けるんだけ…

  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    愚痴ばかり言ってくる部員がいるなら、一度対案を出させてみれば良い

    テニス部の練習、みんなやる気無いし愚痴ばっかり。そんな雰囲気に…

  5. 練習メニュー

    振り回し練習で、誤魔化される何か

    みなさんも練習で、厳しく追い込む機会はあると思います。私もた…

  6. 練習メニュー

    練習で上手くなる、という発想は危険

    テニスは練習で上手くなる。これは、ある意味危険な発想だと私は思…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスでは、もっと自分の性格を出していこう
  2. テニス ボレー

    メンタル

    みんな勘違いしてるけど、「闘志溢れるプレー」とは「相手を威圧する行為」ではない
  3. その他

    「スペインの古城でストレス発散」できるのも、テニス選手の実力のうち
  4. テニス 戦術

    メンタル

    自分には応援してくれる人がいる、ということを忘れてはいけない
  5. テニス 戦術

    その他

    「テニス部で問題が起きてばかり…」なときは?
PAGE TOP