練習メニュー

「実力不足だけど、試合に出たい!」チームに必要な練習5つ

試合に出たいけど、実力不足で何とかしたい。

とにかく、試合を作れるくらいになりたいと考えている方に、お勧めの練習方法をご紹介します。

誰だって、最初に試合に出るときは怖いし、出たら恥をかいたもの。

ですが、やっぱり出るからには勝ちたいじゃないですか。

その可能性を少しでも高める為に、初心者の方こそ「練習」を工夫しましょう。

 

「実力不足だけど、試合に出たい!」チームに必要な練習5つ

 


 

1.リターンでロブの練習

試合では、まず相手のサーブから始まります。

これを返せないと、試合にならないし気持ちも落ちてしまう。

相手のサーブが速くても、何とか上方向に上げてロブ、を打てるように練習しておきましょう。

ポイントは、相手のサーブが自分のどのあたりに飛んで来るのか、を予測する力。

そこに少し上に向けたラケット面で準備する、これだけです。

リターン練習では、ロブを上げる練習をしておくと試合で楽になりますよ。

 

2.セカンドサーブを2回打つサーブ練習

ファーストサーブ、を無理に打つ必要はありません。

私は、初心者の方は「セカンドサーブを2連続」で良いと思っています。

その方が、同じサーブを打つというだけで楽に打てますし、ダブルフォルトの可能性も減る。

「打ち分ける」と思うと、サーブって難しいじゃないですか。

ゆっくりで良いので、セカンドサーブを2回打つ。

この練習、やっておいて損は無いですよ。

 

3.ダブルスなら、ストレートリターン

これも、練習しておきましょう!

ダブルスの試合で、無理にクロスにばかり打つ必要はありません。

相手の前衛に触られてもOK、な形でストレートリターンの練習、をしておきましょう。

そこでボレーされたら、またそれを頑張って返す。

「リターンで、何をしよう・・・」と試合で不安になるのを避ける為に、ぜひ練習しておいて下さいね。

 

4.ネットに出るパターンの練習

初心者の方こそ、私は前に出る方が戦いやすいと思っています。

ストローク戦は一見戦えそうですが、守る範囲が広いし、相手はなかなかミスしてくれません。

ダブルスでもシングルスでも、自分の中で「こうなったら、前に出る」と決めておく。

サーブやリターンを打った後、でも良いですし、サービスラインよりネット寄りにバウンドしたら出る!でも良いでしょう。

普段の練習からパターン化しておくこと、が出来れば試合でも実践出来るはず。

「出れたら出る」では、試合では出られません。

 

5.実力差をシャッフルした練習試合

試合に出たい、と考えているなら、練習から試合を入れていきましょう。

それも、実力が近い人同士、ではなく違う人であえて組んでいく。

これ、大事ですよ。

実力が上の人も良い練習になりますし、マンネリ化を防ぐ、本番の試合に近い感覚で出来る。

よく部活やサークルでも、実力が近い人同士でやりがちじゃないですか。

これでは、相手が変わらないし、実戦向きではない。

初心者の人ほど積極的に上手い人と試合をする、上手い人はその人を育てることで自分が強くなれる。

ぜひ、チームで意識してみて下さい。

 

練習を、「普通通り」にやらないこと。

これが試合に出る為に、勝つ為に必要なことだと思います。

試合って、いわば非日常の世界。

ましてや、試合慣れしていない初心者の方のプレッシャーは凄いですよね。

今回のヒントを元に、ぜひみなさんも考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス ストローク

    練習メニュー

    何がキツイって、毎回同じ練習の繰り返しが一番キツイはず

    キツイ練習、楽な練習。皆さんは、何をもってキツイ、楽だと判断し…

  2. 練習メニュー

    周りの仲間から、「悪い影響」を受けやすいのもテニス

    一生懸命、練習しているつもりなのに、なかなか上達しない。試合で…

  3. テニス トレーニング

    練習メニュー

    「1日5分でテニスの試合に強くなる!」自宅でできる簡単トレーニング5つ

    テニスの練習は、オンコートだけとは限りません。特に学生の皆さ…

  4. 練習メニュー

    出来ない頃は、楽しかったよね

    テニスへのモチベーション、最近みなさんはどうですか?私は比較…

  5. テニス ボレー

    練習メニュー

    アナタを飛躍的に強くしてくれるヒントは、意外と身近な人が隠し持っている

    きっと、アナタ自身を近くで見ている人は、こう思っているはず。「…

  6. テニス 準備

    練習メニュー

    練習の中で「ミスもたくさん練習している」という危機感が大事

    テニスの練習。毎日、何気なくいつものメンバーで、いつもの練習を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    ストローク

    一昔前に流行った、「肘からテイクバックするフォアハンド」は、華やかなようで難しい…
  2. テニス メンタル

    その他

    「プロになる方法」テニスの世界で真剣に考えている高校生へ
  3. テニス リターン

    戦術

    試合に勝ったときにこそ「考える」選手は、強くなる
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    横に流れるランニングショット、打った後に反対側をカバー出来てますか?
  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で一番疲れるのは、セカンドサーブであることを証明する5つの事実
PAGE TOP